個人的なことは政治的なこと、そして政治的なことは個人的なこと!


by terakoya93

<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

◎今度の木曜日です!─毎月1回、第1木曜夜 振替え参加・見学歓迎 (^ ^)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ボトムアップの時代に、マイノリティ女性のエンパワメントに学ぶ
2月3日(木) 夜7時半~@中野LOUD 講師 Malaya Ileto
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼ Queer & Gender Studies クイアー & ジェンダースタディーズクラス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
チュニジアに続いて、エジプトがすごいことになっている。
「サウジアラビアの次に親米」といわれる中東の国エジプト全土で吹き荒れている、反政府・大統領退陣要求デモ。

南米に続いて米国傀儡政権を民衆がひっくり返していくドミノの始まりなのだろうか(*。*;)。

ボトムアップの時代がやって来た!

世界中で、声なき、力なき者たちが連帯するボトムアップのうねりが広がっている。ツイッターではリアルタイムで情報が届きワンクリックのリツイートで無限に拡散する…! 英語は情報の強力なツールになっている。 
こういう世界になったからには、英語習得もサバイバルの必要悪(!)かも…。

じゃあ、日本の中での動きは? 
被差別部落・アイヌ・在日朝鮮・フィリピンの人々、根深く見えにくい差別構造の中で、さらに女性であるということで受ける複合差別がある。マイノリティ in マイノリティ!

『マイノリティ女性が世界を変える! マイノリティ女性に対する複合差別』という小冊子を刊行した、「反差別国際運動 The International Movement Against All Forms of Discrimination and Racism (IMADR) の活動に関わっていた、Malaya Ileto さんにお話を聞きます。

Malaya さんはフィリピン出身、オーストラリア・米国を経て現在日本在住です。彼女が何故この活動に関わったか、そして出会ったマイノリティ女性たちの目覚ましい活動を紹介してもらいます。マイノリティ女性たちが力をつけていく手法に学ぶことがきっといっぱい。

こちらIMADR のサイト、立ち上がりつながるマイノリティ女性:

振り替え・見学希望の方はご連絡ください。
クイアー & ジェンダースタディーズ4回シリーズの最終回です。
[PR]
by terakoya93 | 2011-01-31 00:48 | スペシャル・クラス
2月6日の映画上映会場にて、書籍『もうひとつのノーベル平和賞─平和を紡ぐ1000人の女性たち』の紹介をさせて頂く予定…の私です。
お近くの方、是非ぜひ、覗いてくださいませ~♪


━━ お出かけ下さい! 1000 PeaceWomen 写真展と映画上映 ━━━━
With You さいたまフェスティバル~ここからつながる ここからひろがる~ にて 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 平和を紡ぐ1000人の女性たち写真展 2月4日(金)~2月6日(日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界各地で開催されている「平和を紡ぐ1000人の女性たち写真展」、フェスティバル会場で3ヵ日連続開催です。
写真展で、同時代に生きる世界中の平和活動家女性たちの顔・顔・顔に囲まれるリアリティを体感下さい! 
フェスティバル会場「こころと身体の実習室」にて。入場無料。

これまでの日本各地の展示  世界各地の展示写真ギャラリー 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2『1000人のピースウーマン』上映 2月6日(日)10時~ 無料
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1000人の女性達をノーベル平和賞に正式ノミネートしていく壮大なプロジェクトの記録映画。世界各地のピースウーマン6人を訪ねるドキュメンタリー。 映画の紹介動画

<6日の映画上映の会場で、DVD と書籍のイベントスペシャル割引販売>
写真展会場を飾る1000人の平和を担う世界中の女性たちの活動は事典的役割も持つ1冊の本としてスイスで英文出版されています。平和を構築する様々なアイデアが得られネットワーク作りに役立つと、日本語訳が欲しいという声が上がり、有志による翻訳プロジェクトが立ち上がりました。

そして多くの翻訳の専門家を含む1000人以上のボランティアが関わり、2000頁以上に及ぶ(ふつうの本の4冊分)重厚な装丁の書籍が完成しました。
  ↓  ↓  ↓
『もうひとつのノーベル平和賞─平和を紡ぐ1000人の女性たち』(本体価格8000円・税込み8400円)を、DVD『1000人のピースウーマン』(3000円・プライベート視聴用) とのイベント特別セット価格9000円にて販売します。売り上げは印刷製本制作費用を賄うものです。
───────────────────────────────────
 With You さいたまフェスティバル
 ~ここからつながる ここからひろがる~ 公式ホームページ  

With You さいたま全館を会場として、埼玉県内で男女共同参画の視点を持って活動する団体・グループが、ワークショップや展示などにより日ごろの活動・研究成果を発表するイベントです。

参加48団体によるワークショップと展示

埼玉県男女共同参画推進条例制定10周年記念シンポジウム 
   「~みんなで話そう! 次の10年に向けて~」
    講師:国広陽子(東京女子大学教授) 
       鹿嶋 敬(実践女子大学教授)
    日時:2月6日(日)13:00~15:30
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<1000 PeaceWomen とは>
世界の平和を作りだしているのは、外交や平和条約だけでなく、世界の人々の目にとまらない日々の営み。
そしてそれは多くの場合、注目や賞賛とは無縁な女たちによって紡ぎ出されています!

平和とは、戦争がないという状態に留まりません。子ども、女性、障がいを持つ人々や危険にさらされる集団の保護、貧困の撲滅、環境汚染との闘い、カースト・人種・階級・性による構造的差別をなくす取り組み…。

そんな女たちに光をあてようと、2005年度のノーベル平和賞に、平和に貢献した1000人の女たちが世界中のあらゆる地域から、推薦され正式にノミネートされました。このアイデアは、スイス議会とヨーロッパ議会の女性議員たちを中心としたスイスのグループが2003年に提唱。世界各地の賛同者がスイスに集まり運営した国際的プロジェクトです。ノーベル平和賞の受賞は逃しましたが1000人を紹介する写真カード・書籍が出版され、地域や世界の平和を生み出す女性たちの重要な貢献に国際的な関心を喚起し、称える活動が続いています。

[PR]
by terakoya93 | 2011-01-27 00:57 | 寺子屋 ISSUES !
「こんな食事が体のために悪いのは知ってるけど、野菜1個よりバーガー2個の方が安い」

「毎日10万人が亡くなる」
「今の世界経済なら問題なく120億人が養える」
「とういうことは…餓死は殺人にほかならない」

北側では安価な「ジャンクフード」により蝕まれる健康、南側では「世界が飢えていくメカニズムがわかる」映画、『フード・インク』『ありあまるごちそう』─全国上映もうすぐ開始! 

生活必需品が価格だけで勝負され、生産現場の社会的人間的な恵みがズタズタに切り捨てにされた結果、富める国も貧しい国も共に不幸になっていく…。

自分からできること! 目先の値段だけで比べない、意識的な買い物。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ▼ ディスカッションクラス後期
  【シリーズ】世界の収奪システムを解体せよ ─ キーワードは脱成長! 
 ────────────────────────────────────────────────────
 How to minimize the effects of free-market globalization?
 自由市場グローバリゼーションの影響を最小限にとどめるには?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 1月29日(土)11:00am-1:00pm 担当講師:Malaya Ileto
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
◎今回は、キムに代わってゲスト・スピーカー。マラヤ・イレトさんです。

衣料メーカー Gap に対する、anti-sweatshop(労働搾取工場)キャンペーン活動から、フェア・トレードの重要性に関心を持ちインドの生産現場で働いた経験を持つマラヤさん、そのなかで見えてきたことをシェアして頂きます。

そして、
自由市場グローバリゼーションの影響を最小限にとどめるには?
──共に考える時間にしましょう。奮ってご参加を!!

マラヤ・イレトさんのプロフィール紹介サイト:
http://malayaileto.wordpress.com/

単発参加、振り替え参加希望の方は前もってメール連絡お願いします (^ ^) 。

<初めての方の見学(無料)も歓迎!>
ディスカッションクラスは見学してみて、参加を決めた場合には見学日も含めたお支払いをお願いしています。母子家庭&失業者割引あり。ご相談ください。
───────────────────────────────────
ディスカッションクラス:
土曜(月1~2回)11:00~13:00 @国立かけこみ亭
日 程 前半5回 (終了)
    後半5回 2011年1/15, 1/29, 2/19, 3/5, 3/19
(3月5日は、前後に変更の可能性あり。またご案内します m(_ _)m )
時 間 午前11時~午後1時(月1~2回 全て土曜日)
場 所 国立かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩2分)
受講料 残り4回参加 11000円/3回参加 8500円/2回参加 5600円 
単発参加 3,000円(参加日時をご予約ください)
入会金  3,000円(通常6,500円のところ)
───────────────────────────────────
貿易取り引きと言えば、無条件関税撤廃の自由貿易として日本が参加しようとしている、今話題のTPP、なんだかよくわからなかったのですが youtubeで、お勧め解説動画発見。
湯浅誠さんのツイッターから情報もらいました。12分でコンパクトにまとまっています。必見!
[PR]
by terakoya93 | 2011-01-21 10:02 | ディスカッションクラス
お正月気分はすっかり消えてしまった。早い~。いつも仕事優先で、ゆっくりする時間がたまに取れても、忙中閑ありの感がありませんか? (^ ^)ノ ●~*

ディスカッションクラス後期全5回始まります─お申し込み歓迎! 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ▼ ディスカッションクラス後期
 【シリーズ】世界の収奪システムを解体せよ ─ キーワードは脱成長! 

 「経済成長なき社会発展」をマジメに考える
 1月15日(土)11:00am-1:00pm 担当講師:Kimberly Hughes     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   
 Would the West actually be happier with less? The world downscaled
 実は西側はもっと持たないことでもっと幸せでは? 縮小された世界。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
政権交代への期待はものの見事に裏切られた管が…おっと感があります。自民党とどこが違うの? というより米国追従路線まっしぐらで、自民党より行き過ぎてる部分も…。

消費に貢献し大手メーカーを潤したエコポイントはまだ使える家電を廃棄させる反エコでもあったし、法人税減税は利潤を上げている企業にのみ有利で、もともと赤字の中小企業には恩恵はない。

    菅首相と経団連米倉会長とのやりとり

首相「雇用を守り、積極的な経済成長をさせていくための法人税減税だ。働く
皆さんにも分配されることを、経済界としてぜひ約束をしていただきたい。」
会長「約束というわけにはいかないが、法人税が下がれば企業の競争力が高まる。企業としてもっともっと投資ができ、雇用も増えていく。」

減税分は投資に使うと宣言されてしまっている…力関係が明らかです(+_+)。

それでも、日本社会の諸問題を解決し、閉塞感を打破するのは「経済発展、そしてそれによって生み出される(ハズの)雇用」しかないのだと大手のメディアも大合唱──本当にそうか?? 

近年注目を浴びている「経済成長なき社会発展」を提唱するフランスの経済学者、セルジュ・ラトゥーシュの書いた短いエッセイを読んで、経済成長しない社会を考えましょう。書かれた時期は2003年とちょっと古いけど、内容は全然古くありません。まさに2011年の私たちが直面している現実への提言。

私たちにできる大きな一歩は、自己中心で、仕事第一で、競争心理をかかえるアタマを切り替えること! 

年の始めに考えましょう─こちらです:
Would the West actually be happier with less? The world downscaled
実は西側はもっと持たないことでもっと幸せでは? 縮小された世界。
───────────────────────────────────
ディスカッションクラス:他のクラスからの振り替え参加も歓迎です (^ ^)
土曜(月1~2回)11:00~13:00 @国立かけこみ亭
日 程 前半5回 (終了)
    後半5回 2011年1/15, 1/29, 2/19, 3/5, 3/19
時 間午前11時~午後1時(月1~2回 全て土曜日)
場 所国立かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩2分)
受講料前・後半各5回 14,000円 
単発参加 3,000円(参加日時をご予約ください)
入会金  3,000円(通常6,500円のところ)
申込み郵便振替 00160-3-664041 英会話寺子屋へ
「ディスカッションクラス受講料」としてお振込下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[PR]
by terakoya93 | 2011-01-09 01:11 | ディスカッションクラス
正月あけに開催予定とお知らせしていた第2回クラウンアーミーワークショップ、詳細が決まったとのことでお知らせです o(^_^o)

クラウンアーミーの【参考動画】は、以前このブログで紹介したものと同じです。

   <以下転載>
第二回クラウンアーミーワークショップ参加者募集

みなさん、クラウンアーミーをご存知でしょうか?

クラウンアーミーとは、権威や権力、さまざまな支配関係に対して武器ではなく、笑いやへんてこりんなアクションを使い完全非暴力で立ち向かうピエロ軍団です。

昨年11月、ドイツから陸路、トールバイク(二階建て自転車)に乗って、六ヶ月の旅の末、クラウンアーミーのメンバー四人が東京にたどり着きました。彼らはクラウンアーミーの実践とワークショップによって、日本にもクラウンアーミーを広めたいとやって来た、若き伝導師たちです。

昨年12月に行われた第一回クラウンアーミーワークショップでは、何人かの日本人クラウンアーミーが誕生し、新宿のデモにも参加しました。そこで第二回ワークショップを開催します。
ワークショップでは、参加者が時間を共有して、一緒にトレーニングすることによって信頼感を築きながら、クラウンアーミーの考え方、方法論を学んでいきます。よって、全日(四日間)参加できる方のみの募集となります。
終了後、クラウンアーミーになるひとも、そうでないひとにも、貴重な経験になると思います。

★ワークショップ・スケジュール★
●1日目
1/10(月・休) 
集合:朝9時30分 国立駅南口改札前(時間厳守)
(10‐22時) ワークショップ 場所:スペースF

●2日目
1/11(火)夜(19-22時)スペースF

●3日目
1/13(木)夜(19-22時)スペースF

●4日目
1/16(日)全日(10-20時)スペースF

※2日目の予備日(11日に来られない人のための振替 *11日と同内容です。)
1/12(水)夜 (19-22時)かけこみ亭

※3日目の予備日(13日に来られない人のための振替 *13日と同内容です。)
1/14(金)夜 (19-22時)スペースF

【会場案内】
◎スペースF
東京都国立市中3‐11‐6
042‐573‐4010 中央線国立駅徒歩18分
http://bit.ly/eIyGbo

◎かけこみ亭
東京都国立市富士見台 1‐17‐12 S&Sビル地下
042‐574‐3602 南武線谷保駅徒歩3分
http://www.asahi-net.or.jp/~yi7k-ttn/kakekomi/map.html

【注意事項】
※上記の1日目~4日目(平日四日間のうち二日間を選択)の、全てのワークに参加できる方
※一日、千円程度のカンパ(会場費、必要経費など)をお願いします。
※11日と16日の食事はこちらで用意します。差し入れは大歓迎
※肉体的トレーニングもあるため運動に適した服装を持参してください。
※野外にも出るため、各自防寒の備えをしてください。
※お子さん連れの方は、事前にご相談ください。
※参加希望者は前日までに、下記連絡先までお申し込みください。

連絡・問い合わせ先
エンジェル
clownangel2011@gmail.com
ーーーーーーーーーーーーー
以下【参考動画】
新宿どまんなかデモに現れた彼ら。
OurPlanetTV の映像

その中でクラウン・アーミーをずっと追った映像

知る人ぞ知る「イルコモンズのふた」ブログに掲載のかれら

日本で最初のクラウン・アーミーによるバイ・ナッシング・デー・アクションの記録 

クラウン・アーミーはひとつの小さなグループではなく、ヨーロッパを中心とした、大軍団 (^ ^;) です。あちらこちらに現れて「権威」と「緊張」の最前線でそれをひっくり返す!
http://www.youtube.com/watch?v=MX0aQU9x0Z4&feature=related

警官も思わず笑っちゃう:
http://www.youtube.com/watch?v=YrwxqOTI0zI&feature=related

何が始まると思いきや:
http://www.youtube.com/watch?v=33KfC6ubXBw&feature=related

厳戒態勢の中を行進:
http://www.youtube.com/watch?v=AfUxch54h-Q&feature=related

[PR]
by terakoya93 | 2011-01-06 17:55 | 寺子屋 ISSUES !

思えば遠くに来たものだ

あけましておめでとうございます!  

「環境とフェミニズムの英会話寺子屋」年明けは1月11日、来週の火曜日から各クラス始まります。みなさま本年もどうぞよろしくお願い致します!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 新春第1弾 国立がんがんクラス SPECIAL─その1 
The Yellow Wallpaper『黄色の壁紙』を読んで考える
──自ら考えそれを表現することが、女性には過重であると考えられた時代
 1月13日(木)より数週間連続でじっくり読み進めます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
寺子屋国立クラス講師サマンサ・ランドーは、フェミニズムの視点での日欧比較文学研究者。特にHome and anxiety(家庭と不安)をテーマにしています。

「女性は男性と同じ人間なのだ」という常識は、ついこの間まで常識ではなかった。その時代に思いを馳せる時、ほんとうに短い期間(数百年・祖父母のそのまた祖父母あたりから今日まで…)でよくぞここまで遠くに来たものだという思いを新たにしてしまいます。

差別はいまだにあるけれど、過去の状況を知る時、得たものの大きさと先人の苦労を思うし、今日の状況もさまざまな揺り戻しを受けながらのその大きな流れの途上にあるのだと感じることができます。

大庭みな子、大江健三郎をこよなく敬愛するサマンサと、壮大な歴史のなかの女性作家たちと出会うスペシャルシリーズへ! 
The Yellow Wallpaper 『黄色の壁紙』は、発表当時衝撃的作品として大きな反響を呼び、その後70年代に女性の閉ざされた状況とそこからの脱出を表した作品として、女性の視点でおおいに再評価されたそうです。

こちらが原文。短編です:
Charlotte Perkins Gilman, The Yellow Wallpaper (1899)
http://www.library.csi.cuny.edu/dept/history/lavender/wallpaper.html

ネット上で見つけた訳文:
http://f59.aaa.livedoor.jp/~walkinon/wallpaper.html

ネット上で見つけた『黄色の壁紙』と著者シャーロット・パーキンス・ギルマ
ンについて写真と解説の載ったページから引用:
代表的短編「黄色い壁紙」は最初の夫がシャーロットの親友、グレース・チャニング(Grance Channing)と結婚、その女性に実の娘を託さねばならないという苦しい時期に書かれました。当時、すでに有名になっていた彼女に対して、マスコミは「妻」と「母」の役割を捨て仕事を優先したということで彼女を非難しました。実際17世紀末、米、セイレムの魔女狩りについても、家父長制が「母としての女性」を要求し、年老いた独身女性や未亡人など、子を産まない女性を魔女呼ばわりしたという史実があります。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/Jane_Eyre/Gilman_HP.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寺子屋レギュラークラスはいつでも見学できます! 
社会問題のタイムリーなトピックを題材に、おもわず「言いたいこと・聞き出したいこと」を、英語会話でも! とチャレンジしています。
世の中に言いたいことの多い人にはぴったり (^ ^;) ! ご参加お待ちします。
 ↓  ↓  ↓
───────────────────────────────────
2種類4つのクラス
●中野(中央線・中野駅から3分)
木 7:30PM~9:30PM  がんがんクラス

●国立(2ケ所:南武線・谷保駅から3分~7分)
火 2:30PM~4:30PM  ゆっくりクラス
木 3:00PM~5:00PM  がんがんクラス

●横浜(根岸線・関内駅から6分)
金 6:00PM~8:00PM  ゆっくりクラス

見学希望日をお知らせいただければ、最寄り駅からの道案内をメールします。
参加予約、お問い合わせ
───────────────────────────────────

[PR]
by terakoya93 | 2011-01-04 00:50 | 寺子屋レギュラークラス