個人的なことは政治的なこと、そして政治的なことは個人的なこと!


by terakoya93

不平等があからさまなインドで悩む日々


インドに来ています──

外国人につきまとい、頼んでもいないのに親切げに世話をやきチップを請求、あるいはこちらの不慣れに乗じてカモにすべく怪しげな所に連れて行こうと群がってくる人々。宝石も高価なパシュミナ・ショールもいっさい興味が無いと強く言えば、貧しい若者が技術を磨くために作った作品を支援として買って欲しいと切々と訴えてくる。
本当にあの手この手の手練手管に対抗するため、心の迷いや動揺を悟られないように、ものすごく主張的なしゃべり方で対応するようになってしまった。

ホテルの従業員にしろ、オートリキシャー(オート三輪型のタクシー)のドライバーにしろ、ミスを犯してもけっして謝らないことにも驚いたし、物を買っても、チップを渡しても首をかしげて(インド人が首を傾けるのはうなずく意味)OKのサインを示すだけで、Thank you の言葉もない。

3歳児くらいの古着を着た子どもがずっとつきまとってきて、手を口にあてるしぐさをくりかえし物乞いをする。日本から持ってきてたアメをあげる前に、周りに手引きの大人がいないかを確認する。

あまりにも不平等があからさまで──、善良な人のふりをしてられない国
インド!

英会話寺子屋で、世界の様々な差別、不公平なシステムを取り上げて来たけれど、日本ではちーとも見えないその貧富の格差が眼前にあり、その階級システムの下部に属する人々の、まったく媚びない、生きるための凄まじいエネルギーがまっすぐこちらに向かってくる日々に圧倒され、心動かされています。

この間、ニューデリーでは、「女性がどんな格好をしててもセクハラを誘っているワケじゃない!」という主張の世界的ムーヴメント SLUT WALK が初めて開催されました。
 → 当日の写真

イギリスの若者の破壊行動はBBCチャンネルでほぼ24時間連続報道されてました。日本でのテレビ報道はどうだったでしょうか?

世界のどんな片隅においても、しぶとく変わらないものと大きく変わりゆくものがくんずほぐれつせめぎあって、少しずつ社会が動いていく。たとえひどい揺り戻しがあったとしても、おそらく確実に…良い方向に向かって。

もうすぐ帰国します。旅でのさまざまな収穫は9月からのクラスでしっかりシェアしてまいります (^ ^) 。お楽しみに!
[PR]
by terakoya93 | 2011-08-13 17:49 | 寺子屋 ISSUES !