個人的なことは政治的なこと、そして政治的なことは個人的なこと!


by terakoya93

愛を基盤とするもう一つの世界─絶対的民主主義!

ディスカッションクラス●─ "MULTITUDE"(マルチチュード)を読む! 
───────────────────────────────────
回を重ねて来た、"MULTITUDE"(マルチチュード)を読む! も、あと2回
で終了です。最終回の予定は12月20日でしたが、講師都合により、1月
10日に変更となりました。予定していた方ごめんなさい。お間違えなく!

振替受講・単発参加大歓迎 \(^ ^)/ 、参加希望者には読み込む対象部分の
コピーを、日本語対訳付きでお送りします(郵送 or FAX )。ご請求下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第7回 12月6日(土)
     ─愛を基盤とするもう一つの世界─絶対的民主主義!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
多種多様で、多種多様なままに自由と平等を求める世界の主人公である私た
ち(マルチチュード)。その社会的意思決定の手法は? 代表制の形をとっ
た、単一の政治的主権者はもう不要だ。一者による支配はいらない。私たち
は自らを統治する。

マルチチュードは権力に対していかなる義務も負わない。反対に、マルチチ
ュードにとって絶対に欠かせないのは、不服従の権利と、差異を求める権利
だ。その表明そのものが、この情報化ネットワーク社会で世界的なうねりと
なって、政治と経済を揺り動かしていく。

人間が報酬でだけ、あるいは脅しでだけで動くのではないことを信じられる
のならば(巨大権力が人々をコントロールする手段はその2つしかない)、
もうひとつの世界の可能性も信じられる!?

様々な事例から、このもう一つの世界を生み出す動きを解き明かした本書。
抑圧からの解放、自由になろうとするパワー、著者は「愛の行為」と呼ぶ。
「愛は<共>にもとづく政治的プロジェクトと新しい社会の建設の基盤にな
るということ、ただそれに尽きる。この愛がなければ、私たちは無に等しい」
──────────────────────────────────
午前11時〜午後1時(英文読解中・上級者向け)
会 場:国立・かけこみ亭(南武線谷保駅から徒歩3分)
講師:Kimberly Hughes (Peace Activist、大学教員) 
参加費:全8回…22,000円 単発参加…3,000円(サポート会員 2,500円)
お申し込み・お問い合わせ
[PR]
by terakoya93 | 2008-12-01 13:57 | ディスカッションクラス