個人的なことは政治的なこと、そして政治的なことは個人的なこと!


by terakoya93

募集!「映像を観てディスカッション」クラス 5月から

5月から「映像を観てディスカッション」クラス全7回 募集中!
(月1回・土曜日)お申込み、問い合せ歓迎です! 締め切り─4月25日   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
講 師 Darrell Moen, Ph.D.
芝浦工業大学教授、一橋・津田大学でも講義、文化人類学者、ベトナム戦争従
軍経験のある、Peace Activist 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
講師 Darrell さん所蔵の、世界の構造がよく解る豊富な映像コレクション(すべて台詞の写し=トランスクリプト付き)の中から、まず30分ほどの映像を観て、内容についてディスカッションするクラスです。
Darrell さんは、新たにリリースされた映像作品も入手中。寺子屋で扱いたいとのこと。楽しみ!

 今年からは月1回のペースでゆっくり、じっくり進めます。
 最初の2回、5月と6月のクラスで扱うトピックをお知らせします。

5月の映像(5/11)はこちら─────────────────────────
<映像─Arming Dictators 独裁者たちへの武器供与(29分)>
ディスカッションクラスでは繰り返し扱っている米国主導の世界戦略ですが、この映像も、民衆を苦しめる世界の独裁政権へたくさんの武器を売ってきた米国の負の歴史を描いています。

尖閣だ、竹島だ、北朝鮮のミサイルだ…とメディアは騒いでいますが、今に引き継がれる米国の帝国同盟システムの中にどっぷりの、日本の位置を考えてみましょう。講師の Darrell さんは、これがいかに日本の再武装と、米国に寄り添って戦争へと向かう可能性を導いて行くことか…と訴えています。

6月の映像(6/8)はこちら─────────────────────────
<映像─School of the Americas, School of Assassins 南北アメリカ大陸、暗殺者養成学校(20分)>
「暗殺学校」「クーデター学校」の異名を持ち、尋問、脅迫、拷問、処刑の方法等を教える、アメリカ軍による中南米の軍人や警察官への教育機関スクール・オブ・アメリカズ。これについては以前、School of Americas: Guns and Greed という映像を取り上げましたが、もうひとつ、まだ観ていない映像、School of the Americas, School of Assassins を観ます。

アメリカはここまでやるということ、ほとんど知られていないです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日 程:5月11日, 6月8日, 7月20日, 9月14日, 10月12日, 11月9日, 12月14日
時 間:午前10時半~午後1時 オーガニック・コーヒー付き
会 場:国立・かけこみ亭(南武線谷保駅より徒歩2分)
───────────────────────────────────────

受講料
段階的な参加費設定(多い方が1回あたり割安です)
全7回参加 18,500円(15,800円)※( )内は、サポート会員割引
 6回参加 16,500円(13,600円)
 5回参加 14,000円(12,000円) 
 4回参加 11,500円( 9,600円)
 単発参加  3,000円(2,500円)
サポート会員とは:http://www.asahi-net.or.jp/~zv6m-ishr/05.html 

【注】─5回以上の参加お申込みが5人に満たない場合は開催を見合わせます。
    開催見合わせの場合はあらためて、今秋の募集までお待ちください。
[PR]
by terakoya93 | 2013-04-20 10:46 | ディスカッションクラス