個人的なことは政治的なこと、そして政治的なことは個人的なこと!


by terakoya93

<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

派遣切り対策の「ワーク・シェア」の美談化(=特に介護現場で)を、大いに
危惧しています! その話は次回にして、まずは色々春のお知らせを。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】今週以降の寺子屋トピックス (^ ^)
【2】2月末〜新規ディスカッションクラス募集開始─オバマ後の世界と日本 
  【注】 募集内容変更しました! 
   
新しい情報はこちら!→ 仕切り直し─で、先行予約割引ありの再募集
【3】2月11日 ♪ o(^_^o) 寺子屋新年会 (o^_^)o ♪ 恒例福引き付き
【4】WELL RETREAT 英語三昧の合宿 ^ ^;) …ご一緒しませんか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━┓
┃1┃今週以降の寺子屋トピックス (^ ^) 
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ゆっくりクラス:
ー話題のアリス・ウォーカーの絵本
WHY WAR IS NEVER A GOOD IDEA『なぜ戦争はよくないか』
ピューリッツア賞を得、スピルバーグの映画にもなった『カラー・パープル』
の著者アリス・ウォーカーが、子ども向けの絵本を出版。絵も味わいながら、
読み進めます。
ーカナダの高校生を教える先生向け人権教育資料ガイドブックを使って
「アジアにおける戦時の人権侵害」の部分のコピーを読みます。アジア・太平
洋戦争…戦争とその悲惨さ、そして人権侵害について語るための語彙や表現を
読みながら学びます。
 
●がんがんクラス:国立クラスでは、前回お伝えした吠える ^ ^;) シンディ
シーハンを扱いますが、続いて講師 Gale の選んだ記事 Killing can never
be proportional を読んでいきます。イスラエルとパレスチナは、不均衡の
闘いというが、そこにだけ注目するメディアに警鐘を鳴らします。いったい均
衡論のなかで、どんな殺人も、理性的に正当化できるというのだろうか? な
かなかチャレンジングなテーマ…。
また、中野LOUDクラスの方では、攻撃を受けているさなかの、ガザからの
現地ロイター記者のレポート記事を読みはじめます。

【注】 こちらの2番目の情報は、募集内容変更しました! 
 
新しい情報はこちら!→ 仕切り直し─で、先行予約割引ありの再募集
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  
┏━┓ご予約下さい!─2月末〜新規ディスカッションクラス募集開始 
┃2┃「オバマ後の世界と日本」&時々ゲスト講師の12回
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イスラエルと深い関係にあるアメリカ、オバマの政治手腕に注目しつつ、日本
との関係や、これからの世界について─もちろんグローバリゼーション末期の
これからの世界について、俯瞰できるような、あるいは事例から眺めることの
できるような記事、文献をその時々に応じて提供。一緒に考える時間にします。
そして、挿入トピックとしてゲスト講師を何回か迎えます!

【ゲスト講師・その1】
有名なカナダの団体、ZOOCHECKから、代表の
Rob Laidlaw さんが来日。3月7日、寺子屋クラスのゲスト講師として来て
下さいます! 

動物園は、子どもの頃に慣れ親しんで良いことと刷り込まれていて、異議を唱
える人は多くありません。けれど見せ物としての動物園は衰退し経営も行き詰
まっています。
そこで動物園の必要性を教育的意義と、研究機関として見いだそうとしていま
すが、自然界から離して閉じ込めておく教育的意義とは? 動物園での研究が
野生動物の保護・保存に本当に役立つのだろうか? 等をお話し頂く予定です。
他にも、動物について何でもお答えします! とのこと。

クリック!→ Rob さんの Youtube トーク・フィルム

【ゲスト講師・その2】
インド留学中の元寺子屋講師、ケイト・ストローネルが5月〜7月に日本に滞
在予定。2回ほどゲストとしてインドでの研究成果を披露してもらう予定。

乞うご期待!!─参加予約必要です。
───────────────────────────────────
全12回=月1〜2回土曜日 午前11時〜午後1時(英文読解中・上級者向け)
講師:Kimberly Hughes (Peace Activist、大学教員)と、ゲスト講師
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日 程:
2月28日、3月7日・28日、4月11日・25日、5月16日・30日、6月13日・27日、
7月11日・25日、9月5日(全て土曜日)

時 間:午前11時〜午後1時 英語のみで2時間、オ−ガニック・コーヒー付
参加費:全12回…28,000円 10回…26,500円 8回…22,000円 
    単発参加…3,000円 寺子屋入会金…6,500円
期間中、他の寺子屋レギュラークラスへの振り替え受講もできます。
会 場:国立・かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩3分)
お申し込み・お問い合わせ:zv6m-ishr@j.asahi-net.or.jp

┏━┓<要予約です>
┃3┃2月11日(水)1:00PM〜 o(^_^o) 寺子屋新年会 (o^_^)o ♪ 
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
年に1度の「寺子屋新年会」、午後1時〜ランチタイムに開催
参加費1200円(ランチ+ソフトドリンク+福引き+ミニ・コンサート付き)
(但し、お酒をちょっと飲む人は1600円、たくさん飲む人は2000円)
今年の「福引き」は、なかなか良いよ〜! 当たり外れはありますが… ^ ^;) 。
福引きと食事の準備上、事前予約が必要です! たくさんご参加待ってま〜す。

┏━┓2月13日(金)〜15日(日)
┃4┃WELL RETREAT 英語三昧の合宿 ^ ^;) …ご一緒しませんか? 
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
WELL RETREAT は、語学を教え学ぶ女性たちの研修会ですが、国籍の異なる
女性同士の情報交換&くつろぎの場であり、日本あるいは海外における女性問
題について、ワークショップやプレゼンテーションを行う場でもあります。
日英バイリンガルとうたっていますが、まぁ、英語が主ですね。。英語漬けに
なるにはもってこい(?)です。

2泊3日の宿泊費と研修参加費全てで7000円、1泊2日なら4500円と
格安 (^ ^) 。場所は埼玉県の国立女性教育会館(NWEC)。最寄駅は東武東
上線の武蔵嵐山駅で池袋から1時間です。

久々に、WELL(Women Educators and Language Learners) 合宿に
遊びに行こうと思っていたら、国立市民企画ピース・ウィークに寺子屋が参加
した時の映画上映をやって欲しいと頼まれました。

クリック!→ 今年の研修プログラム
2月14日(土)
佐々木 薫 「ワンネス(コミュニケーション・スキル)とドラム・サークル」            
小山 恵子 「水俣病」            
野澤 佳奈・マッケイン 「国際結婚願望」      
パット・オルムスビー 「日本初の外国人神主」       
白木 千恵子 「日本人旅行者」           
ルビー・小川 「絆:日本とアメリカをつなぐ」            
石原 みき子 「ドキュメンタリー・戦争成金たち:イラクの悲劇」           

2月15日(日)
斎藤貴子 「平和教育:長崎」            
岡野内 恵里子 「メディエーション(和解支援)」          
カレン・マッティソン 「自己催眠療法ワークショップ」

私は、ドラム・サークルとメディエーション(和解支援)に興味があります!
メディエーションは日本語では自主和解支援などと呼ばれるADR(裁判所外
紛争解決など)の一手法。公正公平、人権擁護、非暴力が根本原則で、紛争当
事者が本音で話し、相手の話も良く聴くことで、何が問題で、どうしたいのか、
どうしたら皆にとって良いのか、勝ち負けではなくて双方が納得できる建設的
な合意/解決(win-win)を目指すものとのこと。

[PR]
by terakoya93 | 2009-01-22 13:56 | ディスカッションクラス
────────<言わずもがな note:大きめの紫の文字をクリックすると情報に届きます!>
もーっっ! オバマはトーンダウンしてっ! どうしたのっ!!!!!(怒)
とお思いの皆様(も、多いことでしょう…)。なん〜で、ガザ攻撃について、
なんにも言わないっ!!! はぁ〜っ。アンタもイスラエルの巨額のサポート
からは自由ではない…の、ね。 ソウハ オモッテ イタケレド…。。
貧しい暮らしの中から10$、20$を寄付してきた多くの人たちにとって、そ
の10$、20$は、ユダヤ資本の巨額マネーと同じかそれ以上の重みがあった
ことでしょうに…。

「ね、選挙キャンペーンは終わったってわかっちゃったよね?」と、テレビ・
キャスターでコメディアンの Jay Leno は言うし。
この Jay Leno の記事 、明日からの寺子屋クラスで使います (^ ^) 笑
える!

イスラエルを支援する企業の数々は、 こちら!
このサイトは古くからありますが、あらためて今、確認したい! 私たちの暮
らしに深く入り込み過ぎてる企業ばっかし。
スタバ・マクド・ディスニー・コカコーラ・マイクロソフト・インテル・ネス
レ…。。 

既に、色んなMLで日本語訳も流れ始めましたが、ついにシンディ・シーハン
が吠えた!! この人の言葉は実に小気味いい! 待ってました!

こちらが日本語訳です=仮訳と記されていますが、翻訳の貢献者はハンド
ル名「どすのメッキー」さん。この方、本当に重要なメッセージをこれまでも
広く伝えてくれている方ですが、「年末からガザに関する情報を、知人の皆さ
んにお送りしてきました。しかし、このメッセージほど多くの人に発信したい
ものはありません!」という、熱いコメントがついています! 

(一部紹介…)
「わたしは戦争自体否定しない。愚かな戦争に反対するだけだ」と言ったでしょう?
 私はここで、オバマに言いたい。戦争は愚かではありません。戦争は「邪悪」なのです! ここアメリカの貧しい黒人に対する戦争から、アメリカとイスラエルががアラブの人々を侵略するために行った虐殺まで、あらゆる戦争が邪悪です。戦争と言うものは、例外なく、完全に、絶対的に、議論の余地なくむごたらしく、邪悪なのです。


そしてこちらが原文。寺子屋クラスでは原文で彼女の思いを味わっていきます。
新春寺子屋、ご参加ください、お楽しみに!(クラス案内はホームページを!)
[PR]
by terakoya93 | 2009-01-13 00:54 | 米国はどこへ行く?
新年のご挨拶を申し上げます m(_ _)m 。

緩慢な死に追いやる派遣切りの横行する日本、パレスチナでは大虐殺が進行中、
とーてもとーても、めでたいと言えない09年の年明けです。

──事態が本当に最悪になった時には、底を打って反転もするのだ!(と、思
いたい!)グローバリズムの凶暴な荒波が遅れてやって来た日本でも、やっと
「おかしい」という認識が一般化しつつある。


そこで、"MULTITUDE"(マルチチュード)! (o^-')b

 ↓  ↓  ↓ 
ディスカッションクラス●─ "MULTITUDE"(マルチチュード)を読む! 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第8回1月10日(土)11:00am〜 TWO ITALIANS IN INDIA
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
"MULTITUDE" には、様々な寓話が挿入されていますが、そのひとつ「インド
を旅した2人のイタリア人」という短い寓話を読んで、西欧基準を考えます。

「違い=特異性」をグローバルな西欧社会の世界基準の元で競争させると、西
欧以外は最初から不利な「自由競争」を強いられてしまう。英語をはじめとす
るヨーロッパ語が自国語でないことも含めて、生まれながらの違いも「自己責
任」という世界だ。

この世界基準から自由にならなければ、マルチチュードの概念は手に入らない。
合わせるべき基準などない、特異であることをそのままにコミュニケートしつ
つ世界を変えるマルチチュードパワー。自ら築いてきた土台をくずすチャレン
ジ「unlearn(学んで来たことを捨て去る)」は、寺子屋キーワードの1つだ
けど (^ ^) 、あるべき姿=基準に合わせなきゃというこだわりを捨てて、そ
のまんまの自分で、競争しないで共にあることをこそ選んで、お互いに生き延
びて行こう!

小泉首相(当時)が「痛みをともなう改革を!」と言って人気を博したころ、
みんな「痛み」が、実は致命傷なんだとは気付かなかった。
その頃「本当に怖いことは、最初は人気者の顔をしてやって来る」という社民
党土井たか子委員長(当時)の選挙用CMが、自民党からの抗議を受けた各放
送局の「自主規制」で消えたけど、本当のことを言ったから弾圧されたんだね。

そして、パレスチナ侵攻。
圧倒的に弱い相手に向かう、世界屈指の軍隊というおぞましい構図!

資本主義の、自由な競争社会では戦争は決してなくならない。
武器の需要とそれによる軍事産業の素晴らしい発展は、戦争のない社会では意
味をなさない。武器が意味を持つために、社会は常時恐怖をあおられなければ
ならない。テロは新自由主義の生んだひずみの必然でもあり、また新自由主義
的な経済にとっての最大の貢献者でもある。強力な武器の使用による破壊によ
って戦後復興というおいしい需要も生み出されていく。

世界が、あらゆる面でもうこのままでは持たないことに、多くの人々が気付い
ている。09年が、すさまじい迫害にもめげないボトムアップの時代の幕開け
となりますように!! 
───────────────────────────────────
"MULTITUDE"(マルチチュード)を読む! のラストクラスです。
振替受講・単発参加大歓迎 \(^ ^)/ 、参加希望者には読み込む対象部分の
コピーを、日本語対訳付きでお送りします(郵送 or FAX )。ご請求下さい。

午前11時〜午後1時(英文読解中・上級者向け)
会 場:国立・かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩3分)
講師:Kimberly Hughes (Peace Activist、大学教員) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ディスカッションクラス、次のシリーズは2月から始まります!

イスラエルと深い関係にあるアメリカ、オバマの政治手腕に注目しつつ、日本
との関係や、これからの世界について─もちろんグローバリゼーション末期の
これからの世界について、俯瞰できるような、あるいは事例から眺めることの
できるような記事、文献を提供。一緒に考える時間にします。乞うご期待!!

[PR]
by terakoya93 | 2009-01-05 21:36 | ディスカッションクラス