個人的なことは政治的なこと、そして政治的なことは個人的なこと!


by terakoya93

<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

暑かった昨日(9月19日)、明治公園も熱く燃えていた。

「さようなら原発1000万人アクション」の5万人集会に、集まったのはなんと6万人。会場の公園に入りきれない人が出た。
この写真を見て!

福島からも大勢参加 → 動画

その2日前、私の地元で行われた「原発どうする!たまウォーク in 立川」は、プロがステディカムという優れもので撮影したキレイな画像。私も映ってるんですが (;^_^A、後ろ姿とかなのできっと判りません。

若者がいないなぁと思うアナタ、日本は超高齢化社会なのだ (^ ^;) 。

とはいえ、若者エネルギーも炸裂。「9.11 新宿・原発やめろデモ!!!!!」こっちは若者中心で、パワフル! 

我らクラウン・アーミーも活躍!! \(^ ^)/
写真その1  写真その2  写真その3

しかし逮捕者が12人でた(動画):
2011年9・11反原発新宿デモ、不当逮捕弾劾!

逮捕された中に、フランス人のカップルが居て、その時のいきさつをかれらが解放後に語っている。衝撃の…ならぬ、ユーモアたっぷりのお笑いインタビュー (^ ^) 。
110913 デモ逮捕者フランク夫妻のインタビュー

そのかれらの逮捕の瞬間を含む映像。大変えげつない右翼集団在特会の、まるで意のままに動く警察。こうまで見せつけられると……。。
(要注意:在特会の発する言葉を聞いていると胸が悪くなります)

先日お送りした別の逮捕の瞬間映像はすぐ投稿者によりリンクが消されました。考えたらしっかり顔が映ってたのでマズかった。大反省。
映像に映ってたのは、色白できゃしゃな若い男性でおびえて無抵抗。警官の方はもろに威丈高でありました。

もうひとつ、通産省前のハンストの若者のこと! 9月11日から10日間、明日が最終日ということで、「今日の振り返り=反省会?」がここで観られます。なんか食べ物の話ばかりしている (;^_^A …若者が10日も食べない(水と塩のみ)なんてちょっと考えられないくらいすごい決意…。 

毎日たくさんの人が訪れて、かれらを励まして行きます。毎日朝の8時から夕方5時半まで、通産省前で座り込み。いよいよ明日が最終日。台風来るなぁ。。
ハンストの声明文賛同者募集中で、総計を記者会見発表するとか…。。明日も、ユースト中継の予定なので上記アクセスしてみて下さい。最終日の明日は午後2時までで、その後記者会見のようです~。

寺子屋講師でもある Kim が、Ten Thousand Things で、かれらのことをいち早く発信してました\(^ ^)/。このページに埋め込まれた動画も、海外から見た、6ヶ月後のフクシマの事態を的確に伝えています。 

脱原発とは言わないまでも、「もう日本では原発を増やせない…」とは今やマジョリティ意見のようだが、強固な原子力村はちょっとやそっとでは崩れない。こちらの素晴らしく判り易い図解をごらんあれ!
メディア・官僚・大学・政党・警察他の癒着が一目瞭然! プリントアウトを壁に貼っておきたい (*`へ´*) 。
↓  ↓  ↓
【ニュークリア・シンジケート図解】

そんななかでの、外務省のこの動きは、税金を使ったヤラセぢゃないの??
↓  ↓  ↓
東日本大震災:「日本安全」つぶやいて 風評対策、海外からツイッター発信者ら招待 

以上、ほとんどツイッターから得た情報。ツイッターでの効果的情報収集法について、「書く書く」と、オオカミ少年になっててすみません。
この週末は少し時間がとれる…ハズなので、きっと!
[PR]
by terakoya93 | 2011-09-21 01:23 | 寺子屋 ISSUES !
がんがんいくぞ〜今年いっぱいラストチャンスのレギュラークラス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
英会話寺子屋レギュラークラス 9月のトピック案内 (^ ^)
  女性の危険度世界第4位の国のこれから…& ロンドンで起きた暴動分析
  飛び入り参加も歓迎です! (=゜ω゜)ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
It's tough being a woman! ─女であることってキツイ!
  …9月8日(木)午後・国立/夜・中野
First SlutWalk in India ─インド初の「尻軽女」マーチ!
  …9月15日(木)午後・国立/夜・中野

インド旅行中に読んだ記事から2つ。インドの現状と女性たちの新たな行動。

民主主義国において世界最大人口のインドで、女性は女性というだけで、危険すぎて夜、外を一人で歩けない。経済発展めざましい国で女性の危険度は世界第4位!

スラット(尻軽女)・ウォークは、女性の外見がレイプやセクハラの原因とみなす考えにNOと言うデモンストレーション。
今年の春、カナダ・トロントの警察官が「(性的暴行の)被害者にならないよう尻軽女のような格好は避けるべきだ」と発言したことに女性が反発し、世界中に拡大。
Youtube ニュース画像 in ボストン

しっかし、社会的に女性の地位が上がらないと、女性にとって安全な国には決してなりませんな~。 (*`へ´*)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

The Politics of the London Riots─ロンドン暴動のポリティクス
  …9月22日&29日(木)午後・国立/夜・中野

8月の終わりに起きた、ロンドン暴動。対岸の火事とみなして良いのだろうか、世界の気運もグローバルにつながっている。なぜ怒れる10代が破壊行動に出たのかという検証記事を読んで考えたい! 
────────────────────────────────────────
英会話寺子屋レギュラークラス:
午後3時~午後5時:国立スペースF / 午後7時半~9時半:中野LOUD
(2ヵ所で開催。トピックは同じですが講師は違います。)
[PR]
by terakoya93 | 2011-09-07 11:11 | 寺子屋レギュラークラス
英会話寺子屋提供、英文読解クラス2つ。秋からガッツリ始めませんか? 

▼ 目 次  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【1】NI後期クラス参加者募集 ─ 事前お試し参加(先着4名)受付けます!
【2】日本のフェミニズム考察本『TRANSFORMING JAPAN』を読むクラス
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 英文読解集中クラスNI後期クラス参加者募集
      ── 事前お試し参加(先着4名)受付けます! 9月10日まで
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
英文雑誌NI(New Internationalist)は世界情勢を社会的弱者・草の根の視点から報道・分析しているオルタナティブメディア。痛烈な社会批判をウィットに富んだ表現で表わし、ポジティヴな方向性で、世界中のアクティビストに愛読されています。

記事内容の深い洞察ばかりでなく、議論・分析のための英語表現も学べます。
ちょっとレベルが高いけど、チャレンジしてみませんか? 

10月からの後期クラス募集を開始しますが、前期クラスの最終日にレベルやクラスの進め方などを知る、初めての方のための「お試し参加」の機会をもうけました。今回のテーマはジェンダー問題 \(^ ^)/。
9月18日(日)午後1時半~4時半(3時間・オーガニックコーヒー付き)
講師─ Robyn Tsuji 会場─アジア女性資料センター会議室 

NI 444号 The changing face of masculinity(変わりゆく男らしさ)を使い、
NI 444号  NIジャパン

短い記事を2つ読み、ディスカッションします。

記事タイトル
The prison that is patriarchy(家父長制という名の牢獄)
Redefining masculinity: why showing affection is no longer a fairytale
(男らしさの再定義:愛情表現がもはや夢物語じゃないワケは)
ネット上に、1つだけUPされてました (^ ^;)  
Redefining masculinity: why showing affection is no longer a fairytale

「女らしさ」は変化した。では「男らしさ」は? 
家父長制は男たちにも強烈な社会的抑圧を強いている。変わりつつある男たち、感情表現やスキンシップに対する抵抗感を打ち破る意識変化が進んでいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「お試し参加希望」:対象記事のコピーを送ります。送付先住所を明記のうえ
メールにて、9月10日までに → zv6m-ishr@j.asahi-net.or.jp
単発参加3,800円のところ、3,000円で受付けます。会場都合で先着4名まで。
あなたのチャレンジ、待ってます!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10月からのNI後期クラス参加者募集!! お試し前から受付中 (^ ^;)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
激動する世界の分析記事を、地域・環境・マイノリティーの人権など様々な切り口で取り上げていく月刊雑誌NI(New Internationalist)の最新記事から取り上げていきます。
日程(すべて日曜日 1:30~4:30pm)
10月16日・11月27日・12月休み・1月29日・2月26日・3月18日

講師─ Robyn Tsuji(DV 問題を扱うNGOで活動する日系米国人)
会場─アジア女性資料センター会議室 

クラスの3週間ほど前に雑誌NIをお届けし、対象記事をメールでお知らせします。事前に、記事を読んで来て、クラスで読解のための質問を受け付け、理解が深まったところで意見交換するスタイルです。たっぷり3時間!

参加費:全5回 16,500円+NIテキスト代5ヶ月分 5,000円
単発参加:1回あたり3,800円+テキスト代1,000円
会 場:アジア女性資料センター会議室ほか 渋谷駅から徒歩5分
問い合わせ・申し込み:zv6m-ishr@j.asahi-net.or.jp


┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2  日本のフェミニズム考察本『TRANSFORMING JAPAN』を読む
       ── フェミニズムと多様性がもたらした社会変化とは? 
     参加申し込み受け付け 9月20日まで
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現代日本女性の声を集め紹介する Kumiko Fujimura-Fanselow の仕事は、他に類をみないものとして注目されてきました。2011年発行、最新の日本のフェミニズムと多様性を語る声を集めた『TRANSFORMING JAPAN』も大好評を博しています。

アマゾンのサイトで本の「なか見!検索」 ができます (^ ^)

「なか見!検索」で目次をみると分かるように、教育・家族・セクシュアリティなどの項目に分かれていて、赤石千衣子さん、青山薫さん、中野麻美さんなど、ジェンダーに絡む各方面で活躍中の方々が執筆しています。

英語を習得する時、多読は語彙や表現力を多いにつちかってくれます。ある程度背景や事情を知っている分野であれば、理解が容易です。女性問題に関心のあるアナタ、現代の日本のフェミニズム考察を扱うこの本を読みながら、一緒に考え、そして英語の力もつけていきましょう! この本の翻訳者のひとり、
Kimberly Hughes を講師に迎え、月1回開催のクラスです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<TRANSFORMING JAPAN を読むクラス
 シリーズ第1回め Introduction ─日程(全て木曜日夜 7:30~9:30pm)> 
10月13日、11 月17日、12月1日、1月19日、2月9日

シリーズとして第2回、3回と読み進める予定です。第1回目は様々な問題を網羅した Introduction のパートを5回に分けて読み進めます。

講師:Kimberly Hughes(フリーランス記者・翻訳者、大学講師)
参加費:13,500円+書籍代 2,000円+送料(定価 $29.95 です)
会 場:中野LOUD(中央線中野駅から3分)
問い合わせ・申し込み:zv6m-ishr@j.asahi-net.or.jp 
[PR]
by terakoya93 | 2011-09-03 02:39 | スペシャル・クラス