個人的なことは政治的なこと、そして政治的なことは個人的なこと!


by terakoya93

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

住基ネット接続がヤバい、てんこもりのワケ。
つい最近のニュースから…(*。*;)

読んでガッテンしたら、国立市民はもちろん、そーでないアナタも国立在住のお知り合いにこのメール転送して、「定点署名スポットで署名して!」と頼んでくださいませませ。 今月29日までです!(文末に詳細)
─────────────────────────────────────
ワケその1>
日本の脆弱なネットセキュリティ。「安全神話」には原発で懲りたはず!
 ↓  ↓  ↓
日本政府にサイバー攻撃(10月27日・The Wall Street Journal 日本版)
【東京】日本の国会や省庁、海外公館への一連のサイバー攻撃で、当局者は機密データは流出していないとしているが、一方で日本のコンピューターのセキュリティーは十分なのかという疑念の声が上がっている。

200自治体のHPに障害か 富士通にサイバー攻撃(11月10日・共同)
富士通は10日、地方自治体の手続きをホームページ上で行う電子申請システムのサーバーがサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。システムを利用しているのは10県で、約200自治体だという。

ワケその2>
いかに安全なシステムを構築しようが、扱う人間の弱さから結局だだ漏れ!
 ↓  ↓  ↓
戸籍、住民票、印鑑を伴ったトラブル関連リンク集
不倫相手の犯歴を不正照会、巡査長を減給処分、奈良県警
母子家庭狙いの強制猥褻男─住基台帳を閲覧して母子家庭を調べる
住民台帳で大量の個人情報を閲覧、強引商法の業者が入手の可能性
借金をするため住民票を使って他人の名前で運転免許証再交付
客の携帯契約書類を悪用し6台詐取、元携帯ショップ経営者ら逮捕
偽造した住基カードを使い携帯電話を購入、無職の男逮捕
盗難にあった金融機関の1651人分の顧客名簿から住民票不正取得
多重債務者を使い住宅ローン6億詐取─源泉徴収票も偽造
住民基本台帳の大量閲覧を規制する要領を制定─鳥取県倉吉市
千葉市で1万人の個人情報が掲載された住基台帳が盗難に

そして暴力団絡みの犯罪も…
 ↓  ↓  ↓
戸籍不正取得、1万件超か…依頼ルート確立(11月13日・読売)
愛知県警捜査員らの戸籍謄本や住民票の写しの不正取得事件で、同県警に偽造有印私文書行使などの容疑で逮捕された東京都中野区、「プライム総合法務事務所」実質経営者の奈須賢二(51)、練馬区、司法書士佐藤隆(50)両容疑者らのグループは、全国各地の探偵事務所や調査会社から依頼を受け、不正取得を 繰り返していた疑いのあることが分かった。

ワケその3>
やっぱりねらいは共通番号制度、住基ネットは重要な一里塚だった!
 ↓  ↓  ↓
消費増税、地ならし(11月10日・読売新聞)
政府が消費税率を10%に引き上げる際、低所得者に税金の一部を還付する方向で検討に入ったのは、抵抗の強い増税に対する国民の理解を求めやすくする狙いがある。
(…中略…)
将来は個々の所得に応じて給付額などを決める給付付き税額控除を導入する考えだ。ただ、同制度は政府が個人の所得額を把握する必要があり、共通番号制度の浸透が前提となる。政府は、番号制度普及を見極めたうえで、還付から給付付き税額控除に切り替える構えだ。
共通番号制度=国民一人一人に番号を割り振り、個人の所得のほか、納税状況、年金の給付などを一元的に管理する制度。

─────────────────────────────────────
「地方の時代」とか言いながら、共通番号制度では住民把握を自治体に任せず国家で一元管理する一局集中管理体制が生まれる。

さて、これを任せて安心・安全とみなせる政府と官僚を私たちは持ってるだろうか? ─消えた年金、天下り体質、やらせ問題、ただちに影響は… etc.!

<定点署名スポットで署名を!!>
最後の牙城 (^ ^;) 接続していない国立市では、市長の交代でころころ代わる政策に振り回されず、住民投票で決めようと住民投票条例の市民直接請求運動を開始、1ヶ月の署名集約期間が間もなく終了。
かけこみ署名よろしくお願いします。
 ↓  ↓  ↓
定点署名スポット
(残念乍ら、国立市で住民登録している、選挙権のある人しか署名できません)
[PR]
by terakoya93 | 2011-11-23 10:52 | 寺子屋 ISSUES !
私事ですが、21年も連れ添った我が家の猫が、一昨日天国に召されてしまいました。猫も人間も死ぬという事実は同じで、死後の世界には現世の何も持って行けないし、残された者は日々の日常にそこだけ足りないぽっかりの喪失感。

猫は初めから何も持たないけど、人だってたかだか百年以下の人生なのに、なんとあくせく「所有」にこだわってることか…。
本当は「所有」すればするほど、奪われる不安で安心できない。それが世界を狂わせているというのに…。

「失うものがある」から理不尽なコトにも異議を唱えることすらできない多くの人々。「失うものがある」と思い込まされているだけかも知れないのに…。

先日亡くなった、アップル社の共同設立者スティーブ・ジョブス氏の言葉:
死を目前にしたら、自尊心や恐れや恥ずかしさなんて取るに足らない。ただ何が本当に大切かということだけが残る。
もうすぐ死ぬんだと分かっていることは、「お前には失うものがあるぞという罠」にひっかからない最上の方法だ。あなたには失うものなんかない。最初からはだかなんだ。心の求めるままに進むことを妨げるものなど無いんだ! 
───────────────────────────────────── 
今週末です──『映像を観て、ディスカッション』クラス 後半3回─その2
 The War on Democracy 民主政権を脅かして来たアメリカ帝国主義
 ─南米がこうむった軍事的・政治的・経済的干渉の歴史
───────────────────────────────────── 
第1回の映像─民主的に選ばれたチャベス大統領を、米国画策の拉致から奪い返した民衆パワー(2002年)、 すごかったです!  失うものなどない人々の魂の叫びが、クーデターを演出していた自国の軍隊にまっすぐ届いて、寝返らせることになった。まるで映画みたい(*。*;)。

でも、これが歴史の真実であることは誰も否定できません。単に大手メディアによる「無視」と「矮小化」があるだけです。

 失うものなどない人々は、本当は強い!

あと2回の映像も、米国の支配構造を伝えます。
参加予定していなかった方のドタ参(どたキャンの反対)も、もちろん歓迎。
他のクラスからの振替参加もどうぞ (o^-')b !

<その2:Part Two>───────────────────────── 
南米がこうむった軍事的・政治的・経済的干渉の歴史とカリブ海(北はキューバ~中米コスタリカやニカラグア~南はベネズエラ、コロンビア、パナマを含む海域)の第2次世界大戦後時代。
Part Two focuses on the history of military/political/economic intervention in Latin America and the Caribbean in the postwar era;
トランスクリプト(前半)

<その3:Part Three>───────────────────────── 
南米地域の将来性と、カリブ海の人々が米国支配から真の独立をはたすこと、そして民主的に生み出される地域連合を形づくること。
Part Three touches on the potential of the region of Latin America and the Caribbean to become truly independent of US control and form a democratically inspired regional alliance.
トランスクリプト(後半)

背景のより深い理解のために、2つの記事URLを紹介します。余裕があったらこちらもぜひ! 
For more background information, please have a look at two articles that I wrote - one on the US policy of opposition to democracy (http://www.dgmoen.net/essays/pax_amer.html) and the other on the transformations taking place in Venezuela under the Chavez government (http://www.dgmoen.net/essays/CH-Action.pdf).
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『映像を観て、ディスカッション』クラス
<11月5日・19日、12月10日> The War on Democracy 
 ── 民主主義との戦い(「テロとの戦い」ではなく)
講師 Darrell Moen, Ph.D.
芝浦工業大学教授、一橋・津田大学でも講義、文化人類学者、Peace Activist 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
映像は全て英語です。事前にトランスクリプトを読んでご参加ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日 程 全5回 10月1日・22日、11月5日・19日、12月10日(all 土曜日)
時 間 午前11時~午後1時
場 所 国立かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩2分)
受講料 全5回参加 13,500円
    4回参加 11,000円/3回参加 8,400円/2回参加 5,600円 
単発参加 3,000円(サポート会員は2,500円)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[PR]
by terakoya93 | 2011-11-17 12:08 | ディスカッションクラス
────────────────────────────────────
今週の日曜─むらさきロードパレード
────────────────────────────────────
「あるこうよ、むらさきロード」は、子どもと女性に対する暴力をなくそうと社会に訴えるためドメスティック・バイオレンス、性暴力、虐待などの被害当事者 (サバイバー)を中心にスタートした、非暴力を訴える仮装パレードです。
DV根絶の象徴パープルリボン、児童虐待根絶の象徴オレンジリボンを掲げて歩きます。
開催日時:2011年11月13日(日)
当日スケジュール:
11:00~ 
受付開始(国連大学レセプションホール 渋谷区神宮前5ー5ー70 表参道駅徒歩5分)
13:00~14:00 パレード行進
14:30~16:00 
交流会(ウェイスレーセンター 港区南青山6ー19ー11表参道駅徒歩10分)

問い合わせ:むらさきロード実行委員会 
arukoumurasaki@yahoo.co.jp
ブログ http://arukoumurasaki.blog37.fc2.com

・紫色やオレンジ色の洋服やグッズで是非いらしてください。仮装大歓迎。仮装グッズの貸し出しもございます。
・風船、シャボン玉、カスタネット、鈴、サングラス、楽しいものは何でもお持ちください。
・思いのたけのメッセージボードや旗をおつくりになって、ぜひ当日お持ちください。
・プレイベントおよび、パレードの当日ボランティアも募集しています。件名を「当日ボランティア希望」でメールお送りください。

【重要】資金が切迫しております。パレードを作り上げるにも、お金がかかります。
日ごろ陽の目を浴びられないサバイバーが、パレードできるよう、お心ある方は、ご寄付をお願いいたします。
郵便局 00130-4-688105 あるこうよ むらさきロード

──────────────────────────────────────
3人の女性のノーベル平和賞受賞記念 特別セット販売! 
──────────────────────────────────────
売り上げは印刷製本制作費用を賄うものです。
この本の翻訳プロジェクト・コーディネーターに関わったので売れてくれなきゃタイヘン(>_<。)。今年もお得な年末割引セット価格販売実施──!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇書籍『もうひとつのノーベル平和賞─平和を紡ぐ1000人の女性たち』とDVD『1000人のピースウーマン』 をセットにして特別価格9000円にて販売します。

『1000人のピースウーマン』(3000円・プライベート視聴用)
1000人の女性達をノーベル平和賞に正式ノミネートしていく壮大なプロジェクトの記録映画。世界各地のピースウーマン6人を訪ねるドキュメンタリー。
映画の紹介動画 → http://www.imdb.com/video/wab/vi989331993/

『もうひとつのノーベル平和賞─平和を紡ぐ1000人の女性たち』(本体価格8000円・税込み8400円)
上記の活動でノミネートされた1000人の女性たちを紹介する感動の書籍。多くの翻訳の専門家を含む1000人以上のボランティアが関わり、2000頁以上に及ぶ、(ふつうの本の4冊分)重厚な装丁の書籍が完成。市民参加型の書籍作成プロジェクトも話題となり、書籍完成後、朝日新聞等で紹介された。
《落合恵子さんの推薦文》

それぞれの彼女が、この空の下に確かに居る……。

そう考えただけで、心おどる、胸が熱くなる。

しかし、ここに登場する「誰か」になる必要はない。

 あなたはあなたの、

   「わたし」はわたしのやりかたで、

  平和を紡ぐ。

    いま、ここから。

<1000 PeaceWomen とは>
世界の平和を作りだしているのは、外交や平和条約だけでなく、世界の人々の目にとまらない日々の営み。
そしてそれは多くの場合、注目や賞賛とは無縁な女たちによって紡ぎ出されています!

平和とは、戦争がないという状態に留まりません。子ども、女性、障がいを持つ人々や危険にさらされる集団の保護、貧困の撲滅、環境汚染との闘い、カースト・人種・階級・性による構造的差別をなくす取り組み…。

そんな女たちに光をあてようと、2005年度のノーベル平和賞に、平和に貢献した1000人の女たちが世界中のあらゆる地域から、推薦され正式にノミネートされました。このアイデアは、スイス議会とヨーロッパ議会の女性議員たちを中心としたスイスのグループが2003年に提唱。世界各地の賛同者がスイスに集まり運営した国際的プロジェクトです。ノーベル平和賞の受賞は逃しましたが1000人を紹介する写真カード・書籍が出版され、地域や世界の
平和を生み出す女性たちの重要な貢献に国際的な関心を喚起し、称える活動が続いています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
セット販売に関するお問い合わせ:週刊金曜日(代表)03-3221-8521
http://www.kinyobi.co.jp/
1000ピースウーマンプロジェクト
http://www.asahi-net.or.jp/~zv6m-ishr/1000peacewomen/
────────────────────────────────────────
寺子屋に情報お送りくださった皆様、ありがとうございます。いつも迅速に情報を流すことが、あなかなか叶わず(自分が送りたい情報すら後手後手で…)、タイミングを逃してしまうことお許しください m(_ _)m 。
[PR]
by terakoya93 | 2011-11-09 16:02 | 寺子屋 ISSUES !