個人的なことは政治的なこと、そして政治的なことは個人的なこと!


by terakoya93

<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

◎今週の木曜日です!─毎月1回、第1木曜夜 飛び入りも歓迎 (^ ^)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Queer & Gender Studies クイアー & ジェンダースタディーズクラス
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12月2日(木) 夜7時半~@中野LOUD 講師 Kimberly Hughes
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ゲイマリッジ徹底討論!?

婚姻制度、対幻想、恋愛至上主義 etc. あらゆる議論があり、それぞれの立場、人生の経験から、もちろん答えはひとつではない! 

生きがたさを感じ、「おかしいんじゃない?」と声を挙げる問題提起こそ重要と思うのだが…。

問題を感じさせまいとする圧力(それが「普通」で「当たり前」でしょ? と迫って来るプレッシャー)には常にあらがいたいけれど、「生きがたさ」を抱える者たち同士の葛藤と軋轢が、「社会秩序」という大きなパワーの前に、手法の対立として現れる。

人の関係を法律で「守る=縛る」ということについて、考えたいと思います。

参考資料ご案内します:
英語 Family Values for Everyone!
6ページと長いので逐一読むのではなく、当日は講師に内容を紹介してもらい
つつ進めます。

その他の参考サイト
(英語)civil rights front.com

(日本語)婚姻に疑問!のサイト
陽のあたる毛の会
デルタG
[PR]
by terakoya93 | 2010-11-29 11:20 | スペシャル・クラス
「北朝鮮からの砲撃」という「ショック療法?」を得て…
文部科学省が高校授業料無償化の見直しだとか、ちっとも外交的利益のない、
国内の好戦的&右翼的な人々に良い顔するだけの、どーしよーも無い日和見ぶ
りを示す今日この頃。。

メディアのキャッチフレーズを鵜呑みにするなかれ…で、2つ言いたい!!

【その1】突然、前触れも無く砲撃して来た…?! 
実は前日から、韓国軍は陸海空軍による全国的規模の軍事演習を強行してた。
問題の地域でも砲による射撃訓練をしてたとの指摘がある。参加数は正規軍7
万余人、軌道車両600台、ヘリコプター90余機、鑑定50隻、航空機500余機
と、途方も無い。これをやめる様に、やめなければ断固たる処置を取ると、北
朝鮮は警告していた。が、無視された。

朝鮮半島関係報道の歪み、評論家、報道人の勉強不足を叱咤し、ステレオタイ
プを斬るブログ──初老のトクさんより
 ↓  ↓  ↓
http://ameblo.jp/khbong/entry-10716329818.html

これは、韓国のリベラルな新聞『ハンギョレ新聞』にも「南側軍部隊が先に延
坪島で海岸砲射撃訓練をしたのだが…」との言及がある。
 ↓  ↓  ↓
〜http://bit.ly/fxuIEH

【その2】民間人にも被害との報道!
読売新聞の記事タイトル「民間人死者は建設作業員、海兵隊官舎の建設現場」
で分かる通り、基地内の建設作業員のことを民間人と言っている。戦闘につく
軍人ではないが、砲撃は基地に向けてのもので、私たちが「民間人」と言って
想像する家族団らん和気あいあいの平和な家庭が砲撃を受けたのではない。嘘
は言ってなくてもミスリード。
国境線間際のこの島全体が基地の島で、人口の殆どが軍人なのだ。
 ↓  ↓  ↓
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101124-OYT1T01030.htm

「砲撃を受けた民家」とされる映像が流れているが、先のトクさんによると;
破壊された建物が旧保安隊の施設であったことや弾薬庫を狙ったものであった
ことがわかっている。──韓国のインターネット新聞であるプレシアン情報
 ↓  ↓  ↓
http://ameblo.jp/khbong/entry-10717397950.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「さて、今週末に迫ったので、再度お知らせします!
 ↓  ↓  ↓
あらゆる戦争は利権で起こる! 巨大企業病はつねに戦争の火種でもある!!
TVに踊らされずに、地に足をつけて平和を生みだすことを考えていこう。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ▼ ディスカッションクラス
 【シリーズ】世界の収奪システムを解体せよ ─ キーワードは脱成長! 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地球的免疫反応で巨大企業病をやっつけよう!─ その2
 11月27日(土)11:00am-1:00pm 担当講師:Kimberly Hughes
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前回のクラスで、THE GOOD NEWS までを読み終わっています。
物質とお金がパワーを持つ巨大企業病を癒して、ガイア(地球)の生態系とマ
ッチした命のパワーあふれる世界をどう作り出して行くのか、記事の残りを読
み、一緒に考えます。

Evoking Earth's Immune Response to Mega-Corporate Maladies
http://www.kyotojournal.org/biodiversity/BD_print/04/KJkubiak.pdf

───────────────────────────────────
土曜(月1~2回)11:00~13:00 @国立かけこみ亭
日 程 前半5回 10/9, 10/23, 11/20, 11/27, 12/11
    後半5回 2011年1/15, 1/29, 2/19, 3/5, 3/19
時 間午前11時~午後1時(月1~2回 全て土曜日)
場 所国立かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩2分)
受講料前後半通し全10回 26,500円 前・後半各5回 14,000円 
単発参加 3,000円(参加日時をご予約ください)
入会金3,000円(通常6,500円のところ)
申込み郵便振替 00160-3-664041 英会話寺子屋へ
「ディスカッションクラス受講料」としてお振込下さい。
───────────────────────────────────
講師
Darrell Moen, Ph.D.
芝浦工業大学教授、一橋大学、津田大学講師、文化人類学者、Peace Activist 
Kimberly Hughes
フリーランス記者・翻訳者 立教大学・大東文化大学講師、Peace Activist
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by terakoya93 | 2010-11-26 02:08 | ディスカッションクラス
今週末に迫ったので、再度お知らせします─久々のディスカッションクラス!
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ディスカッションクラス
 【シリーズ】世界の収奪システムを解体せよ──キーワードは脱成長! 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 世界の収奪システムとは??──その2
 11月20日(土)11:00am-1:00pm 担当講師:Darrell Moen, Ph.D.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
トランスクリプト(映像の中の言葉を書き写したもの)はこちらです。
がんばってぜひ、事前に読んで来てください! 一度読んでいればすさまじく早口の英語の聞き取りが格段に楽になります。
 ↓  ↓  ↓
トランスクリプト:フィルム後半部分
Breaking the Bank II: Mobilization for Global Justice, May 2000
────────────────────────────────────────────────────────
前回(1ヶ月以上前!)、フィルムの前半を観ました。

世銀(World Bank)、WTO、IMF の不道徳な三位一体「Unholy Trinity」の手口、貸し付けて借金地獄に陥らせ、その国の福祉や教育を破壊してしまう、まさに高利貸し! 
その実態に怒る、ありとあらゆる人々のデモンストレーションの現場インタビューです。

後半は著名な活動家たち、フォーカス・オン・ザ・グローバル・サウス(フィリピン)の代表ウォールデン・ベローや、インドのヴァンダナ・シバ、マイケル・ムーアも登場。ダム建設で追われ殺される少数民族の姿や、かつて華々しく喧伝された「緑の革命」の一時的量産の後のすさまじいダメージなどが語られると共に、非暴力抵抗運動に集まる人々の怒りとエネルギーと連帯の喜びの声を伝えています。

大きな力にコントロールされた主流メディアが伝えない、あるいはねじ曲げて伝えるニュースに対抗し、民衆の抵抗運動と情報伝達もグローバルに展開するようになってきた。ツイッターの情報共有の早さ! WikiLeaks も出て来た。
「何それ?」という世代から、当たり前にネットとつき合う世代へと時代も進む。英語は残念ながら (@_@) ますます必須に!!(^ ^;)

機密告発サイト・ウィキリークスの衝撃(動画あり)


●こちらは来週の予告です!! テーマは連動しています (^ ^) 。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地球的免疫反応で巨大企業病をやっつけよう!─ その2
 11月27日(土)11:00am-1:00pm 担当講師:Kimberly Hughes
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前回のクラスで、THE GOOD NEWS までを読み終わっています。
物質とお金がパワーを持つ巨大企業病を癒して、ガイア(地球)の生態系とマッチした命のパワーあふれる世界をどう作り出して行くのか、記事の残りを読み、一緒に考えましょう。
Evoking Earth's Immune Response to Mega-Corporate Maladies

────────────────────────────────────────────────────────
土曜(月1~2回)11:00~13:00 @国立かけこみ亭
日 程 前半5回 10/9, 10/23, 11/20, 11/27, 12/11
    後半5回 2011年1/15, 1/29, 2/19, 3/5, 3/19
時 間午前11時~午後1時(月1~2回 全て土曜日)
場 所国立かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩2分)
受講料前後半通し全10回 26,500円 前・後半各5回 14,000円 
単発参加 3,000円(参加日時をご予約ください)
入会金3,000円(通常6,500円のところ)
申込み郵便振替 00160-3-664041 英会話寺子屋へ
「ディスカッションクラス受講料」としてお振込下さい。
────────────────────────────────────────────────────────
講師
Darrell Moen, Ph.D.
芝浦工業大学教授、一橋大学、津田大学講師、文化人類学者、Peace Activist 
Kimberly Hughes
フリーランス記者・翻訳者 立教大学・大東文化大学講師、Peace Activist
[PR]
by terakoya93 | 2010-11-18 02:35 | ディスカッションクラス

万国の労働者よ、休め!

レギュラークラスの番外編『Which Witch is My Mother? 』とQueer & Gender Studies スペシャルクラス『13 Grandmothers』、どちらも面白かった!! ご参加の方、ありがとうございました! また企画します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
英会話寺子屋レギュラークラス・木曜日のトピック案内です
 Workers of the world, relax 万国の労働者よ、休め!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
仕事が無い人たちと、働き過ぎの人たちがいる。
なんで分かち合えないのー? つーのは素朴すぎる疑問だろうか。
 
週21時間労働を基準に! お金より時間という報酬を! という主張がある。

だがこれに最も抵抗するのが、仕事が無い人たちと、働き過ぎの人たちだ。
生きるために働くのか、働くために生きるのか? 労働って何? 

仕事を終えて家に帰って、子どもと一緒に夕食をとりながらおしゃべりするという家族がめずらしくなってしまった。

労働の生産性を上げれば「少ない労働時間で豊かな暮らしを実現できる」と言われて来た。生産性は最優先で常に向上している。でも労働時間は減ってこない。
雇用の状態を同じレベルのままに、生産性を上げたなら、その結果は、より多くの生産物とより多くの消費。さもなくば、失業者の生産。そのどちらかだ。

『Workers of the world, relax 万国の労働者よ、休め!』という記事を読みます。雑誌 New Internationalist からの抜粋。

参加希望の方には資料をお送りしますので、メールでご請求ください。他のクラスからの振替、単発参加、共に歓迎 \(^ ^)/
────────────────────────────────────────────────────────
<がんがんクラス国立> 木 15:00~17:00・かけこみ亭
 講師 Samantha Landau 
<がんがんクラス中野> 木 19:30~21:30・スペースLOUD
 講師 Gale Kienlen
────────────────────────────────────────────────────────
[PR]
by terakoya93 | 2010-11-16 11:31 | 寺子屋レギュラークラス
ディスカッションクラスにお申し込みの方には既にお知らせ済みの情報です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<日程変更>── 11月13日(土) → 11月20日(土)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
単発参加の検討中だった方、ごめんなさい! 11月13日はキャンセルです。
翌週20日の開催となりました。どうぞお間違えなきよう!!
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ▼ ディスカッションクラス
 【シリーズ】世界の収奪システムを解体せよ ─ キーワードは脱成長! 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 世界の収奪システムとは??─ その2
 11月20日(土)11:00am-1:00pm 担当講師:Darrell Moen, Ph.D.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
トランスクリプト(映像の中の言葉を書き写したもの)はこちらです。がんばってぜひ、事前に読んで来てください! 理解がぐっと深まります。
Breaking the Bank II: Mobilization for Global Justice, May 2000

メディアが作る、デモンストレーションに集まる人々のイメージは過激派かテロリスト、はたまた単なるお祭り騒ぎ好きな、政治音痴の若者だったりする。

しかし、集まっているのは実に様々な分野の人々で、実はメディアの流すスポンサー付き解説よりもずっと、構造的な問題の本質が見えていて耳を傾けるべき情報にあふれています!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地球的免疫反応で巨大企業病をやっつけよう!─ その2
 11月27日(土)11:00am-1:00pm 担当講師:Kimberly Hughes
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前回のクラスで、THE GOOD NEWS までを読み終わっています。
物質とお金がパワーを持つ巨大企業病を癒して、ガイア(地球)の生態系とマッチした命のパワーあふれる世界をどう作り出して行くのか、記事の残りを読み、一緒に考えましょう。
Evoking Earth's Immune Response to Mega-Corporate Maladies

───────────────────────────────────
土曜(月1~2回)11:00~13:00 @国立かけこみ亭
日 程 前半5回 10/9, 10/23, 11/20, 11/27, 12/11
    後半5回 2011年1/15, 1/29, 2/19, 3/5, 3/19
時 間午前11時~午後1時(月1~2回 全て土曜日)
場 所国立かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩2分)
受講料前後半通し全10回 26,500円 前・後半各5回 14,000円 
単発参加 3,000円(参加日時をご予約ください)
入会金3,000円(通常6,500円のところ)
申込み郵便振替 00160-3-664041 英会話寺子屋へ
「ディスカッションクラス受講料」としてお振込下さい。
───────────────────────────────────
講師
Darrell Moen, Ph.D.
芝浦工業大学教授、一橋大学、津田大学講師、文化人類学者、Peace Activist 
Kimberly Hughes
フリーランス記者・翻訳者 立教大学・大東文化大学講師、Peace Activist
[PR]
by terakoya93 | 2010-11-04 01:11 | ディスカッションクラス
◎毎月1回、第1木曜夜 飛び入りも歓迎! ……ご一報ください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Queer & Gender Studies クイアー & ジェンダースタディーズクラス
  13 Grandmothers ─ 13人の先住民グランマからのメッセージ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11月4日(木) 夜7時半~@中野LOUD 講師 Kimberly Hughes
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
それは商業主義でつくられたイメージだ。奪われた尊厳を取り戻す時が来た!

おりしも生物多様性会議(COP10)にぎにぎしく名古屋で開催中。
ネーミングと自然がいっぱいのポスターのイメージで、あたかも「命が大事。地球環境を守ろう」と各国の代表が議論しているかのよう。

はてさてその実態は…ここでもまた政治的利害のバトル! それも生命のしくみにその手をつっこんで、どこまでお金に換えて商売できるか、誰が儲けるかのせめぎ合いだ。 国家間で、目先の利害で、勝手に決めるな! 

もっともっと悠久の時をイメージし、すべての生命のつながりの中でわたしたちが生かされていることを知り、7世代先を見越した今を生きるための提言をたずさえ、13人の先住民グランマが名古屋~長崎を訪問中! 

暴力的な国家間の対立や、若さと勝ち残りの価値観は、とっても家父長的!

長い人生経験を持つ長老の女たちが尊重され、その言葉と祈りが人々を導く、そんな先住民の政治(まつりごと)は、大きな方向転換への灯明だ。

もう奪い合っている時じゃない。地球全体で生き残らねばならないのだから! 

まずは こちらの映像を!
おばあちゃんたち、カッコいい!! あれ、ひとりじーちゃんが…と思ったら、ダライ・ラマだ。チベット民族も先住民であった…。

グランマのひとりクララ・シノブ・イウラからのメッセージと、彼女たちを取り上げた短い記事の2つを読んで、語り合います。
参加希望の方にはワードに落としたテキストをメールしますのでご請求下さい。
 ↓  ↓  ↓
13 Grandmothers─We Must Awaken Our Highest Seelves

Grannies with a mission
[PR]
by terakoya93 | 2010-11-02 00:30 | スペシャル・クラス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
レギュラークラスの番外編! ─大庭みな子『山姥の微笑』より─
 Which Witch is My Mother? (どっちの魔女が私の母?)
 11月4日(木)午後3時~5時 国立かけ込み亭にて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
木曜午後のがんがんクラス、担当講師 Samantha Landau による、スペシャルプレゼンテーションのご案内です。

Samantha は ICU 博士課程在籍で、日欧比較文学を専攻。研究テーマは「家族と不安 Family and anxiety」…文学の中に現れる家族のイメージ、家族というものの力関係の構造、かかえる不安等々を女性の視点で深く分析しています。

積極的に研究発表する機会を得ている彼女に、寺子屋でもやってもらうことにしました。\(^ ^)/

当日取り上げるのは、近代文学の巨匠、大庭みな子の短編『山姥の微笑』。
平凡な女の人生のスピリットと、山に棲み人の心を読み迷い人を喰らう山姥のそれとを、重ねあわせて語っているストーリーです。

平凡な女の人生ってなんだろね!? 秋の午後に考えましょう。

参加希望者へは資料を郵送しますので、住所記載の上でメールでお申し込みください。
[PR]
by terakoya93 | 2010-11-02 00:17 | 寺子屋レギュラークラス