個人的なことは政治的なこと、そして政治的なことは個人的なこと!


by terakoya93

<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

昨日、3月28日はアメリカ・ペンシルベニア州のスリーマイル島原発で原発事故が発生した日だったそーだ。
1979年、世界初の炉心溶融事故だった。いま3つ目が進行中。スリーマイル・チェルノブイリ・フクシマ…は歴史に並び称されることとなる。

原発の事故現場では毎日、シビアな数値が報告されているが、昨日はとうとう最中心部である炉心を抱えた圧力容器の破損の可能性を原子力安全委員会が認めた。高い放射能を帯びた水が漏れ出ており、発電所敷地内の土壌からは微量とはいえプルトニウムが検出された。

これまで長年にわたって反原発の活動家たちが訴えて来て、そして一笑に付されて来た危険性の、もうオンパレードだ。

もはや原発から白煙が上がっている映像を見ても驚かなくなってしまったことが怖いが、今どんな対策を講じていて、これから何が起こる可能性があるのか、あちこち情報収集してやっと少し見えて来た。

昨夜の原子力資料情報室の会見:CNIC NEWS 3/28

上記会見の最後の方で後藤政志さん(元原子炉格納容器設計者、工学博士)が質問に答えて分かり易く解説しているが、原発事故が収束するためには「止める」「冷やす」「閉じ込める」という3つのことが必要とのこと。

「止める」とは核反応を止めることで制御棒を入れて核反応を止める。これは地震が起きてすぐ緊急停止となった。
止まっても炉は高熱を発しているので次は「冷やす」こと。これを今やっているが、熱量が大きいので冷却は長期にわたる。どんなに早くても数ヶ月~1年。

冷やしている燃料が再臨界(=再び核反応が始まること)してしまうのを防ぐには中性子を吸収してくれるホウ酸水を使う。こうして、水とホウ酸水で長期に渡って冷やし続ける。

ホウ酸ってすごい! ゴキブリもやっつければ中性子も止める! (・・;)

冷やし続ける間も圧力容器内の高濃度放射能を「閉じ込める」必要はあるが、現在リークを起こしているので海水に、そして水蒸気のかたちで空気中に漏れ出ている状態が続いている。リークを起こしている場所も特定できないし、原子炉周辺の放射線量があまりに高くて近づけないので「漏れ」を封じ込めるのは難しい。

チェルノブイリの時のような「石棺」で完全に炉心部分を「閉じ込める」ためには、熱がこもり爆発の危険もあるため炉心の冷却が終わる必要がある。

つまり、圧力容器の破裂で内部の高濃度放射能が環境中に大量に放出されるという最悪の事態を避けるために続ける冷却期間の間ず~っと、放射能漏れを封じ込めることはほぼ出来ず、冷却作業を続ける作業員のいる現場はもちろん、周辺地域も降下物が多く危険だし、今後の圧力容器からのベント作業の必要性や、その日の風向きなど気象条件しだいで遠隔地でもホットスポット(とりわけ放射性物質の残留が多くなる地帯)が生じる可能性がある。
最初の水素爆発やベントの影響で生じたホットスポットとしては飯館村が顕著。
 ↓  ↓  ↓
東大の学生が作った空間放射線量グラフ(PDF)

5ページ目の累積放射線量グラフでは、飯館村が驚きの5000マイクロシーベルトに達している! 半径40キロ圏内にあたり、避難指示も勧告も出ていないエリアだというのに。

放射性物質は微粒子のようなもので、吸い込んだり食べたりして身体に入ると体内被曝を起こすが、いくら広い範囲に拡散しても毒性が薄くなるわけではなく、取り込むかどうかは当たり外れの確率の問題。遠ければ遠いほど確率は下がるが、いくら遠くても大当たりはあり得る。

私は先日、薔薇100本大当たりして、くじ運は使い果たしたぞ~! 
 ……非科学的なことを申してすみません。


チェルノブイリ原発事故の時も、1週間目に日本で降った雨から放射性物質が検出されている。いったん大気中に出た放射性物質は世界中を汚染するわけで、今回の事故での日本の責任は重い。

さて、こうなるとこの先は長い期間、ホットスポットに当たる可能性を気象状況や地形などから見越して対策をたてなくちゃならないが、なんと国家的予算をかけた精度の高い「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム」というものがある。その名も SPEEDI スピーディ。パンフレット(文科省のHPからダウンロード可)には以下のように書かれている:
SPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測)ネットワークシステムは、原子力施設から大量の放射性物質が放出されたり、あるいは、そのおそれがあるという緊急時に、周辺環境における放射性物質の大気中濃度や被ばく線量などを、放出源情報、気象条件および地形データをもとに迅速に予測するシステムです。

まさに、それ今いるでしょ! でもこれが事故後ずっと公表されず各方面から非難されてやっと23日の夜になって結果発表となった。予測じゃなくて結果からの逆算だそうで、「予測システム」の意味をなしてない。(+_+)
計器故障で前提となるデータがなく、避難に役立つ計算ができなかったという。
 ↓  ↓  ↓
放射性物質 安全委、拡散試算を公表(2011年3月24日 読売新聞)

上記記事に着いている画像で飯館村をさがして欲しい。汚染は同心円では広がらないことがよく解る。

こちらはもう数日前の番組だが、原発事故と放射能問題、深く掘り下げていてお勧め:
【特別番組】あえて最悪のシナリオとその対処法を考える(1)

【特別番組】あえて最悪のシナリオとその対処法を考える(2)
[PR]
by terakoya93 | 2011-03-29 20:04 | 寺子屋 ISSUES !
昨日「3号機の格納容器の弁開放のニュース=再び放射性物質放出!」と書きましたが、その後夕方になって回避されたのを夜になって知りました。
圧力が下がって良かった!  
3号機の格納容器、弁開く作業「当面実施せず」 東電 (日本経済新聞)

でもこんな指摘も:
今朝のピーク。気象庁アメダスによれば、昨日午後の福島南部から夜中の茨城には平均2mの北寄りの風。福島第一と東海村は110kmなので、逆算すると15時間前、昨日(20日)の昼過ぎに放出されたことになるが、そんな報道はなかった。 http://bit.ly/fNqcku


発行部数ヨーロッパ最大と言われるドイツのニュース週刊誌シュピーゲルのサイトご紹介。事故当初から話題になり、本来は「日本の気象庁などがこういうのを発表すべき」という声が上がっています。
アニメーションで、風向きと風向、放出される放射性物質の量を示しています。
放射性物質の量については、実際に計測はできないと思うので、爆発やベントのニュースに頼っているのかなー。

ドイツのメディアで働く友人にサイト上のドイツ語を訳してもらいました。彼女によると、シュピーゲルはセンセーショナルになる傾向があり、日本に対しても見下すような態度がみえて腹立たしい (`へ´) そうです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(訳文)「福島原発第一 放射能雲の予測」
グラフィックが示しているのは「福島第一から放出されるであろう放射性物資の広がり方」。「粒子の濃度は放出される量による」とした上で、その濃度を色によって示しています。(左端の紫が一番弱く、色が右にいくほど濃度が強い)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて東京での計画停電。わずか3時間なのに慣れないし、暗いと不安になるしで皆、右往左往。

「電気がないとやっぱり大変! こんなに危険でも原発は必要」という東電のイメージ操作のためにやっているんじゃないか…というスピン説まで飛び出しているが、停電は原発のせいじゃない。大きな出力の火力発電所が震災で停止しているため。
原発がどうなろうと4月中には回復に向かう─それをなぜもっと報じない?!
 ↓  ↓ 
東電の発電能力、震災前7割に回復へ 2火力再開で

買いだめは、暗い店内とスカスカの棚で心理的に追いつめられての行為だろう。
不安は情報の無いなかで増幅してしまう。大手メディアの言ってることが信用ならない (^ ^;) ってこともあるが、スーパーの人ごみのうわさ話や、ツイッターのセンセーショナルなメールには、要注意だ。
メディアの発するニュースを様々な方向から分析して、オルタナティヴ・メディアや市民団体からの情報と合わせ、自分で総合判断せねば。

被災地に家族や親戚がいるという人も都会には多い。避難所にはいなくても、ライフラインの途絶えたエリアで暮らす両親に食料などを届けようとして買ってる人もいる。都会は全国各地の出身者で成り立っている。
そーいう人以外は買いだめ不要。米なんか、新米と合わせると年間の需要量を上まわるくらいの備蓄米があるとのこと。(日本経済新聞

暗い店内とスカスカの棚。これに慣れた方がいい。
そもそも、お店は必要以上に明る過ぎたし、商品があふれまくりすぎてた。

常に何でも手に入るということは常に必要以上に作ってるということ。賞味期限がきたら大量廃棄! ブームが終わった商品も大量廃棄! それを見込んでの値段設定だから高い買い物になる。地球環境にも悪い。
「不便は安くて環境に良い」んだよね (^ ^) !

停電あると電車はすいてるし、仕事も早帰り。みんな不安もあるので、おしゃべりを楽しみだした。良いな~。こういう世界が今回の危機を乗り越えた後も続かないかなー。

我が家は集合住宅なんで、電気止まると水も止まっちゃう。風呂の残り湯をトイレに流す。なーんだ、こんなに簡単に節水!  嬉しくて停電のない時間帯でもやっている。

お昼になり、本日の計画停電中止のニュースが流れた…
[PR]
by terakoya93 | 2011-03-21 17:22 | 寺子屋 ISSUES !

地震から10日─


▼ 本日、3号機の格納容器の弁開放のニュース=再び放射性物質放出!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
地震から10日。

当初、政府や東電が情報を隠してるとしか思えず、<寺子屋お知らせメール>で、原子力資料情報室からの情報提供リンクを流しまくった。

その後、NHKが原発サイトに常時カメラを向けるようになり、爆発や放水の状況がリアルタイムで分かるようになった。一番最初の水素爆発が報道されたのは2時間後(怒!)でしたが、この先爆発が起きるなら即わかることに。

しかし、放射線の人体に与える影響については、浴び続けるわけじゃないレントゲンと比べて安全と言ったり(放射線の高い場所に居続けるのなら、1時間あたりの線量は1日で24倍にしなくてはならない)、急性被曝が起きないことをもって「人体に影響ないレベル」と言うなど、相変わらずパニック管理的な報道がめだち、困ったもんだと思っている。

現在事故を起こした原発からは高い放射線が、露出した燃料や、水素爆発でできた建物の瓦礫(放射能を帯びている)から出ていて、これにある程度以上の時間さらされると急性被曝を起こす。さまざまな症状がでて、死に至ることも。
事故現場の作業員は本当に命がけで、もうしわけない。なんで原発推進政策、止められなかったんだろう…。

こちらは、abcNEWS で報じられた決死のヒーローたちという報道。
Fukushima Heroes ( Japan 's best on suicide mission )

現在、使用済み核燃料を入れたプールの水を放水で貯めているが、そのプールは原子炉とは別の高い位置にあり、原子炉内部はどうなってるのか分からない。原子炉内部の核燃料がしっかり冷却されなければ、とてもじゃないが安心できる状態にはならない。

原子力資料情報室 CINIC がまとめた今後予想される危険
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今後予想される危険 (1)
・原子炉の冷却ができないと炉心が熔融して原子炉の底に熔融物(デブリ)が落ちる.
・さらに冷却ができないと原子炉容器の底が抜ける.
・熔融物が格納容器の床を突き抜けコンクリートと反応し大量の水素ガス等を出す.
・この段階で格納容器が破損するので外部に大量の放射性物質が放出される.

今後予想される危険 (2)
・冷却に失敗すると、事故の進展にともない水素爆発、水蒸気爆発、あるいは再臨界が起こりうる.
・大規模な爆発現象をともなうと、大量に放射性物質が飛び出し、チェルノブイリのようにな る.
・爆発を起こさない場合には、徐々にではあるが放射性物質が外部に出つづける可能性が ある.

今後予想される危険 (3)
・原子炉建屋の上部のプールに使用済み燃料が大量に貯蔵されている.
・冷却できなくなると、使用済み燃料が熔融し、同様に放射性物質がまきちらされる可能性 がある.

資料: 福島第一原発で何が起きているのか(2011/3/19)より(PDFファイルです)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このうち、予想される危険 (3) への対応が、今なされているわけだ。

事故現場からの高い放射線は200キロ以上離れた東京あたりまでは届かない。
問題は事故現場から放出された放射能を帯びた塵や微粒子。
これまでにも水素爆発が何度も起きて、それからベントという格納容器の中の圧力を逃がすための内部からの放出が繰り返されたために、そこから風に乗って目に見えない超微粒の放射性の塵が広がっている。地表の埃なども舞い上がって風に乗る。
事故以来、ほとんど風は西から東へ、太平洋に向かって吹いている。

最悪の事態は水蒸気爆発(これまで起きた水素爆発とは別物で、格段に破壊力が大きい。チェルノブイリで起きた)などによる格納容器の破損で、これが起きたらどでかい放射能雲が生まれる。日本の上空には偏西風が吹いているから、これも太平洋方面に流れる傾向はある。

その風に乗る塵の塊を放射能雲(ラジオアクティヴ・クラウド)と呼ぶ。これにさらされ、塵を吸い込んだら肺から、飲み込んだら消化器官から血液にまわって、甲状腺や骨や筋肉に分散して留まり体内被曝が生涯続き、癌を発症する確率が高くなる。

長距離を飛ばされるほど、雲は拡散して行く。だから距離が遠ければ塵を吸い込む確率は減るが、排出された放射性塵の量が減るわけじゃない。
チェルノブイリの時にも北半球を1周して各地で影響が観測された。いったん出たら世界をめぐる。

で、その放射能雲が通過している時に雨か雪が降ると、その地点は局地的に汚染が高くなる。これはもう「雨よ降らないで!」と祈るしかない。
地表に雨と共にしみ込んだなら、土地が汚染され住めなくなるかもしれない。

今も、すでに放出された塵は広く高く上空も舞っているいる。雨が降ると雨粒に付着して上空から人の暮らす高さに落ちてくるので、放射線の測定値は必ず上がる。

今現在私がやってることは、新たな爆発が起きてないかのニュースのチェックと、いくつかの常時放射線測定をやっているサイトのチェック。特に近場の日野市のモニター。各地で数値の上がった15日にちゃんと3倍くらいに上昇した。 

このグラフの一番高い100の所にカウンターが来てやっと1マイクロシーベルトくらい(基準が違うので換算できないそうだ)のレベルで、1000マイクロシーベルトが、1ミリシーベルト。100ミリシーベルトを全身にあびると急性被曝の症状が出てくるレベルだそうだ。

水蒸気爆発や格納容器破損のニュースが流れたら、風向きと風力、各地の放射線モニターをチェック(インターネットに感謝!)し、モニター値が上がったら家から出ないようにしようと思っている。

こちらは放射能雲が通過するであろう茨城の放射線テレメータ
今朝少し上昇してます。

参考:「地震・事故:福島原発─被曝を避けるために」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
寺子屋では「状況がしっかり安定するまでは、予定していた英会話寺子屋のクラスをすべて保留します」とご案内しました。

状況が落ち着くというのは、福島原発からの高濃度放射能雲の飛来の危険性が去って(それにはすっかり炉心が安定し、水蒸気爆発などでの格納容器破損の可能性が消える必要があります)、計画停電も解消する(津波被害で止まっている火力発電所が復旧する必要があります)のがメドかと思います。

また、ご案内します。


以下は3/14付けで、英会話寺子屋参加者に送った<寺子屋お知らせメール>です。
 ↓  ↓  ↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先ほど、福島第一原発3号基での水素爆発の報道がありました。
間違いなく放射線が漏れました。風は南から北に吹いているため、東京がすぐさま汚染されることはありませんが、メルトダウンも想定に入り、気が気ではありません。
爆発のあった3号機はプルサーマルの商業炉であり、燃料に猛毒のプルトニウムが含まれています。(MOX 燃料)

停電も始まり、クラス会場での通電や電車での移動などに困難が予想されます。

今後、状況がしっかり安定するまでは予定していた英会話寺子屋のクラスをすべて保留させて頂きます。楽しみに予定していた方には申し訳ありません。

状況が安定しましたなら、改めてご連絡させて頂きます。
ご理解のほどお願い致します。

なお、<寺子屋お知らせメール>において今後も有益と思われる情報が入手できましたら、適宜ご案内します。
[PR]
by terakoya93 | 2011-03-20 16:58 | 寺子屋 ISSUES !
英文読解集中クラス(別称NIクラス) 新規募集─先着4名 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
英語学ぶアクティビスト必読!民衆視点世界の問題読み解く雑誌
New Internationalist(NI)を教材に─月1回、前期&後期 全10回
 講師:Robyn Tsuji + Caitlin Stronell(来日時)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界の貧困と不平等の問題を報道し、より公正かつ持続可能な未来を提案するオルタナティヴ雑誌NI。より良い世界を目指して活動している人々に愛読されているこの雑誌を集中的に読み、世界のアクティビストの最新の視座を学ぶ。

毎号刺激的なNIのトピック! バックナンバーをご参照ください。

最新号のNIから、講師の選ぶ記事を集中的に読み解き、意見交換します。
キーワード解説・社会市民運動の歴史的背景の理解を含めた読解・それらをふまえた討議の時間も含め、たっぷり3時間(オーガニック&フェアトレード・コーヒー付!)
────────────────────────────────────────────────────────
<講師プロフィール>
日本にルーツを持つ米国育ちの辻ロビンさん。
DV問題を扱う NGO「RESILIENCE」のスタッフとして、女性の人権問題に直面する日々。回復のためのプログラムを運営するアート・セラピストでもあります。
彼女と共に、NI誌から情報と知恵を得て日本社会に蔓延する閉塞感を打ち破る力をつけ、社会に発信していく力をつけていく場にしたいと思っています!

+ Caitlin Stronell(来日時)
NIジャパン発起人でインド留学中のケイト・ストロネルさん。前期は6月に担当してもらいます。
────────────────────────────────────────────────────────
日 程 
前期5回:4月24日, 5月15日, 6月19日, 7月17日, 9月18日
後期5回:10月16日, 11月20日, 2011年1月15日, 2月19日, 3月18日
(すべて日曜日 1:30~4:30pm)

【注】基本的には第3日曜日ですが4月の出だしは第4週です。また、部屋を貸して頂いているアジア女性資料センターの都合により、6月・9月・3月については会場の変更の可能性があります。

参加費:全10回 30,000円+NIテキスト代1年分(10冊) 9,500円。
前・後期のみ各5回 各 16,500円+NIテキスト代5ヶ月分 5,000円
単発参加1回あたり3,800円+テキスト代1,000円(欠員のあるときのみ)
入会金:3,000円。通常6,500 円のところ。
会 場:アジア女性資料センター会議室ほか 渋谷駅から徒歩5分
問い合せ・お申し込み:zv6m-ishr@j.asahi-net.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※受講ご希望の方は、ご住所をお知らせの上3月末までにお申し込み下さい。
先着4名にて締め切らせて頂きます。
定員10名ですがクラス継続の方を優先させて頂いています。すみません。

お申し込み頂いた方には、3月末に雑誌NIをお届けし、受講料振込のご案内を同封(あるいは別途郵送)します。
NIクラスのテキストは以下の2つのセットです。
・イラスト・写真が豊富なフルカラー雑誌 A4判 約40ページ
・NIジャパン(NIの日本語解説誌) A4判 16ページ────────────────────────────────────────────────────────
主催: 英会話寺子屋 
協力: NIジャパン
    アジア女性資料センター
[PR]
by terakoya93 | 2011-03-11 22:00 | スペシャル・クラス