個人的なことは政治的なこと、そして政治的なことは個人的なこと!


by terakoya93

The War on Democracy 民主政権を脅かして来たアメリカ帝国主義

私事ですが、21年も連れ添った我が家の猫が、一昨日天国に召されてしまいました。猫も人間も死ぬという事実は同じで、死後の世界には現世の何も持って行けないし、残された者は日々の日常にそこだけ足りないぽっかりの喪失感。

猫は初めから何も持たないけど、人だってたかだか百年以下の人生なのに、なんとあくせく「所有」にこだわってることか…。
本当は「所有」すればするほど、奪われる不安で安心できない。それが世界を狂わせているというのに…。

「失うものがある」から理不尽なコトにも異議を唱えることすらできない多くの人々。「失うものがある」と思い込まされているだけかも知れないのに…。

先日亡くなった、アップル社の共同設立者スティーブ・ジョブス氏の言葉:
死を目前にしたら、自尊心や恐れや恥ずかしさなんて取るに足らない。ただ何が本当に大切かということだけが残る。
もうすぐ死ぬんだと分かっていることは、「お前には失うものがあるぞという罠」にひっかからない最上の方法だ。あなたには失うものなんかない。最初からはだかなんだ。心の求めるままに進むことを妨げるものなど無いんだ! 
───────────────────────────────────── 
今週末です──『映像を観て、ディスカッション』クラス 後半3回─その2
 The War on Democracy 民主政権を脅かして来たアメリカ帝国主義
 ─南米がこうむった軍事的・政治的・経済的干渉の歴史
───────────────────────────────────── 
第1回の映像─民主的に選ばれたチャベス大統領を、米国画策の拉致から奪い返した民衆パワー(2002年)、 すごかったです!  失うものなどない人々の魂の叫びが、クーデターを演出していた自国の軍隊にまっすぐ届いて、寝返らせることになった。まるで映画みたい(*。*;)。

でも、これが歴史の真実であることは誰も否定できません。単に大手メディアによる「無視」と「矮小化」があるだけです。

 失うものなどない人々は、本当は強い!

あと2回の映像も、米国の支配構造を伝えます。
参加予定していなかった方のドタ参(どたキャンの反対)も、もちろん歓迎。
他のクラスからの振替参加もどうぞ (o^-')b !

<その2:Part Two>───────────────────────── 
南米がこうむった軍事的・政治的・経済的干渉の歴史とカリブ海(北はキューバ~中米コスタリカやニカラグア~南はベネズエラ、コロンビア、パナマを含む海域)の第2次世界大戦後時代。
Part Two focuses on the history of military/political/economic intervention in Latin America and the Caribbean in the postwar era;
トランスクリプト(前半)

<その3:Part Three>───────────────────────── 
南米地域の将来性と、カリブ海の人々が米国支配から真の独立をはたすこと、そして民主的に生み出される地域連合を形づくること。
Part Three touches on the potential of the region of Latin America and the Caribbean to become truly independent of US control and form a democratically inspired regional alliance.
トランスクリプト(後半)

背景のより深い理解のために、2つの記事URLを紹介します。余裕があったらこちらもぜひ! 
For more background information, please have a look at two articles that I wrote - one on the US policy of opposition to democracy (http://www.dgmoen.net/essays/pax_amer.html) and the other on the transformations taking place in Venezuela under the Chavez government (http://www.dgmoen.net/essays/CH-Action.pdf).
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『映像を観て、ディスカッション』クラス
<11月5日・19日、12月10日> The War on Democracy 
 ── 民主主義との戦い(「テロとの戦い」ではなく)
講師 Darrell Moen, Ph.D.
芝浦工業大学教授、一橋・津田大学でも講義、文化人類学者、Peace Activist 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
映像は全て英語です。事前にトランスクリプトを読んでご参加ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日 程 全5回 10月1日・22日、11月5日・19日、12月10日(all 土曜日)
時 間 午前11時~午後1時
場 所 国立かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩2分)
受講料 全5回参加 13,500円
    4回参加 11,000円/3回参加 8,400円/2回参加 5,600円 
単発参加 3,000円(サポート会員は2,500円)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[PR]
by terakoya93 | 2011-11-17 12:08 | ディスカッションクラス