個人的なことは政治的なこと、そして政治的なことは個人的なこと!


by terakoya93

オルタナティヴ・メディアにまつわるお知らせ3つ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□─英会話寺子屋より、お知らせ3つ─□■
【1】残念、開催できません(悲)! 
【2】9月の大型連休は (^ ^) 「第2回 アジアンクィア映画祭」へ!
【3】こういうのがオルタナティヴ・メディアだ! OurPlanet tv
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1 ▼ 残念、開催できません(悲)!
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「時代は映像!── FILM & DISCUSSION CLASS」は、残念ながら最少催
行人数に至らず、企画倒れとなりました。申し込んでくれた方、単発参加の予
定だった方、ごめんなさい。

映像から受ける情報を元にしたグループ・ディスカッション形式の学び方は、
大きなスクリーンを使える地下のスペース「かけこみ亭」にぴったりで、また
これからの社会の情報の受けとめ方として、インターネットを通じてますます
主流となっていく、多様な映像表現を観て、メディア・リテラシー力も高めよ
う! という崇高なる(?)企画でしたが…残念です。

もう1つのスペシャル・クラス「英語で学ぶ! クイアー&ジェンダースタデ
ィーズ」は開催中です (^ ^) ! あと3回。
毎月第1木曜の夜7時半から中野LOUDにて。他のクラスからの振替え参加
も可能。事前にお知らせくださると嬉しいです。

┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2 ▼ 9月の大型連休は (^ ^) 「第2回 アジアンクィア映画祭」へ!
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

セクシャル・マイノリティーの人権問題は欧米文化だと思われていないだろー
か。身近には存在しない…とか、テレビに出るような特別な人たち…みたいな。
そこで、アジアンクィア映画祭! たっぷり身近に感じるチャンス (^ ^) 。
以下ご案内転送── (o^-')b
  ★★<第2回 アジアンクィア映画祭>開催のご案内★★
近年はクィア系の映画祭も、方々でいくつも開かれるようになりましたが、「アジアンクィア映画祭(AQFF)」は、アジアで制作された映画に絞ったライン・ナップが特徴で、2007年の第1回開催以来、今年でまだ2回目のごく新しい映画祭です。
今回は秋の大型連休にかけて、9月19日(土)〜23日(水・祝)の5日間、原宿のキネアティックというミニシアターを会場に開催されます。
くわしくはぜひ、下記の公式サイトをご覧ください。一部の作品の予告編も見られます。

  ●アジアンクィア映画祭 公式サイト

AQFFは、アジアのクィア映画だけを上映する唯一の映画祭です。
アジアのクィア映画、とりわけインディペンデント映画を発掘し、日本ならびに世界へ紹介することを目的として、2007年に誕生しました。

お陰さまで第1回のAQFFは、世界中から探し出したアジアのクィア映画の中から選りすぐりの29作品を上映し、たくさんのお客さまにご来場いただくことができました。
そして2009年、隔年開催を目指すAQFFが再び開催されます!
今回も見逃し厳禁の貴重な作品が勢揃い!
日本、韓国、香港、シンガポール、タイ、インド、イスラエル、インドネシア、フィリピンなど、世界10カ国以上から集めたアジアのクィア映画30作品以上を上映します!

前回同様、ほぼすべての作品が日本初公開となっており、各国の映画祭で高い評価を獲得した新作長編作品から、クィアのインディーズ作家たちが手掛けた短編作品まで、AQFFでしか観られない、極めて貴重な作品の数々をお楽しみいただけます!

アジアとクィアとインディーズ映画。
その融合から生み出された、ドキドキとリアルでジリリと熱く、ヒリヒリとせつない作品の数々を、心ゆくまでお楽しみ下さい!

┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3 ▼ こういうのがオルタナティヴ・メディアだ! OurPlanet tv
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

何が報道され、何が報道されないか…がメディア・リテラシーを考える第一!

最近の例では「八ッ場ダム」! 民主党政権になり無駄な公共事業として注目
される利根川上流の八ッ場ダムの見直しが、「いまさら…」と地元の困惑を生
んでいる…というニュースばっかり! 
ずっと建設反対を訴えて来た人々の声はなぜ伝えられないのか? それどころ
か民主党の言い分も紹介されない。
こんなに予算を使って、ここまで道路等の建設を押し進めてしまって…と情に
訴えるばかりでは報道じゃなくて、風潮のあおりになってしまう。

昨日、愛読の東京新聞『こちら特報部』にてやっとマトモな論調に出会えた。
「予算を既に7割も費やした…いまさら止めたら無駄」の声に対し、「予算は
当初予定の2倍に膨らんでいる。工事は7割進んでいるとは到底思えず、今止
めれば数千億円が浮く」の声も紹介している。ダムの効果への大いなる疑問と、
美しい峡谷を残したい思い、そして疲弊した地域の再生のために特別措置法で
対応という民主党の案も。

大手メディア界にはタブーも色々あり、広告主の顔色も伺わなくちゃならない。
それに対して、インターネットを使ったオルタナティヴ・メディアが今やたく
さんあって、テレビや新聞の情報のウラを読む力をつけてくれます。大手メデ
ィアが報じたがらないことが分かってくる (^ ^) !

私のオススメは例えば OurPlanet tv ! 最近ではこんなインタビュー放送が! 
 ↓  ↓  ↓  
●OurPlanet tv
国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチでLGBT部門を担当するボリス・ディトリッヒ氏。オランダでの国会議員時代にゲイであることを公言し、同性愛者の結婚に関する法案、ゲイのカップルによる養子縁組に関する法案にも携わった。現在も世界には、同性愛であるだけで刑事罰を受ける国もまだ少なくない。ボリス氏にLGBTをめぐる世界の状況を伺った。

同性愛を人権問題と捉える視点が日本では希薄で、法的な権利を保証する海外
の動きも取り上げない傾向がある。
未だに「女性初の…」がニュースになったりしてますもんね。。
[PR]
by terakoya93 | 2009-09-12 08:22 | 寺子屋 ISSUES !