個人的なことは政治的なこと、そして政治的なことは個人的なこと!


by terakoya93

カテゴリ:ディスカッションクラス( 72 )

・9月から魅力的な2つのコース、やります! ご予約ください!
・5人以上集まれば催行決定。10人までで締め切ります。お早めに!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】時代は映像!── FILM & DISCUSSION CLASS   月2回・全8回
土曜の遅い朝に、映画とディスカッション。コーヒー or 野草茶つき (^ ^)  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

映像メディアのリテラシー力を養おう。そのためにもたっぷりオルタナティヴ
映像を観て、語り合いましょう! 
毎回、短・長編の映像を、大きなスクリーンで観て平和を脅かす社会問題をあ
れこれ話し合います!
講師は、大学で教えるだけでなく、自ら学び活動を続けるピース・アクティビ
ストの、Darrell Moenさんと、Kimberly Hughesさん。
映像で伝える手法に手応えと可能性を感じているお2人です。
───────────────────────────────────
●上映予定のフィルムの数々…
『冬の兵士』─アメリカのメディアは取り上げない、イラク帰還兵の衝撃証言
 集会の記録
暗殺学校─スクール・オブ・アメリカ! 米国が支援するテロリスト養成?!
教室は目の色で分けられた─エリオット先生の伝説の体験授業
飢餓ビジネス─世界銀行農業開発戦略。家族経営農家を蝕む巨大アグリビジネ
 ス!
もう1つの世界は可能だ─Another World is Possible 世界社会フォーラム
 の取組み
『Star Wars Returns』─米国が構築してきた宇宙空間の軍事化政策
などなど…(スクリプトあるいは字幕付・扱うフィルムは変更する場合あり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
講師:
Darrell Moen, Ph.D. 芝浦工業大学教授、一橋大学、津田大学講師、近年の
社会運動と人権問題に関心を持つ、文化人類学者、Peace Activist 
Kimberly Hughes フリーランス記者・翻訳者、大学教員、Peace Activist

英文読解&会話 中・上級レベル向け
事前学習用資料を先渡し致します。お申し込みは9月5日までに!
───────────────────────────────────
★日程 9月12日・26日、10月10日・24日、11月7日・21日、12月5日・19日
★場所 国立かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩2分)
★時間 土曜日 午前11時〜午後1時
★受講料 受講料全8回 23000円 単発参加 3500円
★入会金サービス:3000円(通常6500円のところ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】英語で学ぶ! クイアー&ジェンダースタディーズ  月1回・全4回
クイアー&ジェンダーは、現代を捉えるキーワード! 用語解説も丁寧に!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ネット上などでの攻撃的なセクシャル・マイノリティー&ジェンダーバッシン
グ。挑発されては思うツボ! 怒りは共有しつつも、人々に静かに確かに語り
かける、ひびく言葉を紡ぐことにエネルギーをつかいたい。一緒に学びあいま
しょう! 

<TOPICS>
・どうする職場でのカムアウト!
・国籍・宗教の違いを超えてLGBTの人々が集う、エルサレムのバーを描く
 ドキュメンタリー「分断の町: City of Borders」Yun Suh 監督へのインタ
 ビュー記事
・銃乱射で殺した理由は、女だから! ヘイト・クライム
・中国の同性愛者献血禁止に抗議するレズビアンたち

英文読解&会話 中・上級レベル向け
参加者には、事前に対象記事をお知らせします。
───────────────────────────────────
★日程 9月3日・10月1日・11月5日・12月3日(すべて木曜日)
★場所 スペースLOUD(中央線中野駅から徒歩3分)
★時間 午後7時半〜9時半
★受講料 全4回 11000円 単発参加 3000円
★入会金サービス:3000円(通常6500円のところ)
[PR]
by terakoya93 | 2009-08-25 02:27 | ディスカッションクラス
NHK、ETV特集「ひとりと一匹たち」がブログなどで反響を呼ん
でいる。多摩川の河川敷に住むノラ猫たちは、野宿するホームレスの人たち
と共生している…。いずれ再放送があるかも。

───────────────────────────────────

ひとりと一匹たち 多摩川 河川敷の物語

もっとも弱き、持たない者を助けているのは、その次に弱く、持たない者たち
だ。互いに必要とする関係だが、共倒れになるケースも多々。。ホームレスの
人たちがそこに行き着いた理由は様々だが、弱みに付け込まれても文句を言わ
ず受け入れているうちに、どんどんどんどん自分を明け渡さざるを得なくなっ
て追い詰められてしまった、狡猾さのカケラもない人たちが多い。

あっちもこっちも大不況で、おかげでみんなもう「負け犬」だの「自己責任」
だの、あんまり言わなくなってきたような。もはや人ごとじゃないからね!!

だとしたら、どんなことにも良い側面はあるものだ…。貧しさは貧しい人の
せいじゃない。むしろ、控え目で心優しい人が貧乏くじを引かされまくって
る。そういう認識を社会が持って、貧困に陥った人を支える気運が育って欲
しい。。

同じように心優しきアナタのための (^ ^) 、月1〜2回のディスカッション
クラス、3月末から始まります! 世界の同じく心優しき人々とつながる、
「どこでもドア」としての寺子屋に、この春からぜひご参加を!! 

世界中で、貧困を生み出し続ける巨大システムへの反省と対抗の取組みが生
まれている。別の大きな力に頼るのではなく、ひとりひとりの自覚に立った
考えと行動。それが世界を変える底力だと思う。
トピックスにヒントをもらいつつ、自分たちで何ができるか一緒に考えまし
ょう。──おおいなる自己実現の道を進もう。心優しきままで! 

4人以上集まれば催行決定。10人までで締め切ります。お早めに!
 ↓  ↓  ↓ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
09年春のディスカッションクラス 全11回 (3月〜9月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
地球や人類は今や大きなターニングポイントにさしかかっている。暗いニュー
スで絶望していないで! さあ、私たちひとりひとりにできることがある! 
ポジティヴな講師のキムが選ぶ、「希望」を指し示す様々な人や運動、現在の
社会システムを変えるための色々な知識やノウハウ、示唆を与えるトピックス
を提供します。それらを探求し、大いに語りあう時間です。

例:パレスチナ占領やガザ攻撃に反対しているイスラエルの若者&平和活動、
米国の経済や軍隊システムを tapeworm(サナダムシ!)に例えて、告発す
る米国女性エコノミスト、素晴らしいパワーの南米の市民運動に学ぶ、などな
ど、既にシェアしたい情報いっぱい! さらにアップデートなトピックスも、
「次々ピックアップして行きま〜す」と、キムは張り切っています (^ ^) !

インド留学中の元寺子屋講師、ケイト・ストロネルも講師として何回か担当予
定。パンチの効いた sarcastic で愉快なトークに久しぶりに会えます! 
───────────────────────────────────
日程(全11回 全て土曜日):
3月28日、4月11日・25日、5月16日・30日、6月13日・27日、7月11日・
25日、8月1日、9月5日
※期間中、他の寺子屋レギュラークラスへの振り替え受講もできます。

時 間:午前11時〜午後1時 英語のみで2時間、オ−ガニック・コーヒー付
場所:国立かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩2分)
受講料:全11回…27,500円 単発参加…3,000円 寺子屋入会金…6,500円
講師:Kimberly Hughes(Peace Activist、大学教員)& Caitlin Stronell
お申し込み・お問い合わせ
[PR]
by terakoya93 | 2009-03-11 16:33 | ディスカッションクラス
動物=自然界への視点を検証すれば、より弱い者(文句を言えない者)に負担
を強いて、搾取して恥じない人間の凶暴さがよく見える! 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ 寺子屋来日ゲスト、Rob Laidlaw さんと会ってきました!
───────────────────────────────────
ロブさんは、明日と土曜日に寺子屋クラスに来てくれます。
飛び入り歓迎ですが、参加メール頂けると座席の準備で助かります(詳細末尾)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
カナダでは知られている動物園のウォッチング団体 ZOOCHECK 代表、ロブ
さんの1日ワークショップ。参加費8000円とちょっと高かったけど、行っ
てきた! 動物園というものの歴史から、現状、そしてどうあるべきかについ
て系統だって学ぶチャンスでした。

動物園─もとはといえば、珍しいものを観たいということで遠くの国から生き
物を運びこんだものだろう。最初はちいさな檻に入れて、並べただけの動物展
示。やがて儲かるサファリーパークの60年代、特殊プラスチックの発達によ
る巨大水槽の80年代と来て、現在は考え方としては自然重視の時代。

ところが…いっちばん大事なこと、動物の生態を考える視点が抜け落ちている。
動物園が見世物小屋ではなく、教育機関だというなら(これも実は施設維持の
ために後から生まれた理屈だと思うが)、動物の生態を知ることは基本の「き」
であろうに、予算の制約と、動物より見物人の心地よさを優先した施設作りの
ために、ほとんどの動物にとっては虐待施設となってしまっている。

たとえば行動範囲の広い巨大な哺乳類(ゾウ・北極グマ・シャチ)などに、動
物園は絶望的に狭い。四六時中人間から視線を浴び、隠れる場所も無いストレ
ス、群れで生息する種を個体として引き離す不自然な展示など、虐待は枚挙に
いとまない。個々の動物によって、その適切な環境は異なるのに、そもそも、
一ヵ所に展示しようという考えそのものに無理があるのだ。

動物にはストレスによって「異常行動」と呼ばれる拘禁反応(人間の長期独房
監禁者にも現れる精神的な障がい)が出てしまう。同じ無意味な行動を繰り返
したり、自分の毛を抜いたり、拘禁反応の出ている動物たちを観察して得られ
るのは動物に対する間違った理解となる。

例えば動物園のサル山や餌付け猿を観察して、猿はボスを中心として社会集団
を形成すると長〜く信じられていたが、最近(といっても10年以上前)、自
然界の猿の観察から、ボスザルなんていないことが分かったという衝撃の発見
があった。餌付けするからこそボスが生まれたというわけで、動物を知る上で
なんという遠回り、かつ罪作り!! 
立花隆『サル学の現在』に紹介されてるそうです。
立花隆ってマルチだなぁ…。

小さい頃から見慣れていれば、あたりまえと思ってしまう。親は子どもを喜ば
せようと、動物園に連れて行く。私にとって動物園は匂いが強くて苦手な場所
だったが、それは親には言ってはいけない気がしたものだ。

自然や命の大切さを学ぶには、動物園の現状はふさわしくない。私たちは勇気
をもってノスタルジーを捨て、考え方を切り替えるべきだと思う。
動物を観たければ、こちらに連れて来るのではなく、その生息場所を訪ねるべ
きだろう。もちろん、敬意を持ってその場所を荒らすこと無く。人間が訪ねる
には過酷な場所もあることだろう。そんな場所に誰もがアクセスできることが
良いこととは思わない。今や、映像の力は動物を知る上でとても大きなツール、
それで充分ではないか? 
動物が運べるからこそ、運んでしまう。誰も「ナイヤガラの滝を持って来い、
観たいのだ!」とは言わないのに。

寺子屋クラスにロブさんが!─────────────────────
ロブさんには、「野生生物保護プログラムの神話(通説とされているウソ)」
"the myth of (wild life) conservation program" というテーマを準備
してもらってますが、どんな質問も大歓迎とのこと。奮ってご参加ください!

3月5日(明日!)午後7時30分〜9時30分 中野LOUD
   Map: このサイトの下の方に載ってます

3月7日(土曜日)午前11時〜午後1時 国立かけこみ亭
   Map:

単発クラス参加 3000円・オブザーブ参加 1000円 英語のみ
※寺子屋の見学(オブザーブ)はいつもは無料ですが、今回は特別ゲストのた
め、1000円申し受け、ZOOCHECK へのカンパを捻出します。
ご協力ください m(_ _)m 。
[PR]
by terakoya93 | 2009-03-04 19:41 | ディスカッションクラス
□■ 仕切り直し─で、先行予約割引ありの再募集 (;^_^A ! ■□
先般2月28日スタートのディスカッションクラスのお知らせをしましたが、
残念ながら講師が2月末に帰国することになり、3月末からのスタートに企画
の練り直しをしました。ごめんなさい。全11回として再募集です!

3月初めのカナダからの来日ゲストは独立のスペシャルクラスにします。
どちらも、要予約です!→お申し込み・お問い合わせ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● スペシャルクラス 動物が好きですか? 来日ゲストと膝を交えて語ろう!
● 3月〜ディスカッションクラス全11回募集 先行予約割引2月末まで!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*動物好きなら知って欲しい! 野生生物を捕獲して展示・研究・繁殖させる
ことで、私たちはいったい何を学べるというのだろう? 
自然界から離して閉じ込めておく教育的意義とは? 動物園での研究が野生動
物の保護・保存に本当に役立つのだろうか? 

カナダの団体 ZOOCHECK から、代表の Rob Laidlaw さんが来日、東京
での1日ワークショップの後、英会話寺子屋に2回もゲストで来て頂きます。
クリック!→ Rob さんの Youtube トーク・フィルム

● 1日ワークショップ 主催 ペット研究会「互」 参加費 8000円 通訳あり
3月1日(日)10:00〜16:30(水道橋)<詳細案内末尾に>        
● 寺子屋ゲストデー  Rob さんを囲んで。質問も大歓迎!
単発クラス参加 3000円・オブザーブ参加 1000円 英語のみ
3月5日(木)19:30〜21:30(中野)/3月7日(土)11:00〜13:00(国立)
※寺子屋の見学(オブザーブ)はいつもは無料ですが、今回は特別ゲストのた
め、1000円申し受け、ZOOCHECK へのカンパを捻出します m(_ _)m 。

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
*3月〜ディスカッションクラス全11回募集 先行予約割引は2月末まで! 
───────────────────────────────────
参加費:全11回…27,500円 単発参加…3,000円 寺子屋入会金…6,500円
★先行予約割引:2月末までに全11回のお申し込みの方に限り:
参加費=26,000円+上記カナダからのゲストデー3月5日 or 7日無料招待!
───────────────────────────────────
地球や人類は今や大きなターニングポイントにさしかかっている。暗いニュー
スで絶望していないで! さあ、私たちひとりひとりにできることがある! 
ポジティヴな講師のキムが選ぶ、「希望」を指し示す様々な人や運動、現在の
社会システムを変えるための色々な知識やノウハウ、示唆を与えるトピックス
を提供します。それらを探求し、大いに語りあう時間です。
例:パレスチナ占領やガザ攻撃に反対しているイスラエルの若者&平和活動、
米国の経済や軍隊システムを tapeworm(サナダムシ!)に例えて、告発す
る米国女性エコノミスト、素晴らしいパワーの南米の市民運動に学ぶ、などな
ど、既にシェアしたい情報いっぱい! さらにアップデートなトピックスも、
「次々ピックアップして行きま〜す」と、キムは張り切っています (^ ^) !

インド留学中の元寺子屋講師、ケイト・ストローネルも講師として何回か担当
予定。久しぶりの再会をお楽しみに! 
───────────────────────────────────
日程(全11回 全て土曜日):
3月28日、4月11日・25日、5月16日・30日、6月13日・27日、7月11日・
25日、8月1日、9月5日
※期間中、他の寺子屋レギュラークラスへの振り替え受講もできます。

時 間:午前11時〜午後1時 英語のみで2時間、オ−ガニック・コーヒー付
場所:国立かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩2分)
講師:Kimberly Hughes(Peace Activist、大学教員)& Caitlin Stronell
お申し込み・お問い合わせ:zv6m-ishr@j.asahi-net.or.jp(英会話寺子屋)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<Rob Laidlaw さんの1日ワークショップ詳細案内>
【注】 主催は、ペット研究会「互」です。寺子屋へは申し込みできません
(プログラムは英語のみだったので、和訳をざっと勝手に入れちゃいました)
 ↓  ↓  ↓ 
───────────────────────────────────
ZOOチェック・ワークショップ
講師 Rob Laidlaw / Zoocheck Canada 代表
「Wild Animals in Captivity」著者
通訳:山崎 恵子
日時 3月1日(日)10:00〜16:30(9:30 開場)
場所 貸会議室 内海2F教室 水道橋 西口 徒歩1分 :
http://www.kaigishitsu.co.jp/access/index.html
参加費 8千円
--------
ZOO CHECK WORKSHOP
An Introduction to Assessing Captive Wildlife Facilities
(拘束野生生物施設評価へのイントロダクション)

9.30 - 10.00 am   REGISTRATION(受付)
10.00 - 10.10 am ORIENTATION(オリエンテーション)

10.10 - 10.40 am
BASIC ANIMAL WELFARE CONCEPTS(動物福祉の基本的概念)
 -FIVE FREEDOMS OF ANIMAL WELFARE(5つの自由)
 -IMPACTS OF CAPTIVITY(拘束による影響)
 -ABNORMAL BEHAVIOURS(異常行動)

10.40 - 11.10 am
ZOO BASICS(動物園の基礎知識)
 -TYPES OF CAGES & ENCLOSURES(檻・囲いのタイプ)
 -TYPES OF BARRIERS(柵や壁のタイプ)
 -CORE HUSBANDRY CONSIDERAIONS(中心的畜産の考察)
 -ENVIRONMENTAL ENRICHMENT(飼育環境の強化)

11.10 - 11.20 am BREAK(休憩)

11.20 - 11.50 am
REPTILE & BIRD HUSBANDRY CONSIDERATIONS
(は虫類と鳥の飼育考察)

11.50 am - 1.00 pm
MAMMAL HUSBANDRY CONSIDERATIONS
(哺乳類の飼育考察)

1.00 - 2.00 pm LUNCH(昼食)

2.00 - 2.30 pm
SPECIAL REQUIREMENT ANIMALS(特別な配慮の必要な動物たち)
 -ELEPHANTS(ゾウ)
 -PRIMATES(霊長類・サル)
 -BEARS(クマ)
 -BIG CATS(トラ)
 -WILD CANIDS(野生の犬化動物)
 -UNGULATES(有蹄類・ひづめのある動物)

2.30 - 3.30 pm
ZOO ASSESSMENTS FOR CAMPAIGNERS
(活動家のための動物園評価)
 -ASSESSMENT TIPS(評価のヒント)
 -ZOO EXHIBIT QUICK AUDIT PROCESS (ZEQAP)
 (動物展示の即行監査プロセス)

3.30 - 3.40 pm BREAK(休憩)

3.40 - 4.30 pm
WILDLIFE IN CAPTIVITY CAMPAIGNS(拘束野生生物キャンペーン)
 -PRINCIPLES AND STRATEGIES(指針と方法)
-------------
** 「Wild Animals in Captivity 」
"This well written book 〜 will help you judge for yourself whether or not the conditions are suitable so that, when necessary, you can speak out on behalf of some unhappy animal prisoner." Dr.Jane Goodall

申し込み方法:
「ZOOチェック・名前・住所・連絡先」を明記の上、Fax または E-mail にて
お申込みください。
FAX / 024−932−1778 / E-mail / okawara-go@happy.biglobe.ne.jp
[PR]
by terakoya93 | 2009-02-16 11:10 | ディスカッションクラス
派遣切り対策の「ワーク・シェア」の美談化(=特に介護現場で)を、大いに
危惧しています! その話は次回にして、まずは色々春のお知らせを。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】今週以降の寺子屋トピックス (^ ^)
【2】2月末〜新規ディスカッションクラス募集開始─オバマ後の世界と日本 
  【注】 募集内容変更しました! 
   
新しい情報はこちら!→ 仕切り直し─で、先行予約割引ありの再募集
【3】2月11日 ♪ o(^_^o) 寺子屋新年会 (o^_^)o ♪ 恒例福引き付き
【4】WELL RETREAT 英語三昧の合宿 ^ ^;) …ご一緒しませんか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━┓
┃1┃今週以降の寺子屋トピックス (^ ^) 
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ゆっくりクラス:
ー話題のアリス・ウォーカーの絵本
WHY WAR IS NEVER A GOOD IDEA『なぜ戦争はよくないか』
ピューリッツア賞を得、スピルバーグの映画にもなった『カラー・パープル』
の著者アリス・ウォーカーが、子ども向けの絵本を出版。絵も味わいながら、
読み進めます。
ーカナダの高校生を教える先生向け人権教育資料ガイドブックを使って
「アジアにおける戦時の人権侵害」の部分のコピーを読みます。アジア・太平
洋戦争…戦争とその悲惨さ、そして人権侵害について語るための語彙や表現を
読みながら学びます。
 
●がんがんクラス:国立クラスでは、前回お伝えした吠える ^ ^;) シンディ
シーハンを扱いますが、続いて講師 Gale の選んだ記事 Killing can never
be proportional を読んでいきます。イスラエルとパレスチナは、不均衡の
闘いというが、そこにだけ注目するメディアに警鐘を鳴らします。いったい均
衡論のなかで、どんな殺人も、理性的に正当化できるというのだろうか? な
かなかチャレンジングなテーマ…。
また、中野LOUDクラスの方では、攻撃を受けているさなかの、ガザからの
現地ロイター記者のレポート記事を読みはじめます。

【注】 こちらの2番目の情報は、募集内容変更しました! 
 
新しい情報はこちら!→ 仕切り直し─で、先行予約割引ありの再募集
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  
┏━┓ご予約下さい!─2月末〜新規ディスカッションクラス募集開始 
┃2┃「オバマ後の世界と日本」&時々ゲスト講師の12回
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イスラエルと深い関係にあるアメリカ、オバマの政治手腕に注目しつつ、日本
との関係や、これからの世界について─もちろんグローバリゼーション末期の
これからの世界について、俯瞰できるような、あるいは事例から眺めることの
できるような記事、文献をその時々に応じて提供。一緒に考える時間にします。
そして、挿入トピックとしてゲスト講師を何回か迎えます!

【ゲスト講師・その1】
有名なカナダの団体、ZOOCHECKから、代表の
Rob Laidlaw さんが来日。3月7日、寺子屋クラスのゲスト講師として来て
下さいます! 

動物園は、子どもの頃に慣れ親しんで良いことと刷り込まれていて、異議を唱
える人は多くありません。けれど見せ物としての動物園は衰退し経営も行き詰
まっています。
そこで動物園の必要性を教育的意義と、研究機関として見いだそうとしていま
すが、自然界から離して閉じ込めておく教育的意義とは? 動物園での研究が
野生動物の保護・保存に本当に役立つのだろうか? 等をお話し頂く予定です。
他にも、動物について何でもお答えします! とのこと。

クリック!→ Rob さんの Youtube トーク・フィルム

【ゲスト講師・その2】
インド留学中の元寺子屋講師、ケイト・ストローネルが5月〜7月に日本に滞
在予定。2回ほどゲストとしてインドでの研究成果を披露してもらう予定。

乞うご期待!!─参加予約必要です。
───────────────────────────────────
全12回=月1〜2回土曜日 午前11時〜午後1時(英文読解中・上級者向け)
講師:Kimberly Hughes (Peace Activist、大学教員)と、ゲスト講師
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日 程:
2月28日、3月7日・28日、4月11日・25日、5月16日・30日、6月13日・27日、
7月11日・25日、9月5日(全て土曜日)

時 間:午前11時〜午後1時 英語のみで2時間、オ−ガニック・コーヒー付
参加費:全12回…28,000円 10回…26,500円 8回…22,000円 
    単発参加…3,000円 寺子屋入会金…6,500円
期間中、他の寺子屋レギュラークラスへの振り替え受講もできます。
会 場:国立・かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩3分)
お申し込み・お問い合わせ:zv6m-ishr@j.asahi-net.or.jp

┏━┓<要予約です>
┃3┃2月11日(水)1:00PM〜 o(^_^o) 寺子屋新年会 (o^_^)o ♪ 
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
年に1度の「寺子屋新年会」、午後1時〜ランチタイムに開催
参加費1200円(ランチ+ソフトドリンク+福引き+ミニ・コンサート付き)
(但し、お酒をちょっと飲む人は1600円、たくさん飲む人は2000円)
今年の「福引き」は、なかなか良いよ〜! 当たり外れはありますが… ^ ^;) 。
福引きと食事の準備上、事前予約が必要です! たくさんご参加待ってま〜す。

┏━┓2月13日(金)〜15日(日)
┃4┃WELL RETREAT 英語三昧の合宿 ^ ^;) …ご一緒しませんか? 
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
WELL RETREAT は、語学を教え学ぶ女性たちの研修会ですが、国籍の異なる
女性同士の情報交換&くつろぎの場であり、日本あるいは海外における女性問
題について、ワークショップやプレゼンテーションを行う場でもあります。
日英バイリンガルとうたっていますが、まぁ、英語が主ですね。。英語漬けに
なるにはもってこい(?)です。

2泊3日の宿泊費と研修参加費全てで7000円、1泊2日なら4500円と
格安 (^ ^) 。場所は埼玉県の国立女性教育会館(NWEC)。最寄駅は東武東
上線の武蔵嵐山駅で池袋から1時間です。

久々に、WELL(Women Educators and Language Learners) 合宿に
遊びに行こうと思っていたら、国立市民企画ピース・ウィークに寺子屋が参加
した時の映画上映をやって欲しいと頼まれました。

クリック!→ 今年の研修プログラム
2月14日(土)
佐々木 薫 「ワンネス(コミュニケーション・スキル)とドラム・サークル」            
小山 恵子 「水俣病」            
野澤 佳奈・マッケイン 「国際結婚願望」      
パット・オルムスビー 「日本初の外国人神主」       
白木 千恵子 「日本人旅行者」           
ルビー・小川 「絆:日本とアメリカをつなぐ」            
石原 みき子 「ドキュメンタリー・戦争成金たち:イラクの悲劇」           

2月15日(日)
斎藤貴子 「平和教育:長崎」            
岡野内 恵里子 「メディエーション(和解支援)」          
カレン・マッティソン 「自己催眠療法ワークショップ」

私は、ドラム・サークルとメディエーション(和解支援)に興味があります!
メディエーションは日本語では自主和解支援などと呼ばれるADR(裁判所外
紛争解決など)の一手法。公正公平、人権擁護、非暴力が根本原則で、紛争当
事者が本音で話し、相手の話も良く聴くことで、何が問題で、どうしたいのか、
どうしたら皆にとって良いのか、勝ち負けではなくて双方が納得できる建設的
な合意/解決(win-win)を目指すものとのこと。

[PR]
by terakoya93 | 2009-01-22 13:56 | ディスカッションクラス
新年のご挨拶を申し上げます m(_ _)m 。

緩慢な死に追いやる派遣切りの横行する日本、パレスチナでは大虐殺が進行中、
とーてもとーても、めでたいと言えない09年の年明けです。

──事態が本当に最悪になった時には、底を打って反転もするのだ!(と、思
いたい!)グローバリズムの凶暴な荒波が遅れてやって来た日本でも、やっと
「おかしい」という認識が一般化しつつある。


そこで、"MULTITUDE"(マルチチュード)! (o^-')b

 ↓  ↓  ↓ 
ディスカッションクラス●─ "MULTITUDE"(マルチチュード)を読む! 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第8回1月10日(土)11:00am〜 TWO ITALIANS IN INDIA
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
"MULTITUDE" には、様々な寓話が挿入されていますが、そのひとつ「インド
を旅した2人のイタリア人」という短い寓話を読んで、西欧基準を考えます。

「違い=特異性」をグローバルな西欧社会の世界基準の元で競争させると、西
欧以外は最初から不利な「自由競争」を強いられてしまう。英語をはじめとす
るヨーロッパ語が自国語でないことも含めて、生まれながらの違いも「自己責
任」という世界だ。

この世界基準から自由にならなければ、マルチチュードの概念は手に入らない。
合わせるべき基準などない、特異であることをそのままにコミュニケートしつ
つ世界を変えるマルチチュードパワー。自ら築いてきた土台をくずすチャレン
ジ「unlearn(学んで来たことを捨て去る)」は、寺子屋キーワードの1つだ
けど (^ ^) 、あるべき姿=基準に合わせなきゃというこだわりを捨てて、そ
のまんまの自分で、競争しないで共にあることをこそ選んで、お互いに生き延
びて行こう!

小泉首相(当時)が「痛みをともなう改革を!」と言って人気を博したころ、
みんな「痛み」が、実は致命傷なんだとは気付かなかった。
その頃「本当に怖いことは、最初は人気者の顔をしてやって来る」という社民
党土井たか子委員長(当時)の選挙用CMが、自民党からの抗議を受けた各放
送局の「自主規制」で消えたけど、本当のことを言ったから弾圧されたんだね。

そして、パレスチナ侵攻。
圧倒的に弱い相手に向かう、世界屈指の軍隊というおぞましい構図!

資本主義の、自由な競争社会では戦争は決してなくならない。
武器の需要とそれによる軍事産業の素晴らしい発展は、戦争のない社会では意
味をなさない。武器が意味を持つために、社会は常時恐怖をあおられなければ
ならない。テロは新自由主義の生んだひずみの必然でもあり、また新自由主義
的な経済にとっての最大の貢献者でもある。強力な武器の使用による破壊によ
って戦後復興というおいしい需要も生み出されていく。

世界が、あらゆる面でもうこのままでは持たないことに、多くの人々が気付い
ている。09年が、すさまじい迫害にもめげないボトムアップの時代の幕開け
となりますように!! 
───────────────────────────────────
"MULTITUDE"(マルチチュード)を読む! のラストクラスです。
振替受講・単発参加大歓迎 \(^ ^)/ 、参加希望者には読み込む対象部分の
コピーを、日本語対訳付きでお送りします(郵送 or FAX )。ご請求下さい。

午前11時〜午後1時(英文読解中・上級者向け)
会 場:国立・かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩3分)
講師:Kimberly Hughes (Peace Activist、大学教員) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ディスカッションクラス、次のシリーズは2月から始まります!

イスラエルと深い関係にあるアメリカ、オバマの政治手腕に注目しつつ、日本
との関係や、これからの世界について─もちろんグローバリゼーション末期の
これからの世界について、俯瞰できるような、あるいは事例から眺めることの
できるような記事、文献を提供。一緒に考える時間にします。乞うご期待!!

[PR]
by terakoya93 | 2009-01-05 21:36 | ディスカッションクラス
ディスカッションクラス●─ "MULTITUDE"(マルチチュード)を読む! 
───────────────────────────────────
回を重ねて来た、"MULTITUDE"(マルチチュード)を読む! も、あと2回
で終了です。最終回の予定は12月20日でしたが、講師都合により、1月
10日に変更となりました。予定していた方ごめんなさい。お間違えなく!

振替受講・単発参加大歓迎 \(^ ^)/ 、参加希望者には読み込む対象部分の
コピーを、日本語対訳付きでお送りします(郵送 or FAX )。ご請求下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第7回 12月6日(土)
     ─愛を基盤とするもう一つの世界─絶対的民主主義!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
多種多様で、多種多様なままに自由と平等を求める世界の主人公である私た
ち(マルチチュード)。その社会的意思決定の手法は? 代表制の形をとっ
た、単一の政治的主権者はもう不要だ。一者による支配はいらない。私たち
は自らを統治する。

マルチチュードは権力に対していかなる義務も負わない。反対に、マルチチ
ュードにとって絶対に欠かせないのは、不服従の権利と、差異を求める権利
だ。その表明そのものが、この情報化ネットワーク社会で世界的なうねりと
なって、政治と経済を揺り動かしていく。

人間が報酬でだけ、あるいは脅しでだけで動くのではないことを信じられる
のならば(巨大権力が人々をコントロールする手段はその2つしかない)、
もうひとつの世界の可能性も信じられる!?

様々な事例から、このもう一つの世界を生み出す動きを解き明かした本書。
抑圧からの解放、自由になろうとするパワー、著者は「愛の行為」と呼ぶ。
「愛は<共>にもとづく政治的プロジェクトと新しい社会の建設の基盤にな
るということ、ただそれに尽きる。この愛がなければ、私たちは無に等しい」
──────────────────────────────────
午前11時〜午後1時(英文読解中・上級者向け)
会 場:国立・かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩3分)
講師:Kimberly Hughes (Peace Activist、大学教員) 
参加費:全8回…22,000円 単発参加…3,000円(サポート会員 2,500円)
お申し込み・お問い合わせ
[PR]
by terakoya93 | 2008-12-01 13:57 | ディスカッションクラス
ディスカッションクラス●─ "MULTITUDE"(マルチチュード)を読む! 
───────────────────────────────────
読むほどに、なかなか難しい!! 全部理解などできないけれど、私たちがい
ま世界的なパラダイムシフトのだだ中にいるということを感じとれます。

世界は変わらなくてはなりません! マルチチュードは指南書ではなく、現実
の分析から可能性を示唆する文献。すべては、世界の主人公である私たち(マ
ルチチュード)にかかっている。

今回は、マルチチュードの、これまでとはぜんぜん違う政治的な組織形態につ
いて。そこには、中枢や中心となるものがない! しかし、権力は握らずに、
マルチチュードは世界を変えていきます。

誰も排除しないが、行動を通してしか変化は起こせない。強いリーダーシップ
に期待して政治を権力者の手にゆだねている人々には、マルチチュードの気運
は感じ取れないものでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第6回 11月22日(土)
     ─権力を握らずに世界を変えるマルチチュード

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
全8回=月2回土曜日 午前11時〜午後1時(英文読解中・上級者向け)
講師:Kimberly Hughes (Peace Activist、大学教員) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日 程:9月20日・27日、10月11・25日、11月8・22日・12月6日・09年1月10日
時 間:午前11時〜午後1時 英語のみで2時間、オ−ガニック・コーヒー付
参加費:全8回…22,000円 単発参加…3,000円 寺子屋入会金…6,500円
期間中、他の寺子屋レギュラークラスへの振り替え受講もできます。
会 場:国立・かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩3分)
お申し込み・お問い合わせ
[PR]
by terakoya93 | 2008-11-19 09:44 | ディスカッションクラス
o(^_^o) やたーっっっ!(o^_^)oオバマの圧倒的勝利\(^ ^)/ ♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
米国もこれで、変わる! と、またまた必見URLご紹介!
まずは、勝利を祝って、オバマの演説が、まんま歌に〜の 'Yes, We Can!'
カッコいい!

そしてこちらは、ブッシュの8年を印象的に示した動画。2つでセット (^ ^)
最初のは、以前ヒットしたバドワイザーのTVコマーシャルの本物(らしい)。
で、次のはその「8年後」の設定。


<バドTVコマーシャル>
http://jp.youtube.com/watch?v=L38wthA4Ld0&NR=1
Wassup とか、Wazzup とかは、What's up? をくだけた感じで発音してい
る。
「最近どうよ?」「何してる?」というような意味。'Yo' も、「よお、オイ」
みたいな呼びかけです。ビール飲んで、テレビ観て「どよ? オイ」と「ゲー
ム観て、バド飲んでるよ」て、言い合う若者たち。


<8年後の彼ら>
http://jp.youtube.com/watch?v=Qq8Uc5BFogE&feature=related
同じ俳優が演じていて、登場人物5人の8年後。家も仕事も失っていたり、イ
ラクで従軍していたり、株で大損して自殺を図ったり、極めつけは外は温暖化
による(?)暴風雨だったり…、で、Change! Vote! と。


 ディスカッションクラス●─ "MULTITUDE"(マルチチュード)を読む!
───────────────────────────────────
さて、世界は変わらなくてはなりません! マルチチュードは指南書ではなく、
現実の分析から可能性を示唆する文献。すべては、世界の主人公である私たち
(マルチチュード)にかかっている。
オバマの勝利も、違いを排除して結束する権力より、多様性を生かして多様な
ままで共に民主主義を実現しようという機運の現れの一つかもしれない。

読むほどに、可能性を感じてワクワクします。前回飛び入り参加した、知る人
ぞ知る(?)立川自衛隊監視テント村のさっちゃんも、「うぉ〜っ! 寺子屋、
おもしれ〜っ!」っと、さっちゃん節で感激してくれました ^ ^;) 。
講師のキムも、「もっと話したい!」となかなか帰らなかったり (;^_^A 。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第4回 11月8日(土)
     ─ 知的所有権の保護という名の<共>の私有化

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(以下、私のコメントも混ぜ込んだ、対象部分の要約)
グローバル経済では、国家というものの規制は役に立たない。ビジネスはもち
ろん契約に基づくのだが、多国籍間のビジネス契約の一つひとつには、法の後
ろ盾(法律は国家が作るものだから)は、実は無いのだ。

非物質的財産の保護という問題が、今日の世界に大きく立ち現れて来た。著作
権が莫大な富を生み出すことは、小室哲哉が身を以て知らしめた (@_@) 。

非物質的生産である、アイデアや情報は私物化により、使用料が発生し、利益
を生む。そうしなければ、ただ盗まれるだけだ。盗まれないためには警察の介
入も必要とする。
ところが、アイデアや情報は私有化されたとたんにその生産性と創造性がダウ
ンしてしまう。人類にとって無害なものならまだしも、有害である可能性のあ
る新技術などの、その害を最小限にする最も有効な手段は、私物化せず、オー
プンに情報を公開することなのだ! 誰かの金銭的富を守るために、人類の健
康や、環境にとって大切な情報・知識・技術・アイデアが封印されてしまって
いる。

知る・考える・感じる・愛するという、人間の持つあらゆる命と共に有る感覚
が、所有という単純な感覚を手に入れることと引き換えに、軽視されるにいた
ったとマルクスは言う。「私有財産はわれわれをひどく愚かにし、一面的にし
てしまった」
───────────────────────────────────
全8回=月2回土曜日 午前11時〜午後1時(英文読解中・上級者向け)
講師:Kimberly Hughes (Peace Activist、大学教員) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日 程:9月20日・27日、10月11・25日、11月8・22日・12月6日・09年1月10日
時 間:午前11時〜午後1時 英語のみで2時間、オ−ガニック・コーヒー付
参加費:全8回…22,000円 単発参加…3,000円 寺子屋入会金…6,500円
期間中、他の寺子屋レギュラークラスへの振り替え受講もできます。
会 場:国立・かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩3分)
お申し込み・お問い合わせ
[PR]
by terakoya93 | 2008-11-06 03:35 | ディスカッションクラス
ディスカッションクラス●─ "MULTITUDE"(マルチチュード)を読む! 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第4回 10月25日(土)
     ─貧者の富・民主主義を実現するマルチチュード
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──貧者の富とは何か? かれらの惨めな「持つこと」よりも、力強い「共に
在ること」の発覚(revelation)だ…。

富の概念が「持つこと」とほとんど同義の世の中で、「在ること」の価値とそ
の富をしっかり認識するのは難しいが、グローバリゼーションが進む中、貧困
の原因は貧者の側にあるのではなく、新自由主義的経済政策に大きな責任があ
ることが、情報化社会の中でグローバルに認識され、世界的な貧者の抵抗運動
が同時多発、かつグローバルな連携を含んで起きている。

日本でも遅まきながら、この数年貧困問題が構造的な社会問題として認識され
るようになりメディアでも無視できなくなってきましたね。ついこの間まで、
セレブだヒルズ族だと言ってたのは二極化の上の方に注目していたからでしょ
う。

昨日観たテレビの米国のホームレス1日目の男性を取材した番組で、施設の大
部屋に何人もまとめて収容され、コンクリートの床に粗末なマットで眠りにつ
く彼が、仕事を得る為の必需品として携帯電話の充電をするのが印象的だった。
貧者はいまやネット社会とつながっていなくては生きられない。それはなにも
「先進国」だけの話ではなくて、世界のスラムや超貧困地帯でも、支援活動は
パソコンと共にやって来る。パソコンは情報取得と発信の手段だが、教育支援
・職業訓練などに使え、最もパワフルで安価、しかもインフラが整っていなく
ても使えるのだ。

──「非物質的生産」が席巻する世界のグローバル化の中で、マルチチュー
ドは民主主義を実現することのできる唯一の社会的主体。変革と解放をめざ
す政治的行動は、マルチチュードという基盤に立ったときにのみ可能になる。

──マルチチュードは差異をなくして同化し、統一行動に駆り立てられてし
まう群衆や暴徒とは違う。かれらは自発的に行動できず、外部からの操作を
受けやすい。そうではなくて、差異を差異のまま保ち、ひとつに構成される
ことなく、けれども共に行動することができる主体である…

そういう者に私はなりたい……。

さらに、マルチチュードの概念が一番民主主義に近い…というより、マルチ
チュードを実現するという課題は、民主主義を実現するという課題とイコー
ルで結べると書いてある! 
民主主義って、実はいままで実現したことが無いですよねぇ。日本では多数
決のことに矮小化されたり、間接民主主義のお任せモードが支配…。

今回は、貧者の富という逆転の発想と、民主主義を実現するマルチチュード
という概念を、なんとかゆるやかにつかもうと思います。
──────────────────────────────────
全8回=月2回土曜日 午前11時〜午後1時(英文読解中・上級者向け)
講師:Kimberly Hughes (Peace Activist、大学教員) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日 程:9月20日・27日、10月11・25日、11月8・22日・12月6日・09年1月10日
時 間:午前11時〜午後1時 英語のみで2時間、オ−ガニック・コーヒー付
参加費:全8回…22,000円 単発参加…3,000円 寺子屋入会金…6,500円
期間中、他の寺子屋レギュラークラスへの振り替え受講もできます。
会 場:国立・かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩3分)
お申し込み・お問い合わせ
[PR]
by terakoya93 | 2008-10-16 14:03 | ディスカッションクラス