個人的なことは政治的なこと、そして政治的なことは個人的なこと!


by terakoya93

<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2月2日、アジア問題を考える(^ ^;)「くにたちツアー」しませんか??
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<10:30~ ディスカッションクラス>────────────────
ディスカッションクラスで上映する映像 Arrows Against the Wind の舞台はインドネシア領西パプア。アジアのアマゾンと呼ばれる広大な熱帯雨林ジャン
グル。
かの土地でずっと暮らして来た2つの民族の映像はパワフルですごく魅力的!
こちらに短い紹介映像→ ぜひ観てください。

自然の中で何万年も生きて来た人々の暮らしを、尊重しないで、遅れたものとして破壊していく─よかれと思って、それが進歩だと思って─西側の思想、植
民地主義を問う挑発的な作品です。

短い編集バージョンを観て、ダレルさんとディスカッションします。
トランスクリプト:http://dgmoen.net/blog/free4alll/video_trans/004.pdf
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
時 間:午前10時半~午後1時 オーガニック・コーヒー付き
会 場:国立・かけこみ亭(南武線谷保駅より徒歩2分)
講 師 Darrell Moen, Ph.D.
芝浦工業大学教授、一橋・津田大学でも講義、文化人類学者、Peace Activist 

そして、

ディスカッションクラスの後、午後2時からドキュメンタリー映画『ディア・ピョンヤン』の監督、ヤン・ヨンヒさんがくにたち公民館に! 
─すっごくカッコイイ人です! 

つい最近、彼女の著書『兄 かぞくのくに』を読みました。
国家間に翻弄され、引き離された家族の歴史を生き続け、映像という手段で世に問うている監督は、今や北朝鮮から入国を拒否されています。

<14:00~16:00 国立市公民館主催・図書室の集い>──────
北朝鮮へ渡った兄たちへ─「帰国事業」と『かぞくのくに』をめぐって─
お話 ヤン ヨンヒ(映画監督)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1959年から1984年にかけて行われた「帰国事業」によって、多くの在日コリアンとその家族が「地上の楽園」とうたわれた北朝鮮へ渡りました。
「私たち家族の歴史は『帰国事業』とともにあると言っても言い過ぎではない」兄3人が「帰国」し、自らの家族の姿をカメラに撮り続けてきた映画監督ヤン
ヨンヒさんは、著書の中でこう述べています。ドキュメンタリー映画『ディア・ピョンヤン』や『愛しきソナ』、また昨夏公開され国内外で話題を呼んでいる
劇映画『かぞくのくに』で、国家とは何か、家族とは何かを問い続けてきたヤンさ んにお話をうかがいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なんと、公民館ロビーではちょうど朝鮮学校の子どもたちのアート展を開催中。
監督のお話を聞いた後で、ゆっくり鑑賞できます。

お昼ご飯はちょっと忙しいですが、公民館のすぐ隣に評判のお米パンのお店があるので、そこで買って来てロビーのソファーで食べましょう!

わいわいと一緒に行く方、メール下さい。
人数によってはタクシーで移動しちゃいますヽ(´▽`)/。 

[PR]
by terakoya93 | 2013-01-26 00:25 | ディスカッションクラス
東京は大雪に弱い…のは、めったにないことだからですね。大地震ってのも、めったにないんですが、だから油断する。人間はぜったい気がゆるむ~緊張し
っぱなしじゃ生きて行けないからね。。

「備えあれば憂いなし」…の備えは、今ある原発を止めて真剣に放射性廃棄物管理を考え、実行することでしょうにー! 
この極寒の東京で、原発なしで電気は足りている。去年の猛暑も大丈夫だった。
もうすぐ、大飯原発も定期点検で止ります。

原発をなんとか維持するより、他の方法でのCO2対策と廃棄物処理・管理に予算を振り向けて欲しいー。

さて、ディスカッションクラスの日程と次回上映作品変更のお知らせです。

「映像を観てディスカッション」クラスは、後4回で終了ですが、残りの日程( 2月2日, 2月16日, 3月2日, 3月16日)のうち、ラストの3月16日は、ダレ
ルさんがタイで開催される国際会議で発表することになって不在のため、延期せざるを得なくなりました。

予約申し込みのメンバーの了承を受けて、翌週の3月23日に変更させて頂くことに致しました。単発参加予定の方も手帳などの書き換えお願い致します!!

それから、2月のディスカッションクラス、次回と次々回の上映予定は、以下でしたが、
2月 ★ Hidden Wars of Desert Storm─砂嵐に隠れた戦争
イラク戦争の歴史的検証ドキュメント。いくつかの国際映画賞受賞作。米国の偽善的レトリックをあばく。2回に分けて扱います。

ダレルさんからは西パプア先住民の豊かな(先進国の豊かさとは違う…)しかしインドネシアから侵略占領され、失われつつある生き方を知る、アジアに残
る、密林先住民文化にカメラが侵入─Arrows Against the Wind を、推奨されました。
この映像は、一昨年の夏に一度取り上げましたので、アンコール上映となります。同じインドネシアからの侵略でも、東チモールと比べて注目されないのはなぜなんでしょう…。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2月2日 Arrows Against the Wind 
Filmed secretly in West Papua, this film depicts the valiant West Papuan struggle against the Indonesian invasion that has cost the lives of 1/3 of the population in the past 35 years of occupation.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2月2日までに2回週末があります。事前にトランスクリプトを読んで、ご参加ください。
[PR]
by terakoya93 | 2013-01-19 01:47 | ディスカッションクラス
パソコンを3台使っていたのですが、一番古い i Mac がとうとう電源が入らなくなり、ソコに入ってた、ホームページ制作ソフトもろともおシャカになったのが昨年夏! それ以来、ほったっぱなしになっていた(恥ズイ)ホームページを、やっとこ更新しましたー。

おシャカのホームページ制作ソフトは現在生産しておらず、新しい方のパソコンにネット上のデータを落とすも、制作ソフト無しで更新作業をしなくてはならず、分っかりにくい・めんどうくさい…と一日延ばしに(+_+)。

新年~春先までの、SPECIAL 講座クラスの案内をスッキリ載せ直しました:英会話寺子屋ホームページ

カラフルなクラス案内内ページ、覗いてください (^ ^) 。
春、4月以降のクラスも順次、載せていきまーす。

明日のディスカッションクラス、他クラスからの振り替えやお試し参加もお待ちしてます。

2013年 英会話寺子屋、始まり始まりヽ(´▽`)/。
[PR]
by terakoya93 | 2013-01-11 23:14 | スペシャル・クラス
2013年がスタートしました。
前回民主党に大敗したときよりもさらに少ない得票数で「自民党圧勝」…って、ナンなんだーと、不条理を感じる年明けです。

新自由主義の競争社会、格差社会、銃社会、世界の覇権を手放したくない病んだ米国にぴったり追従して、日本社会は同じような道を突き進みたいのか…。

銃の乱射事件の起こる米国(ぜったい同じ道行きたくない!)で、銃規制に反対する全米ライフル協会の副会長は「銃を持った悪人を止められるのは、銃を持った善人だけだ」とのたまわったそうで、だから「もっと銃を!」と訴えているそうですが(+_+)…、世界一の地震大国で原発を止めない為政者を選んでしまう日本も、似たようなもんでバカにはできない…。

英会話寺子屋は、世界で一番覇権の力を行使する国家の使用言語を学ぶための場ではあるんですが、「批判的考察」ってのも日本より英語圏文化で奨励される傾向はあり、それは日本では「空気読め」との圧力で許されない傾向があるので、日本文化どっぷり層には解放的となり得るっつー、文化相反での解放メリット (^ ^;) ? はあるのかな…と。

つまり、どちらか1つ、の二者択一には常に取りこぼしがある。私は常に良いトコ取りでいきたいです。どんなに馴染めない文化にでも、どんなに相容れない主張にも、何かしら良いところはあると思う。で、良いところだけを受け入れたい。実は世界は何千年も、そうやって変化して来たんだから!

えーと、てなワケで、すぐ二者択一になっちゃう世相には辟易しつつ (^ ^;) 、気を取り直して、明けましておめでとうございます! 

なんと1993年5月に産声をあげた英会話寺子屋は、今年、20周年を迎えます。
記念に、元気がでるよーなイベントを何かやりたいな~。お楽しみに! 

── さて、
2013年、もう、来週から英会話寺子屋クラス始まります!<以下再送>
 お待ち申し上げます!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Transforming JAPAN を読むクラス─シリーズその3 後期全3回
・・・・・・
『日本仏教における女性─Women in Japanese Buddhism』の章を3回に分けて読みます。未だに残る女人禁制の霊山の話から始まります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日 程 (すべて木曜日):2013年 1月17日, 2月7日, 2月28日  
時 間 午後7時~9時
会 場:中野LOUD(中央線中野駅から3分)
講 師:Kimberly Hughes(フリーランス記者・翻訳者、大学講師)

<受講料(下記+書籍代 2,000円($29.95)&送料>
後期全3回参加 8,500円(サポート会員7,000円)
単発参加  3,000円(サポート会員2,500円)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「映像を観てディスカッション」クラス全5回(1月~3月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日 程:1月12日, 2月2日, 2月16日, 3月2日, 3月16日(すべて土曜日)
時 間:午前10時半~午後1時 オーガニック・コーヒー付き
会 場:国立・かけこみ亭(南武線谷保駅より徒歩2分)

1月12日
film "Trafficking─人身売買"
Sex Slaves in Japan Today /日本の性奴隷の今(「慰安婦」の過去ではなく)

2月2日, 2月16日
Hidden Wars of Desert Storm─砂嵐に隠れた戦争
イラク戦争の歴史的検証ドキュメント。いくつかの国際映画賞受賞作。米国の
偽善的レトリックをあばく。2回に分けて扱います。
http://dgmoen.net/blog/free4alll/video_trans/030.pdf
   
3月2日, 3月16日
The Monks, the Trees, and the Concrete Jungle─森とコンクリート
建築現場の熱帯雨林を破壊してきた日本の建設産業に政府を動かしてストップをかけた環境運動の歴史。
http://dgmoen.net/blog/free4alll/video_trans/015.pdf
Raize Forte (Strong Roots)─強く根を張って
ブラジルでの土地なし農民の闘い。1%に対する歴史的なオキュパイムーヴメント。http://dgmoen.net/blog/free4alll/video_trans/036.pdf
───────────────────────────────────────
受講料
段階的な参加費設定(多い方が1回あたり割安です)
全5回参加 13,500円(11,500円)※( )内は、サポート会員割引
 4回参加 11,000円(9,200円)
 単発参加  3,000円(2,500円)
 サポート会員とは
[PR]
by terakoya93 | 2013-01-05 22:28 | ディスカッションクラス