個人的なことは政治的なこと、そして政治的なことは個人的なこと!


by terakoya93

こうじゃない世界は可能だ─映像を観てディスカッション

他のクラスからの振り替え参加も歓迎\(^ ^)/
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ▼ ディスカッションクラス
 【シリーズ】世界の収奪システムを解体せよ ─ キーワードは脱成長! 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 こうじゃない世界は可能だ!─映像を観てディスカッション
Another World is Possible: Impressions of the 2002 World Social Forum 12月11日(土)11:00am-1:00pm 担当講師:Darrell Moen, Ph.D.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こうじゃない世界は、トップダウンではなくボトムアップの世界。

前回のクラスで、地球生態系と力なき人々を痛めつける巨大企業病という病に立ち向かうアクティヴィストたちを、ガイア(ひとつの生命体としての地球)の免疫細胞とみなす考え方を紹介しました。

アクティヴィスト=免疫細胞  (・・;) なーるほど!

免疫細胞は、身体の中で常に少数であり、実にそれぞれ多様な働きをし、その場その場で必要なグループをつくり、臨機応変に対応している。敵を見極め、警告を発し、身体を守る為に必要なチームプレイをするが、トップダウンではない。

もう一つ、実際に国連などで提案されているガイアを代表する「摂政」という考え方も紹介。先住民ムーヴメントの中からの提起で「母なる地球の権利宣言」制定の動きです。
地球環境、動植物などを代表する「声」が無いことを問題視しています。地球は一方的に搾取されるがままになっている! 

これまでの長い歴史のなかで「声」など無いとされ、搾取されるがままになってきたのは、奴隷たち、女性たち、子どもたち…。
それらの「声」を取り上げる動きは、最初は信じがたいほど変な考え方だったことでしょう。モノ言えず奪われるままなのが「あたりまえ」だったから。

ボトムアップの動きは、最も力のない者たち(土地なし農民・ホームレス etc.)同士の世界的なネットワークとして現存し、いまやアクティヴィストたちは闘いのノウハウをグローバルに分かち合っています。

様々なアイデアと行動が、時に結集し、時に各地に分散し世界を形作る。変幻自在な不定形の生物 (^ ^;) アメーバーのように。

今週末のクラスで観る映像は24分の短いもの…参加者は遅れずに (^ ^) !
 ↓  ↓  ↓

Another World is Possible: Impressions of the 2002 World Social Forum
こうじゃない世界は可能だ:2002年世界社会フォーラムから受ける印象


「世界社会フォーラム」とは「世界経済フォーラム」に対抗したムーヴメント。

「世界経済フォーラム(The World Economic Forum)」は、ジュネーヴに本部を置く非営利財団。世界を牛耳るトップ経営者や政治指導者がスイスのダボスで年次総会を開き、世界が直面する重大な問題について議論し決定してしまう。強大な権益をもつ者同士が寄り集まって国家間の取り決めや国際合意を飛び越えて、実質的に世界を支配している! 恐ろしや!!

これに対して地球の反対側のブラジル・ポルトアレグレで始まったのが、「勝手に決めるな! トップダウンで搾取しまくりの世界はいらない。世界を動かすのは私たちだ!」という、世界中のアクティヴィストたちの結集、「世界社会フォーラム」。集まる規模は数十万人! 

トランスクリプト(映像の中の言葉を書き写したもの)はこちらです。
Another World is Possible: Impressions of the 2002 World Social Forum

がんばってぜひ、事前に読んで来てください! 語り言葉なので、論文みたいに難解ではないです。一度読んでいればすさまじく早口の英語の聞き取りが格段に楽になります。

メキシコ・フィリピン・チリなど各国からの参加者の声と、論客で名を馳せる、ナオミ・クライン、ヴァンダナ・シヴァなどの力強いメッセージが入っています。
───────────────────────────────────
土曜(月1〜2回)11:00〜13:00 @国立かけこみ亭
日 程 前半5回 10/9, 10/23, 11/20, 11/27, 12/11
    後半5回 2011年1/15, 1/29, 2/19, 3/5, 3/19
時 間午前11時〜午後1時(月1〜2回 全て土曜日)
場 所国立かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩2分)
受講料前後半通し全10回 26,500円 前・後半各5回 14,000円 
単発参加 3,000円(参加日時をご予約ください)
入会金  3,000円(通常6,500円のところ)
申込み郵便振替 00160-3-664041 英会話寺子屋へ
「ディスカッションクラス受講料」としてお振込下さい。
───────────────────────────────────
講師
Darrell Moen, Ph.D.
芝浦工業大学教授、一橋大学、津田大学講師、文化人類学者、Peace Activist 
Kimberly Hughes
フリーランス記者・翻訳者 立教大学・大東文化大学講師、Peace Activist
[PR]
by terakoya93 | 2010-12-08 01:29 | ディスカッションクラス