個人的なことは政治的なこと、そして政治的なことは個人的なこと!


by terakoya93

<   2009年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

直前になったので、再度お知らせ! 
土曜のスペシャルクラス「時代は映像!」の最終回です。どなたもどうぞ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
明後日! 『Community』
マイナスの状況から立ち上がったバングラディッシュ女性の
地域再生パワー!

───────────────────────────────────
12月19日(土)11:00am〜「時代は映像!」クラス 担当 Darrell Moen
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
資本主義社会は、「終わりの始り」の時代を過ぎて「終わりの終わり」に差し掛かかっている…と感じてる。年金も国債も国の対借款も、もうマネーはぐちゃぐちゃで、かつ膨張しすぎて収拾がつかない! 

市場原理主義で、なんとか勝ち残ろうとビジネス界は必死だが、終わりのない競争を続けていないと生き残れないなんて、何と悲惨なことだろう。
これが人類が求めてきた幸福な社会?!

儲からなくていい。人とつながり助け合いながら人生を楽しんで生きていければいい。やがて、地域自立型経済がきっと台頭してくる! 個人や核家族が大手企業の消費者として孤立している時代から、銀行も、エネルギーも、食も、教育や福祉も、基本的に地域が賄う力をつけ地域経済をまわす時代へ。他の地域との直接交渉で輸出入もするが、基本的に地域だけで生きられることを目指す、効率の悪い、しかし人間味のある自立社会! 

世界経済のしわ寄せを真っ先に受けて来て、一日に一食しか食べられなかったバングラディッシュの村の暮らしから、誇りと希望を見いだす暮らしへの変革には、不満や悩みを共有するグループ作りと女たちのエンパワメントが不可欠だった!──変化を体験した当事者が語る映像『Community』を観て、語り合います。資本主義に追い詰められた私たちの再生のヒントも得たい! 
───────────────────────────────────
フィルムは短いもので、英語も難しくありません。
単発参加をお考えの方も、ダウンロードして読んでみて下さい。(アクセスできない方には送りますので、メールでご請求ください)
→ こちらです

【会場】
かけこみ亭 国立市谷保駅徒歩2分
白壁に映す大きなスクリーンと、ライブハウス仕様の音響で映像が楽しめます!

【参加費:参加が多いほど割安 (^ ^) 】
単発参加 3500円 他のクラスからの振替え参加 500円
入会金サービス:3000円(通常6500円のところ)
(来年以降も、映像を観て考えるクラス企画して行きます!)
[PR]
by terakoya93 | 2009-12-18 17:13 | スペシャル・クラス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いよいよ登場! 伝説の授業─「A Class Divided」
  ──『青い目・茶色い目─教室は目の色で分けられた』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
たった15分─子どもたちに芽生えた、あらわな偏見と態度の変化。

差別を受けている者が日々向けられる、あるいは内面化してしまうコトバを、エリオット先生は容赦なく白人の子どもたちに向けた…1968年、米国アイオワ州での差別体験実験授業は、40年たった今も人権教育教材として多くの教育機関等で使われ、未だに新鮮だ─それって、差別が日常的にまだまだ全然なくなっていないということ。日本でも!

現代日本におけるすさまじい差別について書かれたお勧め2冊!
───────────────────────────────────
『差別と日本人』野中広務、辛淑玉(角川書店)
なんと、37万部突破の売れ行きだそうです。2人の対談を収録し、随所に的確な史実などの解説が辛淑玉さんの手で書かれています。対談の終盤が圧巻!
 
『在留特別許可』サーム・シャヘド、関口千恵(明石書店)
オーバーステイとなったバングラデシュ人との婚姻を、日本の国に阻まれた。強制送還を阻止すべく、ありとあらゆる手段を講じて夫の『在留特別許可』を勝ち取るまでの記録。
著者関口さんは後に、境分万純の名で優れたジャーナリズム活動を展開し、今年の、やよりジャーナリスト賞を受けました!
───────────────────────────────────

もちろん差別対象者は他にもいーっぱい存在する─しょうがい者・女性・性的マイノリティ・ホームレス状態の人・病者・子ども・高齢者…てんこ盛りだ!
非差別体験を意識化しない限り、日本もまた他者を貶めることで成立している既得権社会なのだと理解することは難しい。

非差別体験のショック療法の映像─ネットでも公開されています

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
12月5日(土)11:00am〜「時代は映像!」クラス 担当 Kimberly Hughes
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「時代は映像!─ FILM & DISCUSSION CLASS」全4回
土曜の遅い朝に、映画とディスカッション。コーヒー or 野草茶つき (^ ^)
 11月7日・11月14日・12月5日・12月19日 全て土曜日 11:00〜13:00
───────────────────────────────────
第1回 11月7日『冬の兵士』前半 担当 Darrell Moen
第2回 11月14日『冬の兵士』後半 担当 Kimberly Hughes
第3回 12月5日『教室は目の色で分けられた』担当 Kimberly Hughes
第4回 12月19日『Community─フィルム変更!』 担当 Darrell Moen
───────────────────────────────────
【講師紹介】
● Darrell Moen, Ph.D.
芝浦工業大学教授、一橋大学、津田大学講師、近年の社会運動と人権問題に
関心を持つ、文化人類学者、Peace Activist 
● Kimberly Hughes
フリーランス記者・翻訳者、東京経済大学・立教大学・大東文化大学講師、
Peace Activist

【会場】
かけこみ亭 国立市谷保駅徒歩2分
白壁に映す大きなスクリーンと、ライブハウス仕様の音響で映像が楽しめます!

【参加費:参加が多いほど割安 (^ ^) 】
全4回12,000円/3回参加 10,000円/2回参加 6500円/単発参加 3500円
他のクラスからの振替え参加 500円
入会金サービス:3000円(通常6500円のところ)
[PR]
by terakoya93 | 2009-12-06 15:38 | スペシャル・クラス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□─英会話寺子屋より、お知らせ3つ─□■
【1】12月3日─英語で学ぶ! クイアー&ジェンダースタディーズ 
【2】さらば戦争!映画祭 12月12日(土)
【3】寺子屋の冬休み 12月22日〜2010年1月9日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1 ▼ 12月3日─英語で学ぶ! クイアー&ジェンダースタディーズ 
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
12月3日、第4回め(=今期のラスト)のトピックは:
ドキュメンタリー「分断の町で」の監督さんへのインタビュー記事(『Kyoto Journal』)を、記事を書いた(=監督さんと語り合った)キムと一緒に読み、考えます!
雑誌『Kyoto Journal』

ドキュメンタリー「分断の町で」の内容:
エルサレムにあるゲイバー「シュシャン」には、宗教、民族、差別の壁を越えて、レズビアンやゲイが集う。ヨルダン川西岸から危険を冒し壁を越えてやって来るパレスチナ人のブーディ、ユダヤ人とアラブ人のレズビアン・カップルであるサミラとラヴィトの抱える家族との軋轢や、自身の抱える葛藤…すぐれ
たドキュメンタリーとして絶賛されています。

こちらが映画の公式サイト(予告編画像付き)

他クラスからの振替え&初めての方の見学歓迎!─来年も開催する予定 (^ ^)
★12月3日(木)午後7時半〜9時半
★場所 スペースLOUD(中央線中野駅から徒歩3分)

┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2 ▼ 「さらば戦争! 映画祭」
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
近年、各種映画祭が盛りだくさんで喜ばしいっ! この日も丸1日の上映会。

特に、最初の『パリのモスク』(26分)は、第二次大戦下のパリで、イスラム教徒がナチスに追われるユダヤ人救出のため働いたという知られざる史実!

語られる歴史と、語られない歴史がある。歴史のリテラシー力を付けなくちゃ。
ETV特集:日本と朝鮮半島2000年「豊臣秀吉の朝鮮侵略」。おータイトルに「侵略」の文字が! 学校で
は「侵略」とは習わなかったなー。「出兵」でした。400年以上経ってやっと…?!

会場へのアクセスは、JR水道橋駅徒歩6分、御茶ノ水駅徒歩9分、地下鉄神保町駅徒歩7分とのこと!
───────────────────────────────────
■日時
2009年12月12日(土)
10時開演 20時半閉会(予定)

■場所
在日本韓国YMCA 9階 国際ホール

■上映作品 (タイムテーブル)
・『パリのモスク』:デリ・ベルカニ
  A forgotten Resistance : The Mosque of Paris
  Dir. Derri Berkani
  (1991/フランス/カラー/26分)
・『花と兵隊』:松林要樹
  (2009/日本/カラー/106分)
・『るんみの場合』:佐々木芳彦
  (2009/日本/カラー/28分)
・『朝鮮の子』:朝鮮の子制作委員会、在日朝鮮映画人集団
  (1955/日本/モノクロ/30分)
・『ヒロシマ・ピョンヤン』:伊藤孝司
  (2009/日本/カラー/90分)
・『記憶にございません〜きのこ雲を探して〜』:国本隆史
  (2009/日本/カラー/70分)
他 お昼に満蒙開拓団の短編ドキュメンタリーを上映。

■チケット(メールまたはFAXでお申込み下さい)
前売り券2000円 当日券2500円
途中入退場可、全席自由
障害者手帳提示で1500円(付添い1人まで1500円)
被爆者・中国残留邦人の方 当日申告1500円

┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3 ▼ 寺子屋の冬休み ●12月22日〜2010年1月9日●
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
例年どおり、クリスマス週〜1月9日まで、英会話寺子屋は冬休みです。
新年からのクラスについて、いろいろ企画してお知らせします。クラス参加希望者のご要望、ご意見歓迎です (^ ^) 。
オーガニック・フェアトレードチョコレート注文中! もうすぐお目見えです。
[PR]
by terakoya93 | 2009-12-03 13:58 | スペシャル・クラス