個人的なことは政治的なこと、そして政治的なことは個人的なこと!


by terakoya93

カテゴリ:ディスカッションクラス( 75 )

『映像を観て、ディスカッション』クラス 前期第2回 3月24日(土)予告
「人形と粉塵─DOLLS & DUST その1」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
講師 Darrell Moen, Ph.D.
芝浦工業大学教授文化人類学者、一橋・津田大学でも講義、Peace Activist 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ついこの間まで、日本には若者の失業者なんてほとんど居なかった。

西欧諸国で大問題になっていても、中曽根首相が国鉄民営化で当時日本最大の労働運動の力を叩きつぶした後もしばらくは…。
それが小泉・竹中の徹底した民営化(公共機関私有化)、自由競争、規制緩和路線で、あれよあれよという間に…リストラ、派遣切り、雇い止めの嵐となり、自殺が毎年3万人以上(1日80人)というニュースに驚かなくなって久しい。

民主党政権も、TPP参加などグローバリズム経済しか進む道は無いと思っているようで、ますます競争、競争!…若者や女性、社会的弱者の未来が暗い!
今回のフィルム『DOLLS & DUST』は、産業構造改革とグローバリゼーションがアジアの女性労働者に与えた影響分析と、労働現場での連帯&闘いの記録。

競争は孤立とセットにさせられる。人がつながることで生まれるパワー(スピーディな人ものんびり屋も…多様な人たちが居ることで生まれる場の力も)は、想定されていない。

豊かな人生って本当はどういうことなんだろう…って考えたいです。

トランスクリプトは こちら ←クリック
スリランカとタイの事例を紹介した部分=プリントアウトの7頁め、SOUTH KOREA の手前までを「その1」で扱います。
後半「その2」は4月14日のクラスで引き続き取り上げます。
─────────────────────────────────────
日 程 (すべて土曜日)
前期5回:3月3日, 3月24日, 4月14日, 4月28日, 5月12日
後期4回:6月2日, 6月23日, 7月7日, 7月28日

時 間 午前10時半~午後1時 1回2時間半、オーガニック珈琲付き!
会 場 国立かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩2分)

受講料:
◎前・後期通しての参加の場合:
全9回参加 23,000円(サポート会員20,000円)
◎前・後期それぞれの参加の場合:
前期全5回参加 13,500円(サポート会員11,500円)
後期全4回参加 11,000円(サポート会員9,200円)
◎単発参加  3,000円(サポート会員2,500円)
※前・後期通して7回参加…などの変則的な参加ご希望の方はご相談下さい。
[PR]
by terakoya93 | 2012-03-10 00:14 | ディスカッションクラス
私事ですが、21年も連れ添った我が家の猫が、一昨日天国に召されてしまいました。猫も人間も死ぬという事実は同じで、死後の世界には現世の何も持って行けないし、残された者は日々の日常にそこだけ足りないぽっかりの喪失感。

猫は初めから何も持たないけど、人だってたかだか百年以下の人生なのに、なんとあくせく「所有」にこだわってることか…。
本当は「所有」すればするほど、奪われる不安で安心できない。それが世界を狂わせているというのに…。

「失うものがある」から理不尽なコトにも異議を唱えることすらできない多くの人々。「失うものがある」と思い込まされているだけかも知れないのに…。

先日亡くなった、アップル社の共同設立者スティーブ・ジョブス氏の言葉:
死を目前にしたら、自尊心や恐れや恥ずかしさなんて取るに足らない。ただ何が本当に大切かということだけが残る。
もうすぐ死ぬんだと分かっていることは、「お前には失うものがあるぞという罠」にひっかからない最上の方法だ。あなたには失うものなんかない。最初からはだかなんだ。心の求めるままに進むことを妨げるものなど無いんだ! 
───────────────────────────────────── 
今週末です──『映像を観て、ディスカッション』クラス 後半3回─その2
 The War on Democracy 民主政権を脅かして来たアメリカ帝国主義
 ─南米がこうむった軍事的・政治的・経済的干渉の歴史
───────────────────────────────────── 
第1回の映像─民主的に選ばれたチャベス大統領を、米国画策の拉致から奪い返した民衆パワー(2002年)、 すごかったです!  失うものなどない人々の魂の叫びが、クーデターを演出していた自国の軍隊にまっすぐ届いて、寝返らせることになった。まるで映画みたい(*。*;)。

でも、これが歴史の真実であることは誰も否定できません。単に大手メディアによる「無視」と「矮小化」があるだけです。

 失うものなどない人々は、本当は強い!

あと2回の映像も、米国の支配構造を伝えます。
参加予定していなかった方のドタ参(どたキャンの反対)も、もちろん歓迎。
他のクラスからの振替参加もどうぞ (o^-')b !

<その2:Part Two>───────────────────────── 
南米がこうむった軍事的・政治的・経済的干渉の歴史とカリブ海(北はキューバ~中米コスタリカやニカラグア~南はベネズエラ、コロンビア、パナマを含む海域)の第2次世界大戦後時代。
Part Two focuses on the history of military/political/economic intervention in Latin America and the Caribbean in the postwar era;
トランスクリプト(前半)

<その3:Part Three>───────────────────────── 
南米地域の将来性と、カリブ海の人々が米国支配から真の独立をはたすこと、そして民主的に生み出される地域連合を形づくること。
Part Three touches on the potential of the region of Latin America and the Caribbean to become truly independent of US control and form a democratically inspired regional alliance.
トランスクリプト(後半)

背景のより深い理解のために、2つの記事URLを紹介します。余裕があったらこちらもぜひ! 
For more background information, please have a look at two articles that I wrote - one on the US policy of opposition to democracy (http://www.dgmoen.net/essays/pax_amer.html) and the other on the transformations taking place in Venezuela under the Chavez government (http://www.dgmoen.net/essays/CH-Action.pdf).
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『映像を観て、ディスカッション』クラス
<11月5日・19日、12月10日> The War on Democracy 
 ── 民主主義との戦い(「テロとの戦い」ではなく)
講師 Darrell Moen, Ph.D.
芝浦工業大学教授、一橋・津田大学でも講義、文化人類学者、Peace Activist 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
映像は全て英語です。事前にトランスクリプトを読んでご参加ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日 程 全5回 10月1日・22日、11月5日・19日、12月10日(all 土曜日)
時 間 午前11時~午後1時
場 所 国立かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩2分)
受講料 全5回参加 13,500円
    4回参加 11,000円/3回参加 8,400円/2回参加 5,600円 
単発参加 3,000円(サポート会員は2,500円)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[PR]
by terakoya93 | 2011-11-17 12:08 | ディスカッションクラス
夏休み前最後のディスカッションクラス、今週末に迫りました。参加表明を頂いた方、ありがとうございます。
予定していなかった方のドタ参(どたキャンの反対)も、もちろん歓迎。他のクラスからの振替参加もどうぞ (o^-')b 。
────────────────────────────────────────
7月23日(土) 映像を観て、ディスカッション
────────────────────────────────────────
先祖伝来の農地をゴルフリゾートの観光業が奪う
"The Golf War: A Story of Land, Golf, and Revolution in the Philippines" 
  トランスクリプト 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴルフ……風光明媚で広大な土地を必要とするスポーツを楽しむ一部の人たちのために、命まで脅かされる人々。

ゴルフは人生を教えるスポーツだという精神論も語られます。忍耐・努力・そして勝者になる…。「スポーツからは人生の大事なことが学べる」とは、他の世界を知ろうともしないまま何かを極めてしまった勝者にありがちなごたく…。
このフィルムでは、そんな勝者であるタイガーウッズとその父親のみっともなさもあぶり出されています。
これと一番対照的なのは、土地を奪われた人々の側にたちゲリラ活動に身を投じている女性へのインタビュー。

タイガーウッズを囲む記者からの質問から始まります。Youtubeで映像を見つけました! トランスクリプトと共に、ぜひ事前鑑賞を。 

ありとあらゆる分野に浸透している世界の搾取差別構造(原発ひとつ取っても同様)! 行く先は取り返しのつかない環境破壊と人類総体の弱体化であることが明白だというのに…!  

講師 Darrell Moen, Ph.D.
芝浦工業大学教授、一橋大学・津田大学でも講義、文化人類学者、
Peace Activist 
────────────────────────────────────────
時 間 午前11時~午後1時
場 所 国立かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩2分)
単発参加 3,000円(サポート会員は2500円)
[PR]
by terakoya93 | 2011-07-18 13:42 | ディスカッションクラス
おかげさまで! 夏までの限定3回のディスカッションクラス、開催決定です。みなさま、参加表明ありがとうございました。

明日のケイトとのクラス「原発事故から考える民主主義─インドと日本の民度の相違」と合わせて、夏までの限定3回、お待ちしていますヽ(´▽`)/。
予約していない方も、参加できることになったら、ぜひお知らせください。

ダレルさんから強く勧められたフィルム"THE WAR ON DEMOCRACY" (南米の国々が米国支配から抜け出し民衆のための国家作りを進めてきた話)は、残念ながら長編なので、3回連続クラスが必要。これは9月以降にぜひ具体化したいと思っています (^ ^) 。

以下、ダレルさんからのお勧めフィルムについてのメールです。2つ別々のフィルムを観るか、一つのフィルムを2回に分けて観るか、参加予定の方、どうぞ、トランスクリプトのサイトに行って内容をチェックの上、ご意見ください!

前もってトランスクリプトを読んで来て頂けるよう、また自分の意見を書いて来て発表して頂くなど、モエンさんの大学での授業スタイルの提案をさせて頂くかもしれませんので ─ Do not feel overwhelmed!! ─ 来週中に決定します。
  ↓  ↓  ↓
────────────────────────────────────────
Here's my suggestion for films:

July 2:"Arrows Against the Wind" (http://www.dgmoen.net/video_trans/004.html).
This film deals with indigenous peoples' rights - something we haven't talked about in our class.

July 23: "The Golf War: A Story of Land, Golf, and Revolution in the Philippines"(http://www.dgmoen.net/video_trans/040.html).
This film deals with "tourism development" pushed by the World Bank - case study in the Philippines.

OR

"Dolls and Dust" (http://www.dgmoen.net/video_trans/026.html).
This film looks at women workers' struggles against labor exploitation at Free Trade Zones in Sri Lanka, Thailand, Malaysia, and South Korea. This film is a bit long (60 minutes) so we can show the first half (dealing with Sri Lanka and Thailand) on July 2nd and show the second half (dealing with Malaysia and South Korea) on July 23rd.
────────────────────────────────────────

さて、明日は3回限定クラスの1回目です。こちらは特に準備は要りません。
ドタ参(どたキャンの反対)もぜひどうぞ~ (^ ^;) 。

以下、3回分のクラス詳細です:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 夏までの限定3回、ディスカッションクラス 
────────────────────────────────────────
その1■ 6月4日(土)
原発事故から考える民主主義─インドと日本の民度の相違 
────────────────────────────────────────
インドの大学で研究活動を続けているケイトさん、しばらく日本に滞在していましたが、6月中に日本を離れます。
原発事故を目の当たりにして研究テーマの変更まで考え中の彼女から、その概要を話してもらい、共に考える時間にします。

 講師 Caitlin Stronell 
 Jawaharlal Nehru 大学(インド)博士課程、NIジャパン発起人

────────────────────────────────────────
その2&3■ 7月2日(土)、7月23日(土)
 映像を観て、ディスカッション
────────────────────────────────────────
映像は来週中に決定し、ご案内します。
トランスクリプトとビジュアルで、事前学習が効果的! (^ ^) な、クラスです。

汲めども尽きぬ感じの、ダレルさんの豊富な知識と経験に裏打ちされた洞察に触れられるのは、彼が国立在住で、会場からわずか5分の距離に住んでいるので気軽に来て頂けるという幸運なめぐりあわせ!  

 講師 Darrell Moen, Ph.D.
 芝浦工業大学教授、一橋大学・津田大学でも講義、文化人類学者、
 Peace Activist ────────────────────────────────────────
日 程 全3回 6月4日、7月2日、7月23日 
時 間 午前11時~午後1時
場 所 国立かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩2分)
受講料 3回参加 8000円/2回参加 5500円 
単発参加 3,000円(サポート会員は2500円)
入会金 3,000円(通常6,500円のところ:寺子屋に初参加の方のみ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by terakoya93 | 2011-06-03 21:52 | ディスカッションクラス
このメルマガ(そのままブログに掲載)が「有益な情報だ」との声をたくさん頂いています。ありがとうございます (^ ^;) 。
忙しさにかまけて、送りたいと思う情報の1/3ほどしか発信してません。

寺子屋クラスでの情報量は10倍!! お出かけください m(_ _)m 。
  ↓  ↓  ↓
 夏までの限定3回、ディスカッションクラス─参加者募集! 

【注】必ず5月末までにメールにて参加予約お申し込み願います!
 ─各クラス最少催行人数5人(下回った場合、クラス開催を見合わせます)
────────────────────────────────────────
6月4日(土)
  原発事故から考える民主主義─インドと日本の民度の相違 
────────────────────────────────────────
インドの大学で研究活動を続けているケイトさん、しばらく日本に滞在していましたが、6月中に日本を離れます。
原発事故を目の当たりにして研究テーマの変更まで考え中の彼女から、その概要を話してもらい、共に考える時間にします。

 講師 Caitlin Stronell 
 Jawaharlal Nehru 大学(インド)博士課程、NIジャパン発起人

────────────────────────────────────────
7月2日(土)、7月23日(土) 映像を観て、ディスカッション
────────────────────────────────────────
講師ダレルさんの豊富な映像コレクションの中から、彼に選んでもらいます。

映像コレクションはこちらに:http://www.dgmoen.net/t_index.html
「Promoting Social Justice, Human Rights, and Peace」というタイトルがついたサイトです。リクエストも歓迎 (^ ^) ! 

 講師 Darrell Moen, Ph.D.
 芝浦工業大学教授、一橋大学・津田大学でも講義、文化人類学者、
 Peace Activist 

────────────────────────────────────────
日 程 全3回 6月4日、7月2日、7月23日 
時 間 午前11時~午後1時
場 所 国立かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩2分)
受講料 3回参加 8000円/2回参加 5500円 
単発参加 3,000円(サポート会員は2500円)
入会金 3,000円(通常6,500円のところ:寺子屋に初参加の方のみ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[PR]
by terakoya93 | 2011-05-19 00:45 | ディスカッションクラス
原因が大震災であれ個人的理由であれ、同情の余地があろうがなかろうがとにかく何もかも失うということがあり得る─地震の活動期に入ったとも言われる日本に住んでいればなおのこと。

何にもなければ、自信を無くし、果てしなく弱気になり、自暴自棄にもなるだろう。そしてそこにつけ込む連中に食いものにされていく。

ずっと何十年もそうだった…。原発で働く末端労働者は、つけ込まれた人たちだ。事故が無くても定期点検のたびに被曝労働者を必要とする原発は、明日の米が無い人々の健康と引き換えに稼働してきた。

以下の Youtube 動画、講師のダレル・モエンさんから教えてもらいました:
イギリス channel4 で報道された(1995年)原発労働者の実態。3つ連続してますが、それぞれ8分くらいです。
 ↓  ↓  ↓
隠された被曝労働~日本の原発労働者1

隠された被曝労働~日本の原発労働者2

隠された被曝労働~日本の原発労働者3

日本ではこんなの、事故後の今でもテレビで報じるのが難しいだろうか…。 
登場する、昔から原発労働者を撮り続けている写真家の樋口健二氏は、反原発運動に関わる人たちの中では有名人。こんなに英語が上手いとは!…ってのは関係ないんですが…ホームレスと原発の深い関係がわかる! 

以下、今週末にせまったので再送です! 他のクラスからの振替参加も歓迎!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
何もかも失った人への支援─映像を観てディスカッション
5月14日 土曜日、午前11時~午後1時 @かけこみ亭
"The Homeless in Japan" 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
格差社会、ネットカフェ難民の問題に進展のないなか、大震災の発生で日常が奪われ、突然何もかも失う人々の現実を目の当たりにしています。

被災者は「かわいそう」で、支援に感謝しつつ自ら立ち直らなければならないと、国民意識の誘導がメディアを通じて増幅されている気がします。
「助け合わなければ」と手を差し伸べる側に、被災した相手への対等感がない。
助けられる側からの権利主張はとってもしにくい雰囲気。ほとんど圧力。

この圧力を感じ取れる人が本当に少ない。特に専門家の中には。この国の福祉行政とそれを取り巻く意識の、かわらない貧しさ! 

地震の活発期に入ったと言われる日本列島で、明日はホームレスかもしれない私たちです。意識改革が必要。持たざる者との連帯を! 
────────────────────────────────────────
3月19日に開催するはずだったクラスの振替開催です。
連綿とホームレス支援を続け、かれらと連帯する人々の意識を学ぶ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 講師 Darrell Moen, Ph.D.
 芝浦工業大学教授、一橋大学・津田大学でも講義、文化人類学者、
 Peace Activist 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[PR]
by terakoya93 | 2011-05-12 18:09 | ディスカッションクラス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】延期となったディスカッションクラス=5月14日
【2】連休明けのレギュラークラス しばらくは原発ざんまい?!  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】ディスカッションクラス 何もかも失った人への支援

格差社会、ネットカフェ難民の問題に進展のないなか、大震災の発生で日常が奪われ、突然何もかも失う人々の現実を目の当たりにしています。

被災者は「かわいそう」で、支援に感謝しつつ自ら立ち直らなければならないと、国民意識の誘導がメディアを通じて増幅されている気がします。
「助け合わなければ」と手を差し伸べる側に、被災した相手への対等感がない。
助けられる側からの権利主張はとってもしにくい雰囲気。ほとんど圧力。

この圧力を感じ取れる人が本当に少ない。特に専門家の中には。この国の福祉行政とそれを取り巻く意識の、かわらない貧しさ! 

地震の活発期に入ったと言われる日本列島で、明日はホームレスかもしれない私たちです。意識改革が必要。持たざる者との連帯を! 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5月14日 土曜日、午前11時~午後1時 @かけこみ亭 
 日本のホームレス─映像をみてディスカッション
─────────────────────────────────────────────
3月19日に開催するはずだったクラスの振替開催です。
連綿とホームレス支援を続け、かれらと連帯する人々の意識を学ぶ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 講師 Darrell Moen, Ph.D.
 芝浦工業大学教授、一橋大学・津田大学でも講義、文化人類学者、
 Peace Activist 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【2】連休明けのレギュラークラス しばらくは原発ざんまい?! 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5月12日・19日(木曜日)
 午後3時~午後5時:国立/午後7時半~9時半:中野
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
講師@国立 Samantha Landau ICU 博士課程、芝浦工業大学講師ほか
講師@中野 Gale Kienlen 大学講師
─────────────────────────────────────────────
今回の原発事故は国際問題。事故後の原発を抱えて生きていく私たちは、英語でも全容を把握しよう! ということでちょっとチャレンジを続けます。

マサチューセッツ工科大学のサイトに掲載された、今回の事故を起こした原子炉の構造と、3・11の地震と津波の後、最初の24時間に何が起こったかという解説記事にトライ。

ちょっと長めですが、連休中にぜひ読んでみてください。5月12日(木)の連休明けクラスから、2週連続で扱う予定です。
マサチューセッツ工科大学記事「原子炉構造 & 福島原発で何が起こったか」
http://mitnse.com/page/4/

【注!】国立クラスについては会場変更(近場ですが)の可能性あり、参加希望の方、事前にご連絡ください! 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by terakoya93 | 2011-05-02 19:08 | ディスカッションクラス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】ディスカッションクラス2週連続 
【2】寺子屋新年会 (^ ^) もれなく福引きと100本のバラお持ち帰り! 
【3】WELL Retreat ─英語漬けの研修合宿(申し込み、2月18日締め切り) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1  ディスカッションクラス2週連続 
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
諸事情により、土曜日ディスカッションクラスは春からしばらくお休みします。
「いつまでもあると思うな○○と寺子屋 (^ ^;) 」ですが…春までの残り3回、どうかお見逃しなく!─ 今回はそのうちの2回分のお知らせです。

映像+ディスカッション 'grassroots-based movements' 2作品
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ●2月19日 こうじゃない世界は可能だ! 
 Another World is Possible

 映画内容
────────────────────────────────────────────────────────
 2月26日 コミュニティ『Community』
 マイナスの状況から脱却したバングラディッシュ女性の地域再生パワー!

 映画内容
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ▼  ディスカッションクラス
 【シリーズ】世界の収奪システムを解体せよ ─ キーワードは脱成長! 
 講師 Darrell Moen, Ph.D. 芝浦工業大学教授、一橋大学、津田大学講師
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
講師 Darrell Moen さんのお勧めフィルムで見逃している2本を2週連続で観て、社会を変える原動力は自分たちの手の中にあることを実感する時間! 

ベトナム戦争従軍経験のある平和活動家にして、文化人類学者の Darrell さんと、まだ出会っていない方はいませんか? 彼の授業を体験できます (^ ^) 。

 <初めての方の見学(無料)も歓迎!>
 ディスカッションクラスは見学してみて、残りの参加を決めた場合に見学日も含めたお支払いをお願いしています。母子家庭&失業者割引もあり。単発参加、振り替え参加希望の方もメール連絡お願いします。
────────────────────────────────────────────────────────ディスカッションクラス:
土曜(月1~2回)11:00~13:00 @国立かけこみ亭
日 程 前半5回 (終了)
    後半5回 2011年1/15, 1/29, 2/19, 2/26, 3/19
(注:当初3月5日に予定していたクラスは、2月26日に変更になりました )
時 間 午前11時~午後1時(月1~2回 全て土曜日)
場 所 国立かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩2分)
受講料 残り3回参加 8500円/2回参加 5600円 
単発参加 3,000円(参加日時をご予約ください)
入会金  3,000円(通常6,500円のところ)
────────────────────────────────────────────────────────
┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2  寺子屋新年会 (^ ^) もれなく福引きと100本のバラお持ち帰り! 
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2月26日のディスカッションクラスの後、例によってスローな寺子屋新年会(^ ^) 開催。寺子屋講師たちと午後のひとときを!

|時間 午後1時半~  
|会場 国立・かけこみ亭 042-574-3602
|会費 1,200円 ランチ+ソフトドリンク+福引き付き
|(但し、お酒を少し飲む人は1,600円、たくさん飲む人は2,000円)

新年会をやるワケは…、
もちろん、他クラスとの交流を兼ねた、年に一度のお楽しみ (o^_^)o なんですが、寺子屋のサポート会員の特典=年1回、1名に、寺子屋無料参加権10回分─すみませんずっと12回分でしたが、ちょっとだけレベルダウン─が当たる抽選会を、皆さんの注視の中で公正に執り行うという目的もあります。

サポート会員で、この抽選にエントリーしている(昨年の新年会以降のサポート会員)は本日現在で、なんと…4人!! 
どうぞみなさん、エントリーして下さい~ (;^_^A 。

例年、新年会直前の駆け込みエントリー者が何人もいらっしゃいますが、今年も大募集致します~ \(^ ^)/ 。2月26日の新年会までに、会費の振り込みを頂くと(あるいは当日会場にて…)、抽選の対象になります。
 ↓  ↓  ↓ 
────────────────────────────────────────────────────────サポート会員大募集!
寺子屋クラスの存続の危機…は、マンネリの域に達しておりますが (^ ^;) 、毎回のお願いです m(_ _)m 。

──特典いろいろ。
サポート会員(年会費一口3000円)は、寺子屋クラスの単発参加500円引きです。寺子屋で出している第3世界ショップの無農薬・フェアトレードコーヒーを原価で買えます。また、2年以上サポート会員となって下さった方には、寺子屋参加時の入会金が免除となります。
 ↓  ↓  ↓ 
郵便振替口座 00160-3-664041 英会話寺子屋 一口3000円(何口でも!)
ゆうちょ銀行の口座を持っている方は、上記への口座間振り込み、無料です。
注意─口座間振り込みの場合、どなたからの振り込みか分からない場合があります。必ずメールにてお名前・ご住所明記の上、送金をご通知下さい。
────────────────────────────────────────────────────────サポート会員でなくても、新年会当日の参加者全員に「福引き」(但し、当た
り外れあり)付き。

そしてなんと今年は、バラお持ち帰りスペシャル!! 
クジ運がなぜか良いワタシ…、近所の花屋さんのアンケートに答えたらなんと100本のバラが当たったという! 未だに本当かなぁと思っていますが…。

そこで、バラの配達を新年会当日と合わせました。
 当日10人来たら、ひとり10本!
 20人来ても、ひとり5本!
 50人来たって、ひとり2本 (^ ^;) …のお持ち帰りです~♪ 

準備の都合上、2月20日までに参加のお申し込みをお願いします。

┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3  WELL Retreat ─英語漬けの研修合宿(申し込み2月18日締め切り) 
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎年開催の WELL Retreat 今年は会館の都合で3月開催です。
盛りだくさんのプレゼンテーション! 寺子屋講師サマンサの発表もあります。

日時:3月4日~6日 
会場:NWEC(ヌエック)国立女性教育会館 
地図:http://www.nwec.jp/jp/about/access.html

WELL Conference/Retreat 2011 http://welljapan.org/
Women Educators and Language Learners 女性言語教育学会研修会

3日間のスケジュールこちら


♪♪ (o^_^)o ─ 少し注目プログラムご紹介 ─ o(^_^o)♪♪ 
────────────────────────────────────────────────────────【2011リトリート・プレゼンテーションより】

I am no Mother Hubbard─Female Authorship Pre- and Post- WWII in
America/Samantha Landau
私は Mother Hubbard じゃない─第二次世界大戦前後のアメリカン女性作家
/ランダウ・サマンサ

Raising students' awareness on global issues and promoting their critical
thinking─using quality dramas and net animations/Keiko Kikuchi
地球的課題への意識を高め、批判的考察力をつけるために─ドラマやネットア
ニメを使った試み/菊地恵子

Gender Inequality in Malaysia: A Muslim Perspective/Sulastri Yahya
マレーシアにおける性差の実情:イスラム教徒の立場で見る/ヤヒア・スラス
トリ

Foreign Nurses in Japan/Emily Homma
日本で働く外国人看護師(の現状)/本間エミリィ

The Possibility of a Guaranteed Basic Income from the Social Experiment
in Namibia/Maiko Tanaka
ベーシック・インカムの可能性─ナミビアの実践から/田中麻衣子

Critical Thinking in a Gender Course in University/Joanne Sato
大学でジェンダーについて学ぶ授業での批判的思考/佐藤ジョアンヌ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Main speakers: 
メイン・ゲスト:

Saturday Carolyn Pover─founder of Being Abroad
土曜日 キャロライン・パーバー、雑誌 “Being Abroad” 創設者

Sunday Laurel Kamada, author of "Hybrid Identities and Adolescent Girls:
Being "half" in Japan"
日曜日 鎌田ローレル、"Hybrid Identities and Adolescent Girls: Being "half"
in Japan" 著者

Sunday morning we will have a relaxing Tai Chi session led by Marian Hara
日曜日の朝は、原マリアンによる太極拳セッション

And of course, Saturday night will feature the "WELL Played" talent show,
MC'd by Ann Jenkins.
土曜日の夜は、「WELL ショー・タイム」
今年もアン・ジェンキンスの司会でお楽しみいただきます (^ ^) 。
────────────────────────────────────────────────────────申し込みはこちらから(私もこれから申し込みます)
[PR]
by terakoya93 | 2011-02-11 02:04 | ディスカッションクラス
「こんな食事が体のために悪いのは知ってるけど、野菜1個よりバーガー2個の方が安い」

「毎日10万人が亡くなる」
「今の世界経済なら問題なく120億人が養える」
「とういうことは…餓死は殺人にほかならない」

北側では安価な「ジャンクフード」により蝕まれる健康、南側では「世界が飢えていくメカニズムがわかる」映画、『フード・インク』『ありあまるごちそう』─全国上映もうすぐ開始! 

生活必需品が価格だけで勝負され、生産現場の社会的人間的な恵みがズタズタに切り捨てにされた結果、富める国も貧しい国も共に不幸になっていく…。

自分からできること! 目先の値段だけで比べない、意識的な買い物。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ▼ ディスカッションクラス後期
  【シリーズ】世界の収奪システムを解体せよ ─ キーワードは脱成長! 
 ────────────────────────────────────────────────────
 How to minimize the effects of free-market globalization?
 自由市場グローバリゼーションの影響を最小限にとどめるには?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 1月29日(土)11:00am-1:00pm 担当講師:Malaya Ileto
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
◎今回は、キムに代わってゲスト・スピーカー。マラヤ・イレトさんです。

衣料メーカー Gap に対する、anti-sweatshop(労働搾取工場)キャンペーン活動から、フェア・トレードの重要性に関心を持ちインドの生産現場で働いた経験を持つマラヤさん、そのなかで見えてきたことをシェアして頂きます。

そして、
自由市場グローバリゼーションの影響を最小限にとどめるには?
──共に考える時間にしましょう。奮ってご参加を!!

マラヤ・イレトさんのプロフィール紹介サイト:
http://malayaileto.wordpress.com/

単発参加、振り替え参加希望の方は前もってメール連絡お願いします (^ ^) 。

<初めての方の見学(無料)も歓迎!>
ディスカッションクラスは見学してみて、参加を決めた場合には見学日も含めたお支払いをお願いしています。母子家庭&失業者割引あり。ご相談ください。
───────────────────────────────────
ディスカッションクラス:
土曜(月1~2回)11:00~13:00 @国立かけこみ亭
日 程 前半5回 (終了)
    後半5回 2011年1/15, 1/29, 2/19, 3/5, 3/19
(3月5日は、前後に変更の可能性あり。またご案内します m(_ _)m )
時 間 午前11時~午後1時(月1~2回 全て土曜日)
場 所 国立かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩2分)
受講料 残り4回参加 11000円/3回参加 8500円/2回参加 5600円 
単発参加 3,000円(参加日時をご予約ください)
入会金  3,000円(通常6,500円のところ)
───────────────────────────────────
貿易取り引きと言えば、無条件関税撤廃の自由貿易として日本が参加しようとしている、今話題のTPP、なんだかよくわからなかったのですが youtubeで、お勧め解説動画発見。
湯浅誠さんのツイッターから情報もらいました。12分でコンパクトにまとまっています。必見!
[PR]
by terakoya93 | 2011-01-21 10:02 | ディスカッションクラス
お正月気分はすっかり消えてしまった。早い~。いつも仕事優先で、ゆっくりする時間がたまに取れても、忙中閑ありの感がありませんか? (^ ^)ノ ●~*

ディスカッションクラス後期全5回始まります─お申し込み歓迎! 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ▼ ディスカッションクラス後期
 【シリーズ】世界の収奪システムを解体せよ ─ キーワードは脱成長! 

 「経済成長なき社会発展」をマジメに考える
 1月15日(土)11:00am-1:00pm 担当講師:Kimberly Hughes     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   
 Would the West actually be happier with less? The world downscaled
 実は西側はもっと持たないことでもっと幸せでは? 縮小された世界。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
政権交代への期待はものの見事に裏切られた管が…おっと感があります。自民党とどこが違うの? というより米国追従路線まっしぐらで、自民党より行き過ぎてる部分も…。

消費に貢献し大手メーカーを潤したエコポイントはまだ使える家電を廃棄させる反エコでもあったし、法人税減税は利潤を上げている企業にのみ有利で、もともと赤字の中小企業には恩恵はない。

    菅首相と経団連米倉会長とのやりとり

首相「雇用を守り、積極的な経済成長をさせていくための法人税減税だ。働く
皆さんにも分配されることを、経済界としてぜひ約束をしていただきたい。」
会長「約束というわけにはいかないが、法人税が下がれば企業の競争力が高まる。企業としてもっともっと投資ができ、雇用も増えていく。」

減税分は投資に使うと宣言されてしまっている…力関係が明らかです(+_+)。

それでも、日本社会の諸問題を解決し、閉塞感を打破するのは「経済発展、そしてそれによって生み出される(ハズの)雇用」しかないのだと大手のメディアも大合唱──本当にそうか?? 

近年注目を浴びている「経済成長なき社会発展」を提唱するフランスの経済学者、セルジュ・ラトゥーシュの書いた短いエッセイを読んで、経済成長しない社会を考えましょう。書かれた時期は2003年とちょっと古いけど、内容は全然古くありません。まさに2011年の私たちが直面している現実への提言。

私たちにできる大きな一歩は、自己中心で、仕事第一で、競争心理をかかえるアタマを切り替えること! 

年の始めに考えましょう─こちらです:
Would the West actually be happier with less? The world downscaled
実は西側はもっと持たないことでもっと幸せでは? 縮小された世界。
───────────────────────────────────
ディスカッションクラス:他のクラスからの振り替え参加も歓迎です (^ ^)
土曜(月1~2回)11:00~13:00 @国立かけこみ亭
日 程 前半5回 (終了)
    後半5回 2011年1/15, 1/29, 2/19, 3/5, 3/19
時 間午前11時~午後1時(月1~2回 全て土曜日)
場 所国立かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩2分)
受講料前・後半各5回 14,000円 
単発参加 3,000円(参加日時をご予約ください)
入会金  3,000円(通常6,500円のところ)
申込み郵便振替 00160-3-664041 英会話寺子屋へ
「ディスカッションクラス受講料」としてお振込下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[PR]
by terakoya93 | 2011-01-09 01:11 | ディスカッションクラス